経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

日経MJに見る771号 今年最後です。ビジネス用携帯電話がヒット!

2005/12/28

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2005年12月28日 〓〓〓〓〓
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ◆◆◆                          ◆◆◆
 ◆◆◆ 日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術 771号  ◆◆◆
 ◆◆◆                          ◆◆◆
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ────────────────────────────────
  【今日の購読者数:31154名】  〜 ありがとうございます 〜  !(^^)!
 ────────────────────────────────

 「万が一、元が取れなかった場合は全額返金します」

 と、作成者が自信たっぷりに宣言するノウハウがあります。

 私も、この分野はかなり有望だと思います。
 これからやっても、まだ十分間に合うでしょう。

 「情報起業に今から進出するのは気が引けるけど、なんとかネット関連
  で稼ぎたい」

 という方は、こちらをどうぞ。(濱本)  
 ⇒ http://www.1doki.com/mobilee/

 ----------------------------------------------------------------------
 【今、一番オススメの情報。】

  ■■ 情報起業の次に来る、大きなチャンスとは? ■■

  2005年は、情報起業で成功者が続出した1年でした。

  そして、インターネット・コンサルタントの専門家が口を揃えて言うには、
  2006年は、今年の情報起業以上のチャンスがあるとのことです。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  2006年はこれです→→  http://www.1doki.com/mobilee/
 ----------------------------------------------------------------------


         〜〜〜【マーケティング 今日のポイント】〜〜〜
        「こんなモノ売れない」と決めつけていないか。
            愛用者の声に耳を傾けてみよう。  
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ━━━━━━━━━━━━━ 2005年12月26日付日経MJより ━━━━
 □■□  本日の注目記事(4面)
 ■□■    ビジネス用携帯電話誕生?      ウィルコム
 □■□        「W−ZERO3」思わぬヒット
 ────────────────────────────────

 今年、最後を飾るのは、まるでPDA(携帯情報端末。シャープのザウ
 ルスなど)のような携帯電話が売れているという記事です。

 ■単体販売で45000円、年間契約があっても39800円という携帯電話とし
  ては高額な製品であるにもかかわらず、異例の現象が起きている。

 ■特徴は3つある。1つはマイクロソフトの携帯電話用OS(基本ソフ
  ト)であるウィンドウズ モバイルを搭載した日本初の携帯電話で、
  情報処理能力が従来の携帯電話に比べて格段に高いこと。

 ■2つめは3.7インチの大画面を搭載していること。3つめはPHSと
  無線LANを必要に応じて切り替えて使える機能を備えていることだ。

 ■ビジネス向けとして、場合によっては本格的にパソコンから置き換え
  が起こるかもしれない。

           とのこと。それで、↓↓↓

  ────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────

  ナルホド、ナルホド … ピンと来た!(^o^)
  ⇒ マーケティングのヒント ⇒ 自分で早速やってみよう!

 ●「ウィルコム」という会社名、聞いたことがないという方も多いでし
  ょう。旧社名は「DDIポケット」です。電気通信事業者で、同業他
  社にはNTTドコモがあります。

 ●「W−ZERO3」をインターネットで調べてみたら、今年の10月20
  日の製品発表を同社とマイクロソフト、シャープの3社で行っていま
  した。機械そのものはシャープ製です。

 ●記事によれば、この製品については「あの形では電話とは認められな
  いから、そんなに売れないでしょう」というのが大方の前評判だった
  とのこと。

 ●しかし、シャープの「W−ZERO3」紹介ページを見たら、私も欲
  しくなりました。特に40〜50代の男性は、「こんな携帯電話を待って
  いた!」と思うのではないでしょうか。
  ⇒ http://www.sharp.co.jp/ws/

 ●まるでパソコンです。エクセル・ワード・パワーポイントなどのソフ
  トが使えますし、インターネットやメールも同様に使用でき、そのう
  え通信費もウィルコムの定額プラン等が利用できるので、低料金でイ
  ンターネット使い放題。

 ●従来の携帯電話を使いこなせてないおじさん達や、出張時のノートパ
  ソコンの重さに悩んでいるビジネスマンにはとても喜ばれるでしょう。
  どうしてこういう商品が今まで出てこなかったのでしょうか。

 ●やはり、PDA(携帯情報端末)市場の縮小が大きいようです。記事
  に、「縮小傾向のPDAとしてみれば、目標販売台数である10万台は
  厳しい数字」という開発者の言葉が載っています。

 ●開発者自身が半信半疑なのですから、一か八かの賭けのような側面も
  あったわけですね。基本的にこのような製品は、「軽く、小さく」し
  ていくものでしょうから、その常識には反したものだといえるかもし
  れません。

 ●では、なぜウィルコムでは作れたのでしょう。DDIポケットは、
  2004年にアメリカの投資会社カーライルグループに買収され、2005年
  2月にウィルコムとなったのですが・・・

 ●記事に「実は欧米では『W−ZERO3』のような製品は多数存在」
  するとありますから、欧米で流行しているものは日本でも売れるはず、
  と考えたのではないでしょうか。

 ●同社の資本構成は、カーライルグループ60%、京セラ株式会社30%、 
  KDDI株式会社10%となっています。「W−ZERO3」には、カ
  ーライルグループ側の意向が強く反映されたとみてよいでしょう。

 ●「まさか。こんなものが売れるわけがない」と思うことがありますね。
  しかし、それはあなたの固定観念かもしれません。実際に気に入って
  使っている人の声にも耳を傾けましょう。

 ●愛用者が存在しているということは、必ず何か、享受できるメリット
  があるということ。その事実の前に謙虚になり、素直に声を聞く姿勢
  を身につけることが、柔軟な発想を生み出す大前提なのです。 

 ───────────── 今日はここまで (^o^) ──────

 ■■■ちょっと一言

 ノートパソコンが重いのが嫌で、出張の際にはパソコンを持ち歩かない
 ことにしている私ですが、2006年はそうも言っていられないようです。

 そこで、最も軽いノートパソコンを年末に購入しようと思っていたとこ
 ろ、この記事に出合いました。「W−ZERO3」、とても魅力的です。
 携帯電話とパソコンが融合しているなんて。ただ、人気商品なので、す
 ぐに手に入るかどうかわかりませんが。

 さて、本年は今日をもちましてメルマガ配信を終了いたします。今日は
 771号。目標の1000号は、ちょうどあと1年ほどで達成できそうです。
 
 2005年は会社を設立したり、事務所を借りたり、本を出したり、マーケ
 ティングサポーターズクラブ(MSC)の運営を始めたりと、いろいろ
 チャレンジでき、たくさんの人にもお会いできて本当に良い年でした!
 あなたはいかがでしたか?

 2006年も、今年以上に積極的に動きたいと思っています。今のうちに動
 いておかないと、すぐに年をとってしまいそうですから。

 年末まで、メルマガをご購読いただき、誠にありがとうございました。
 2006年は1月5日より配信いたします。

 皆様、良いお年をお迎えください! \(~o~)/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【もしかしたら役に立つかも】コーナー

 年末年始、ゆっくり休みますか?
 それとも、将来への戦略を練りますか?

 後者の社長さんは、その材料として『人口減少 逆転ビジネス』をお読み
 になってはいかがでしょう。

 確実に日本列島は、人口減少社会となります。
 その中で、どう生き残っていくか。

 考えている人が少ない間にいち早く策を練り、着手してください!

               ↓↓↓

  ■年末年始、社長必読の注目の書--『人口減少 逆転ビジネス』
   ついに始った人口減少に、社長としてどう対応していくか…
   人口減少がもたらす3つの新市場、顧客減少を覆す5大営業戦略、
   欲動消費・ハイパー戦略…、人口減少を逆手に、新たに生まれる
   ビジネスチャンスと、まだ気づいていない12の重要手法とは…
  http://www.jmca.net/books/furuta/m/35/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今すぐクリック↓
 ----------------------------------------------------------------------
 【今、一番オススメの情報。】
  ■■ 情報起業の次に来る、大きなチャンスとは? ■■
  2006年はこれです→→  http://www.1doki.com/mobilee/
 ----------------------------------------------------------------------

 「日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術」
 2005/12/28 vol.771発行

 ◆◇◆【発行者】
  マーケティングサポーターズクラブ(MSC)運営事務局
  ※MSC正会員が、あなたの会社をサポートします。
   ⇒ http://www.marketing-supporters.com/?mailmaga=20

  有限会社ぶしどうマネジメント 中小企業診断士 濱本克哉
   「ぶしどうマネジメント」⇒ http://www.bushidoman.net/
   「マーケティング資料室」⇒ http://www.bushidoman.com/

 ◆【メルマガへの広告掲載】1月の枠もかなり埋まっています。お急ぎを。
  詳しくはこちら⇒ http://www.bushidoman.com/koukoku/index.html

 ◆無料メールセミナー
  「経営コンサルタントで独立・開業。安定収入をあなたの手に」
   ⇒ http://www.bushidoman.com/consulroad.htm

 ◆メール講座「成功の80%は戦略にあり」受講者数200名突破!
  プロの経営コンサルタント、ベテラン経営者も受講しています。 
   ⇒ http://www.bushidoman.com/kouza.htm?maga=22

 ご意見・ご感想をお待ちしています。 hamak@bushidoman.com まで。

 ────────────────────────────────
 ◆メールマガジン内の広告について
  広告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用くだ
  さい。よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
 ────────────────────────────────

 ◆購読解除: http://www.bushidoman.com/mailmaga.htm からどうぞ

 ◆Copyright 濱本克哉
  本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。マーケティン
  グの勉強に役立ててください。


 ━━━━━━  ふぅ、メルマガ書けて良かった (^O^) ━━━━━━

 【昨日の素読(そどく)】

 昨日(12月27日)は、『老子』の第八章を読みました。最高の善とは、
 万物の成長を助け、争わず、低いところにとどまっている「水」のよう
 なものです。「上善は水のごとし」。

 ────────────────────────────────
 ◆購読者数:31154名  〜 今日もありがとうございました 〜  !(^^)!
       Mag2:28139   melma!:893  E-Magazine:737   Caplight:594
       Melten:378    Melonpan:329    RanSta:84
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(木曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。