経営

社長が経営に活かす「孫子の兵法」

「日経MJ」事例から兵法的思考を学ぶメルマガ。コンサルタント歴26年、中小企業診断士歴21年の私のイチオシは「孫子の兵法」だ。拙著「孫子の兵法 社長が経営に活かす70の実務と戦略」にも書いたが、この書には戦うリーダーが押さえるべきポイントのすべてがある。

全て表示する >

日経MJに見る290号ネットショップ勝ち組の条件

2003/12/26

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 2003年12月26日 〓〓〓〓〓
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ◆◆◆                          ◆◆◆
 ◆◆◆ 日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術 290号  ◆◆◆
 ◆◆◆        (2003年最終号です)        ◆◆◆
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 ────────────────────────────────
  【今日の購読者数:17434名】  〜ありがとうございます〜  !(^^)!
       Mag2:15639  E-Magazine:528  melma!:442  Caplight:263
       Melten:174  Melonpan:166   Macky!:114  Pubzine:108   
 ────────────────────────────────
   広告掲載の詳細は → http://www.bushidoman.com/koukoku.htm 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◆◆◆ インターネットでご自宅から、お仕事してみませんか?
 ◆◆ 各企業のデータ入力のお仕事をして頂ける方を募集!
 ◆ 試験・資格は不要。空いた時間、好きな時間にできるお仕事です。
 ───────────────────────────────────
 お問合せ・資料請求はこちら http://211.10.20.135/a/a.cgi?k04780m01405 


  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        〜〜〜【マーケティング 今日のポイント】〜〜〜
      勝ち組に入るには「絶対に勝つ」という意識が必要。
          ノウハウはその補助に過ぎない。
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ━━━━━━━━━━━━━ 2003年12月25日付日経MJより ━━━━
 □■□  本日の注目記事(11面)
 ■□■  「ネットの利 生かし切る」  ドッとコム繁盛店 
 □■□     2004年勝ち組の条件  「新鮮さ」「珍しさ」「接客」
 ――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■インターネット通販市場の成長に合わせ、仮想店舗が次々とオープン
 している。しかし、継続的に利益を上げているのは一部の店舗のみで、
 優勝劣敗も明らかになっている。

 ■2004年に向け「勝ち組」の条件は何か──。昨年11月から始めた連載
 企画「ドッとコム繁盛店」から探ってみると、「新鮮さ」「珍しさ」
 「接客」の3つのキーワードが浮かんだ。

 ■新鮮さ維持 商品こまめに投入
 「常にサイトの情報を更新し顧客を飽きさせない」(PCボンバーの根
 本知聰さん)‥‥

 ■珍しさ強調 独自企画こだわる
 「そのサイトでしか出合うことができない独自商品の存在が重要」(ア
 ンジェの洞本昌明さん)‥‥

 ■接客に個性 安心情報を数多く
 「まず自分を知ってもらい、店を信用してもらう」(「カニ市場 北国
 からの贈り物」の加藤敏明店長)‥‥

 ※「‥‥」は、記事引用の省略を意味します。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ナルホド、ナルホド … ピンと来た!(^o^)
  ⇒ マーケティングのヒント ⇒ 自分で早速やってみよう!

 ●当メルマガでは、多いときは毎週1回の頻度で、この連載企画「ドッ
 とコム繁盛店」の記事を取り上げてきました。ブロードバンドが普及し、
 今後もネットショップをやってみようと考える人は増える一方だろうと
 考えてのことです。

 ●競争が激しくなればなるほど、運営ノウハウの類もどんどん広まりま
 す。この記事にある勝ち組の条件、「新鮮さ」「珍しさ」「接客」の3
 つもすでに知っている人の方が多いでしょう。

 ●ところが、「継続的に利益を上げているのは一部の店舗のみ」なんで
 すね。単に知識としては知っているけれども、実際にはきちんとできて
 いないネットショップの方が多いわけです。

 ●例えば、「新鮮さ維持 商品こまめに投入」の例として、引用部分以
 外のところに「カジュアル衣料を販売する『ぽん マルシェ』では1週
 間に5回新商品を投入、そのたびにメールマガジンを配信し商品を紹介」
 している結果、月商は「5千万円を突破した」ことが挙げられています。
 ぽん マルシェ⇒ http://www.rakuten.co.jp/pon/

 ●1週間に5回カジュアル衣料の新商品を投入するためには、1週間に
 少なくとも5着以上の新商品開発(仕入)ができなければいけません。
 同店は直輸入のルートをしっかり確立しているからこそ、それができて
 いるのです。

 ●また、独自企画商品を提供できているショップは、そのような商品を
 企画する独自能力があるわけです。掲示板やメールで接客をていねいに
 しているショップは、ショップ運営者が顧客管理の大切さをよくわかっ
 ているからできるのです。質の高い接客を数ヵ月〜数年続けることは、
 知識があるというだけではできません。

 ●ネットショップを開設するのは、実際の店舗を構えるのと比較してか
 なり安くできますので、ハードルが低い分、参入しやすいと言えます。
 しかし、その反面、運営者の真剣さは薄くなりがちと考えてよいでしょ
 う。

 ●このメールマガジンが良い例ですね。発行そのものは無料でできます
 ので、毎週数多くのメルマガが生まれています。しかし、1年継続して
 配信されるものはその中のどれくらいの割合でしょうか。中には、創刊
 号すら出さずに廃刊するものもあります。

 ●何ごともそうですが、成功を勝ち取るためには、まず「絶対に成功さ
 せる」という決意が要ります。そしてその後に、自社の能力をよく分析
 して、例えば「新鮮さ」「珍しさ」「接客」のどれを強く打ち出してい
 くかを決定しなければなりません。

 ●戦術とは違い、戦略は固定するものです。「10年はこれで勝負する」
 というような意識を持つ必要があります。ノウハウさえ手に入れれば簡
 単にうまくいくと思ったら大間違いなのです。戦略があって初めて、ノ
 ウハウが生きると考えましょう。

 ――――――――――――― 今日はここまで (^o^) ―――――――

 ■■■ちょっと一言

 年内は今号が最後になります。とにかくやってみようと始めたメルマガ
 ですが、今日が290号。なんとかなるもんだなぁと思うと同時に、長く
 配信し続けているメルマガ発行者の皆さんの精神力には敬服します。い
 くつかのメルマガは1000号を超えてますよね。すごい。

 書くのもそう簡単なことではありませんが、読者の皆さんも毎日読むと
 なると、結構時間を費やしておられると思います。1日5分、1ヵ月20
 回配信として100分も。なんと弊誌を1号から読み続けていただいてい
 る方もおられ、これは本当に頭が下がります。

 「勉強になるので毎日3回読んで、頭に叩き込んでいる」と、ある女性
 読者の方からメールをいただきました。「変なことは書けないなぁ」と
 責任を感じております。その他多数、激励メールを頂戴して参りました。
 私の精神的支えとなっております。ありがとうございました。<(_ _)>

 次号は1月5日に配信いたします。それまでちょっとお休みをいただき、
 リフレッシュしてカンバックします。皆様も良いお年をお迎えください!
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【もしかしたら役に立つかも】コーナー

 筆者は、一度無店舗販売で起業した後、失敗して廃業に追い込まれたそ
 うです。2度と失敗しないよう、経営知識を身につけられる診断士資格
 をとったんだそうな。こんな泥臭い診断士こそ、必要です。
                ↓↓↓

 起業家、起業希望の皆さ〜ん!朗報です♪こんなメルマガを待ってました!
 
  ついに創刊決定!!★☆★ e〜応援 for 起業家 ★☆★
 
 ◆実際に起業経験のある中小企業診断士の筆者が、熱〜い思いで起業家の
 あなたを応援します! ◆真に役立つ経営知識や支援情報が満載です!
 ご登録(無料)はこちらから→ http://www.e-oen.net/magazine1-1.htm

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆◆◆◆えっ! 社長も3秒でお客がつかめる!◆◆◆◆◆◆
 社長にもできる、目からウロコのキャッチフレーズづくりお教えします。
 少しのコツを覚えるだけで、今日から使えます。広告で、ホームページで、
 チラシで、DMで、メルマガで、お客様獲得に悩んでいるあなたへ、
 「つかむ広告の力増進会」が速効&即戦力のスーパー・ノウハウを伝授。
 さらに、新規顧客獲得に悩んだら、プロのコピーライターが添削します。
 詳しい紹介はこちら。→ http://www.adandweb.com/web/zoushin/index.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「面接はプレゼンテーションだ!」
 外資系企業のプロジェクトマネージャーによる戦略的面接術指南。
 内容は実務レベル。 就職活動(リクルート)中の学生の方へ
 面接で使える技術がいっぱい。 転職・人事、営業・交渉にも役立つ!
 無料メルマガ登録は今すぐ!→ http://www.menpre.com

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「日経MJに見るマーケティングの戦略・戦術」
 2003/12/26 vol.290発行

 ■■■【発行者】中小企業診断士 濱本克哉

 ぶしどうマネジメントのHPは、http://www5.ocn.ne.jp/~bushido/

 日本初?業種別メルマガバックナンバー「マーケティング資料室」は、
  ⇒ http://www.bushidoman.com/

 広告掲載料は、12月27日以降のお申込分から平常価格に戻ります。本日
 までにお申込いただければ、1月分の掲載も特別価格となります。
 詳しくはこちら⇒ http://www.bushidoman.com/koukoku.htm
 
 メルマガ相互紹介実施中です。こちらへ「相互希望」と書いてメールを
  ご送付下さい。⇒ hamak@bushidoman.com
 ※未創刊のメルマガとの相互紹介は一切行っておりません。

 ご意見・ご感想をお待ちしています。 hamak@bushidoman.com まで。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 
 ■メールマガジン内の広告について
 本メールマガジンで掲載している広告については、信頼性の高いものを
 選んでおりますが、広告主様のホームページ等から判断しているに過ぎ
 ず、残念ながら内容の保証はできません。読者様が広告をご利用になる
 ことで発生したいかなる損害につきましても補償はいたしかねます。広
 告につきましては、読者様ご自身の判断と責任においてご利用ください。
 よろしくお願い申し上げます。<(_ _)>
 ――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■購読解除:http://www.bushidoman.com/mailmaga.htm からどうぞ

 ■Copyright 濱本克哉
 本メールマガジンは、お知りあいへの転送は自由です。マーケティング
 の勉強に役立ててください。
 冊子等に転載されるときは、ご一報いただくとうれしいです。(^O^)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-01-27  
最終発行日:  
発行周期:週刊(木曜日)  
Score!: 94 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。