ジャーナリズム

「月刊テーミス」ニュース

時代が見える!未来が読める!月刊テーミス、一歩先行く総合情報誌です。

全て表示する >

無年金時代がやってくる!/米国秘密公電が日本の政治家・官僚を裸に

2011/12/01

【THEMISレポート】
 緊急スクープ 無修正ウィキリークス全公開の真相 
米国秘密公電 日本の政治家・官僚を丸裸に 
米国金融資本主義が採る手段は富裕国からの富の簒奪だ  

【政 治】 
・ 亀井静香緊急インタビュー 「コロンブスの卵」政党が日本を建て直す ・ 前原誠司&石破茂「保守新党」画策を衝く‐外交・安全保障政策で2人の息はピッタリだが
・ 野田政権がとる「オール弱腰外交」の末路‐TPPをはじめ韓国への巨額通貨支援など
・ 国民が呆れ返った「平岡秀夫法相」の言動‐山岡賢次国家公安委員長と並ぶ“不適格大臣” 
 
【官 僚】 
・ なんと「無年金時代」までやってくるぞ! 
・ 隠れ補助金「租税特別措置」全廃で7兆円出せ!‐特定の業界や企業にこっそり補助金が 
・ 本格始動した「新事務次官会議」の最深部‐野田政権で完全復活した「各府省連絡会議」 
・ 高橋洋一元財務官僚「消費税反対&埋蔵金」告発へ‐増税推進の財務省が葬り去りたい男  

【経 済】
・ ゴーン日産社長兼CEO 円高嫌い「第二本部制」へ 
・ オリンパス事件 発覚&処理の「謎」を追う‐「背後に外資」から「大新聞社外取締役」まで 
・ 原田泳幸CEO「強引経営」へ批判が噴出した‐日本マクドナルドは「最高益」を更新したが 
・ 木村剛元会長の「疑惑」&竹中元金融相の「責任」深まる‐日本振興銀巡る「男2人」の欺瞞が暴かれる 
・ DeNA 横浜ベイスターズ買収の「評判」と「皮算用」‐プロ野球参入で脚光を浴びたが   

【社 会】
・ スクープ パネッタ国防長官 「対日軍事要求リスト」の全貌
・ 高野山「永代供養ビジネス」に騙されるな‐「持明院」の永代供養を悪用して20億円の被害 
・ 御曹司の「カネ」に集った狡猾な男と女たち‐大王製紙のボンボン社長・井川意高氏の女、酒、バクチ 
・ 成年後見人の「狡猾な犯罪」を監視せよ!‐高齢者を社会で支援する方向に進んできたが 
・ 衝撃受けた創価学会の分裂が始まった‐池田大作氏の「Xデー」と「脱税疑惑」で
・ 皇室の迷走‐宮内庁の放置は無責任だ‐皇室の言動に国民は次世代皇室への不安を
・ TPP参加で農業も医療も強くなる!‐「米中の主導権争い」は日本の好機だが

【メディア】 
・ 小沢一郎「ご用達記者会見」の一部始終‐小沢氏に迎合した提灯記者にプライドはない 
・ 朝日新聞vs.牧義夫民主党代議士裁判の疑問を追う‐検察のリークで書いた記者はしどろもどろ 
・ 警視庁が狙う夕刊紙「風俗広告」の舞台裏‐日刊ゲンダイ家宅捜索で新聞業界にメスが! 
・ スマホの脅威‐人類を退化させる革命‐愛人に自宅を発見されたり地図探索で接触事故が  

【生活&文化】 
・ 糖尿病 「新予防&治療法」登場で完治へ
・ 胃がん撲滅へ「ITナイフ」驚異の効果!‐「内視鏡的粘膜下層剥離術」の進歩で
・ 新連載 自衛隊と共に 自衛隊 大震災支援作戦に終わりなし……ジャーナリスト 桜林 美佐
・ 電力会社が「太陽光発電」に挑戦する‐関西電力が蓄電池利用で電力の質を制御する課題に  

【国 際】
・ オバマも悲鳴 金融資本主義の断末魔
・ 金正日が暗殺に怯える「カダフィの最期」‐「カダフィ・ガールズ」のお手本は北朝鮮の喜び組
・ メルケル‐欧州危機を仕切る女傑の秘密‐「財政同盟」への転換と遅すぎた「劣等国」切り捨て
・ 始まった「中国経済」崩壊で日本世界は大混乱へ……ノンフィクション作家 河添 恵子  

【早耳人事】 
ライオン/三菱ケミカルHD/ヤナセ/三越伊勢丹HD/りそなHD/東大/ITAC/経済産業省 ほか 

【連 載】
・ 楽天家の人生発見 脱原発へ弁護士奔る 高橋三千綱 
・ 日本警世 「共通番号制」を欠陥にした世にも愚かな民主党よ! ジャーナリスト 高山 正之 
・ 事実と幻想超円高の最大要因は「日本政治の弱さ」だ  哲学博士 菅野 英機 
・ 正正の旗 世襲政治家に厳しい制限を! 政治評論家 清宮  龍 
・「七五調」は世界を救う 月日がたつのは…  ジャーナリスト 長井 好弘 
・ 大 喝 今こそ憲法改正に取り組め 
・ THEMIS EYE 亀井静香氏が超党派で画策  石原慎太郎氏もまき込んで ・ THEMIS LOBBY 朝・毎・読が支援した?!丸谷才一受章の「勲記」 
・ 是是非非 橋下徹氏の「革命」を見守る 小社から読者の皆さまへ 
・ 変奇録 大作曲家のナンパ術 
・ 往来之記

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-21  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2012/01/06

    ところで、先ほど閲覧したネット上のNHKニュースを、下記に貼り付けますが、予想通り共産党系の元最高裁判事の園部逸夫氏が内閣官房参与に起用されたようですね。実質的な「皇統断絶への一里塚」としての使命を帯びているのは明らかだと思いますが、保守系政治家及び知識人等を含め、どの程度の国民各層が、この重大な懸念事項(静かなる革命への序章→その淡々とした報道姿勢を観ても彼等・天皇制度廃止勢力の異様な自信が伺える)を自覚し得るのでしょうか?



    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120106/t10015086171000.html



    【引用開始】



    女性宮家検討で園部元判事起用へ

    1月6日4時0分

    政府は、女性の皇族が、結婚後も皇室にとどまれる「女性宮家」の創設を視野に入れて、皇室典範の改正案の素案をまとめるため、小泉政権のときに、この事案に携わった園部逸夫元最高裁判事を、内閣官房参与に起用する方針を固めました。



    野田政権は、「女性宮家」の創設について、「皇室の安定的な活動のためには、緊急性の高い課題だ」として、検討を加速しています。こうしたなかで、政府は、小泉政権のときに作られた「皇室典範に関する有識者会議」で座長代理を務め、この事案に詳しい園部逸夫元最高裁判事を、内閣官房参与に起用する方針を固めました。園部氏は、来月から学識経験者へのヒアリングを開始し、皇室典範の改正案の素案をまとめることにしています。政府は、この素案を基に国民からも幅広く意見を募るとともに、各党の理解も得て皇室典範の改正案を取りまとめる方針です。



    【引用終了】



    以前、他スレでも言及しましたが、園部氏は、京都大学法学部の学生時代から「民青(共産党の学生組織)」で活動した、根っからの共産主義者であり、その後の、裁判官時代や大学教授時代を通じても、その共産革命イデオロギーへの熱い信仰は衰えることなく、未だ健在であると考えられている人物である。



    その人物がまさに政府の中枢たる内閣官房に参与として滑り込み、女性宮家創設を指揮するわけですから、大変な時代になったものです。

  • 名無しさん2011/12/23

    山本五十六は国賊である。



    12月23日から映画「聯合艦隊司令長官山本五十六」が上映される。



    中川八洋『連合艦隊司令長官山本五十六の大罪――亡国の帝国海軍と太平洋戦争の真像』(弓立社)、



    三村文男『米内光政と山本五十六は愚将だった――「海軍善玉論」の虚妄を糺す』(テーミス)



    を読んで、だまされないようにしていただきたい。