経営

まるごと人事!超楽

元気のいい会社には、社員にがんばって働いてもらう「しくみ」=「人事制度」があります。それは「飾りの制度」ではなく「使える制度」です。人事制度の設計と運用のポイントをトーク形式で超楽に説明します。

メルマガ情報

創刊日:2002-12-05  
最終発行日:2018-10-01  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

『まるごと人事!超楽』Vol.289◆社員のロイヤルティ

2018/10/01

\(^^\)▼人事屋さんも(/^^)/▲社長さんも\(^^\)▼社員さんも(/^^)/
       

        『まるごと人事!超楽』 
                           不定期発行 Vol.289
                           2018 年 10 月 1 日
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 文字や絵がずれる場合:プロポーショナルフォントをMSゴシック等の
            等幅フォントに設定してください

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 バックナンバーは「オール読物ページ」でご覧ください。。。
 一気読みすると、今まで見えなかったものが見えてきますよ。

★━━━━━━━━━━━ http://www.jyell.jp/ ━━━━━━━━━━━★


  ◆┃今┃日┃の┃献┃立┃ 
  ━┛━┛━┛━┛━┛━┛


  ◆社員のロイヤルティ
 
  ◆人事制度を作る! ManagementToolsじんじ屋エール:どれをチョイス?

  ◆お知らせ   ◇キャンペーン情報:企業向ツールIセット・Jセット

  ◆なんでもと〜く(編集後記)
          

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃社員のロイヤルティ
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 「シャチョーさんとカチョーさんシリーズ経営相談編」第3話。
 毎回、面白ネタをベースに脚色して一話完結でお届けします。

 いままでの各シリーズは下記ページでご覧ください。
 http://www.jyell.jp/allyomimono.htm

 ====================================================================
 (^◇^) シャチョーさん(相談を受ける人)
 ( ^_^) カチョーさん(相談する人)
 ====================================================================

 (^◇^)相談がある。
        社員のロイヤルティを高める方法はいろいろあるが、本日は上司の支
    援について考えてみたい。

 ( ^_^)へぇ〜、難しそうなテーマですね。

 (^◇^)キミのことだよ。
    ちゃんと部下の面倒みろって言ってんだよ。

 ( ^_^)なんと!

 (^◇^)なんか意見言ってみろよ。

 ( ^_^)[それは相談じゃありませんよー]
    それでは、まず社員ロイヤルティという言葉の意味から整理していき
    ましょうか。顧客ロイヤルティって言葉はご存知ですよね?

 (^◇^)顧客が我が社の商品・サービス、あるいは我が社そのものに対して感
    じる信頼や愛着のようなものだろ。

 ( ^_^)そうです。
    では顧客を社員に置き換えてみましょうか。

 (^◇^)社員が我が社の商品・サービス、あるいは我が社そのものに対して感
    じる信頼や愛着のようなもの、だろ、だろー!?

 ( ^_^)はい、そうです。
    顧客ロイヤルティが高まると、商品・サービスが継続して購入され、
    会社の売上と利益が向上していきます。

 (^◇^)それを社員に置き換えると、こうだ。
    社員ロイヤルティが高まると、商品・サービスが継続して販売され、
    会社の売上と利益が向上していきます。
    
 ( ^_^)[そのまんまじゃねえか]
    まあ、そんな感じでしょうか。
    既存顧客が企業の売上の3分の2を支え、新規顧客への販売するコスト
    は、既存顧客への販売コストの5倍かかると言われています。
    
 (^◇^)それを社員に置き換えると、こうだ。
    既存社員が企業の売上の3分の2を支え、新規社員の採用コストは、既
    存社員への満足度向上のためのコストの5倍かかると言われています。

 ( ^_^)そこは無理に置き換えなくて良いです。
    考え方の方向性は間違えていませんけど。
    ようするに、企業にとって顧客が離れていくことは大きな損失につなが
    ります。この部分で顧客→社員に置き換えると分かりやすいですね。

 (^◇^)なんか話がくどいぞ。
    先に進めろよ。 

 ( ^_^)[自分がくどくしてるんだろ]
    社員のロイヤルティを高める方法ですよね。
    顧客に対するプロモーション活動の効果測定を考えれば明白です。
    
 (^◇^)なんだ、それは?
    もったいぶらずに早く言えよ!

 ( ^_^)社員の人事評価です。
    決して隠したりせずに透明性をもって運用され、公平に評価して、頑張
    って成果を出した分だけ処遇にも反映することがロイヤルティを高める
    ことに繋がるはずです。

 (^◇^)評価結果は必ずフィードバックしろということだな。

 ( ^_^)そうです。
    フィードバックしなければ、単に処遇を決めるための人事評価でしかな
    く、ロイヤルティの向上なんて期待できません。

 (^◇^)なんか前にもこんなシーンがあったような。

 ( ^_^)デジャブ。

 (^◇^)だーれがデブじゃ!

 ( ^_^)いや、ふとそう思っただけで。

 (^◇^)いま太ったって言ったろ!

 ( ^_^)会社と社員を太いパイプで繋ぎたいと言おうと思ったのですよー。


 【参考】評価結果のフィードバック例 
     http://www.jyell.jp/gazou_hyo_nyuuryoku_hyou_06.htm

 【参考】評価者へのフィードバック例
     http://www.jyell.jp/gazou_hyo_nyuuryoku_hyou_03.htm

 ====================================================================


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃人事制度を作る! ManagementToolsじんじ屋エール:どれをチョイス?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 __________________________________
 ■「ベストチョイスは?」ボタンをクリック■ http://www.jyell.jp/ ■
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  使える人事制度を作りましょう(自由に設計!充実した運用機能!)
  じんじ屋エールは、自由に設計して、高度な運用を実現します。

 ■─────────────────────────────────
  「じんじ屋エール」を活用すると、各社独自のしくみを構築できます。

 【Q&A】http://www.jyell.jp/qa.htm
 【web説明会】http://www.jyell.jp/websetsumei_01.htm
 【じんじ屋エール通信】http://www.jyell.jp/yelltsuushin.htm

 ■─────────────────────────────────
  --- 設計スタイルを決める ---

 ○社内設計にチャレンジする ○専門家を活用する
 【コンサルティング】http://www.jyell.jp/consal.htm

 ■─────────────────────────────────
  --- 導入までの期間を決める ---

 【ダウンロード】スケジュール表 http://www.jyell.jp/download.htm 

 ■─────────────────────────────────
  --- セミナー・研修をご希望の場合は ---

 【出張!人事制度セミナー】http://www.jyell.jp/semi_01.htm
 【研修で作る!】http://www.jyell.jp/kensyuu_sekkei01.htm
 【通信講座】http://www.jyell.jp/tsuushinkouza.htm

 ■─────────────────────────────────
  --- 運用でつまづかないために ---

  じんじ屋エールは「使える制度」を導入していただくために運用機能を
  充実させています。web説明会で各ツールの『使う』をご覧ください。
 【web説明会】http://www.jyell.jp/websetsumei_01.htm
  評価者の入門研修として「人事評価マルペケクイズ」がお勧めです。
 【評価者研修】http://www.jyell.jp/hyoukasya_t.html


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃お知らせ  
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ◇キャンペーン情報
  
  企業向ツールIセット・Jセット
    運用ツール「賃金体系」が実質無償配付となります
    キャンペーン期間:2018.10.1〜2019.3.31
  http://www.jyell.jp/campaign.htm


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆┃なんでもと〜く
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 ある団体の代表に就任して4年目になりますが、そこでもロイヤルティを
 スローガンに掲げています。

 会社経営も団体運営もロイヤルティ抜きには語れません。

 会員増強は重要課題です。
 新会員を増やすことも大切ですが、既会員が満足を感じるような策を講じて
 退会防止に努めています。

 ロイヤルティとに似た言葉にエンゲージメントがあります。

 エンゲージメントは、会社(団体)と従業員(会員)が共に助け合い成長
 する関係を意味するもので、この関係が築ければ理想的ですね。


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★
 ■発行元■ 有限会社マネジメントコア  http://www.jyell.jp/
 □所在地□ 〒355-0021 埼玉県東松山市神明町2−16−3 
 ■発行人■ 宇津木智 info@jyell.jp


     転載・コピー・転送等は非営利である限り自由です。
     その際は発行元を明記していただければ幸いです。 


  ♪ お知合いにも本メルマガやホームページをご紹介くださいネ ♪


  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★
 ■■発行システム/登録・解除はこちらからおねがいします
 ■  http://www.jyell.jp/mmsyoukai.htm

   このメールマガジンは下記の発行システムを利用しています。
   『まぐまぐ』     http://www.mag2.com/m/0000101795.htm
   『melma!』 http://www.melma.com/ (マガジンID: 00079637)  

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄★

最新のコメント

  • コメントはありません。