映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

イップ・マン 継承 こんな映画は見ちゃいけない! 

2017/04/20

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2017/4/20  Vol.1843     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
               「イップ・マン 継承」  です。

チンピラを苦も無くひねり倒し、数十人の荒くれ男たちを残らず片づ
ける。エレベーターで襲い掛かるキックボクサーは柔軟な体術でかわ
し、ヘビー級ボクサーのハードパンチは肘で受けて衝撃を消す。物語
は、中国最強と呼ばれる武術家が街を再開発しようとする外国人資本
家と戦いつつ、忘れかけていた妻への愛を取り戻す過程を描く。その
名声に治安活動を期待され、抗争が激化するにつれ家庭を顧みなくな
る。自警団から離れられなくなったた主人公は、妻の異変を目の当た
りにして初めて一番大切なことに気付く。強いばかりでは恐れられる
だけ、大きな慈愛を持つがゆえに尊敬される。武術の師匠である前に
ひとりの夫、「伝説」となるには人間的な奥深さも必要なのだ。ブル
ース・リーの“弟子”になるシーンが、愛妻家の顔を垣間見せる。

1959年香港、イップ・マンは息子のケンカを機にチョンと名乗る詠春
拳の同門と知り合う。チョンは地上げ屋の襲撃から校長を救出するほ
どの達人、アングラ格闘技大会で自前の道場を開く資金を稼いでいた。

チョンを買収した地上げ屋はイップ・マンを罠に嵌めるが、義に目覚
めたチョンはイップ・マンに加勢する。その後もイップ・マンは資本
家が放った刺客を倒し資本家本人と直接対決に向かう。一方で詠春拳
の正当継承者と自認するチョンはイップ・マンに公開挑戦状を送る。

このあたりの展開に緻密さはないが、アイデアあふれる格闘シーンで
理屈をねじ伏せる力技は70年代の香港映画を見ているようで懐かしい。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                  「イップ・マン 継承」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170323
               
          を参考にしてください。




 本日はもう1本
 
      「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」  です。

冬、深い雪に閉ざされた静寂の中で絵筆をとる。ひとりで作画に没頭
できる季節は、彼女にとってかけがえのない時間だ。春は一足飛びに
初夏となり、広大な庭は色鮮やかな花々と濃い緑に覆われる。雑草を
抜き、石を積み、バラを接ぎ木して大切に育てている。電気には極力
頼らず食事はすべて手作り、19世紀風のカントリーライフを続けてい
る。カメラはそんな老絵本作家の暮らしに密着、日常の些細な幸福を
描いてきた彼女の創作の秘密に迫る。暖炉のそばで子供と愛犬が戯れ
たり、家族総出でクリスマスの飾りつけを楽しんだり。充足した生き
方とは愛する人々と何気ないひとときを共有し、それが懐かしく思い
出せることであるとこの作品は訴える。

1915年ボストン、セレブの両親のもとに生まれたターシャは23歳でデ
ビュー、その後80冊にも及ぶ絵本を出版する。56歳の時にバーモント
州の森に家を建て、92歳で亡くなるまでスローライフを実践する。

息子や娘、孫たちが訪ねてきては彼女と一緒に不便な生活を共にする。
ガーデニングを手伝ったりリンゴを大量に破砕して搾りたてのジュー
スを飲んだり、暖炉の前でチキンをじっくりとローストしたり。特に、
細い棒に結び付けた紐を溶かした蝋を入れた鍋につける工程を繰り返
すシーンに、ろうそくとはこうやって作られるのかと教えられた。

店に行けば安く買えるものをあえて手作業で作る彼女の姿は、便利さ
と引き換えに我々が失ったものは何かを気づかせてくれる。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

              「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170413

          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

火曜日に産経新聞から配信された経済ニュースによると、三菱地所が
東京駅北側に高さ390メートルの高層ビル建設に着手したそうです。

完成すると、その高さはあべのハルカスを抜いて日本一。きっと展望
フロアからは関東一円を見晴らせる絶景が楽しめるはず。

その分、入場料も大人数千円ということになるでしょう。ちょっとば
かばかしい気がしますが外国人観光客なら喜んで行くのかも。

ただこの記事で気になったのは、ビルが「平成39年の完成予定」とな
っていること。産経新聞の記者は「平成」は来年限りで終わることを
知らないのだろうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は4/27 作品は
         
            「無限の住人」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。