映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ライオン こんな映画は見ちゃいけない! 

2017/04/01

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2017/4/1   Vol.1838   ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
              「ライオン」  です。

頼りにしていた兄とははぐれた。居眠りしている間に乗った回送列車
は出発してしまった。下車できないまま見知らぬターミナルに着いた。
そこは見たこともないほどの大勢の人々が理解できない言葉を話す大
都会。途方に暮れながらも危険を察知する能力は敏感に働き、悪意あ
る大人から逃げるためにひたすら走る。物語は、遠く離れた土地にひ
とり運ばれた少年が施設に引き取られ養子にもらわれた後、生き別れ
た家族を探す姿を描く。まだ5歳、名字も住んでいた町の名も知らない。
覚えているのは駅のそばの給水塔だけ。そんな無力な子供が、空腹と
眠気と孤独と不安に苛まれながら汚れたスラムを徘徊する。繊細な心
な動きをリアルに再現した映像は、見るもの胸に突き刺さる。

田舎町で石炭泥棒や小銭拾いで生計を助けていたサルーは、夜の仕事
の途中眠ってしまいカルカッタまで送られてしまう。警察から孤児院
に入り、NPO職員が新聞で保護者の心当たりを尋ねるが反応はない。

孤児と認定されたサルーはジョンとスー夫妻と養子縁組、タスマニア
島に移住する。利発なサルーはすぐに里親になじむが、同じくインド
から来た同年代の男児は精神状態が不安定。愛情深く接してもトラウ
マが治らない子もいると、安易な養子縁組を戒める。

やがてジョンとスーの子として成長したサルーは本土の大学に進学、
インド人家庭のパーティで故郷の揚げ菓子を見て、今も自分の帰りを
待っているだろう母のへの思いと望郷の念が抑えきれなくなる。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                   「ライオン」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170204
               
          を参考にしてください。




 本日はもう1本
 
              「はじまりへの旅」  です。

鹿を狩り、植物を育て、火を熾し、調理する。体を鍛え、本を読み、
サバイバルの技術も身につけている。山奥の森で暮らすパパと6人の子
供、彼らは何者にも束縛されない代わりに自分たちのライフスタイル
に責任を負う。物語は文明から隔絶された家族がママの葬儀に出席す
るために人里に下り、様々な騒動を巻き起こす姿を描く。子供たちは
高層ビルや大量の商品、太った人々に目を丸くする。知識はあっても
体験するのは初めて、子供たちの中でもある者はパパへの尊敬を深め、
ある者は画一的な価値観を押し付けてきたパパに疑問を抱き始める。
物質的には豊かで自由も保障された米国において、“魂の自由”を貫
くには周囲の白い目に耐えなければならない、そんな皮肉が痛烈だ。

仏教徒だったママの遺志を叶えるために、バスを改造したキャンピン
グカーで森の家を出発したベンと6人の息子・娘たち。道中立ち寄った
ベンの妹一家で教育方針を巡り論争になるが、ベンは持論を曲げない。

10歳に満たない末娘も大人扱いするベン。精神的な病で自殺した事実
を妹夫婦は子供たちに隠そうとしているのに、正直にママの死因を伝
えるのが正しいと信じている。喪主となっている義父との対立は深刻
で、ベンは歓迎されざる男として葬儀への臨席を禁じられている。

本音と建て前を使い分けないベンは常識的に生きている世間の人々と
軋轢を繰り返すが、娘たちはベンに理想の父親像を見ている。ところ
が、大学に合格した長男とママ思いの次男の心は離れていく。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                    「はじまりへの旅」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170121

          を参考にしてください。




 本日はもう1本
 
             「第3の愛」  です。

愛に破れたバツイチ美人弁護士と愛を知らずに大人になった財閥御曹
司。空の上で出会ったふたりは、その後も高層階のオフィスや建築中
のビルの屋上で再開する。それは偶然ではなく必然。物語は、そんな
彼らが恋に落ち、寸暇を惜しんで逢瀬を重ねる姿を描く。自信たっぷ
りの男は積極的に迫ってくるが、気持ちの整理がつかない女は憶病に
なっている。交際が始まると、ともに周囲には公表できない事情を隠
しながらビジネスを偽装して密会する。経済成長著しい上海、ハイス
ペックな彼が彼女に合わせて大衆食堂で飲んだり露店で買い物する、
その落差が楽しめる。中国の旅客機はファーストクラスでも、シート
はエコノミークラスのものを使っているのだろうか。。。

チージョンが社長を務める会社の法律顧問となったユーは、何度もプ
ロポーズされるうちに彼の孤独を知り力になろうとする。だが、ユー
には問題を抱えた妹が、チージョンには父が決めた婚約者がいた。

中途半端な距離感を詰められないまま時間がたつが、チージョンの部
下の言葉から、いかに愛されていたかに気づくユー。もはや彼女も衝
動を抑えきれない。北京のホテルにチェックインするなりソファに倒
れこむふたりの息遣いは、お互いこそがずっと探していた運命の相手
であると信じている男女の熱い思いが込められていた。

ところが、チージョンの兄が巨額の損失を出したことからふたりの関
係に黄信号が灯る。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                    「第3の愛」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170209

          を参考にしてください。
==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

先日「探偵!ナイトスクープ」で「いくら食べても満腹にならな男」
というネタをオンエアしていました。なんと捕れたてのマグロから握
りずしを300人前(600貫)と刺身50人前以上を平らげました。

体重47キロと小柄で華奢な体形なのに、自体重の半分近くを胃袋に収
めてもなお余裕で食べ続けています。

結局、7時間以上箸を休めません。途中トイレに立ちましたが、食べた
ものはその時に出してきたようです。

この人の消化器系はいったいどうなっているのか? そして月々の食
費はどれくらいなのか? 興味は尽きません。。。

==============================================================

      次回配信予定は4/6 作品は
         
            「夜は短し歩けよ乙女」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。