映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ダーティ・グランパ こんな映画は見ちゃいけない! 

2017/01/12

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2017/1/12  Vol.1816    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「ダーティ・グランパ」  です。

“死期が迫った身にはセックスだけが生きる希望”。妻に先立たれた
老人は、かわいがってきた孫にそう宣言すると若い女の尻を追いかけ
まわす。両親の期待に応えて弁護士になり有能な恋人との結婚に疑問
を持たなかった孫は、不真面目と思える祖父にあきれている。物語は
そんな2人が旅の途中で自分の進むべき未来を見つけるまでを描く。心
の奥にある願望を我慢している孫を、祖父は物足りなく感じている。
久しぶりの2人の時間、孫は祖父を通じて豊かな生き方とは何かを学ん
でいく。下品でスケベだけれど豊富な知識と抜群の身体能力の主人公
をロバート・デ・ニーロが飄々と演じ、名優の貫録を示してくれる。

グランマの葬儀の直後、グランパのドライブ旅行に付きあう羽目にな
ったジェイソンは、道中のレストランで大学の後輩・シャディアに声
をかけられる。シャディアの連れのレノアはグランパに興味を示す。

シャディアたちが参加する学生パーティに潜入したグランパは、ノリ
の悪いジェイソンに興奮剤を飲ませ彼を弾けさせる。品行方正を旨と
するジェイソンは、欲望を発散させたにもかかわらず自己嫌悪に陥る。
懲りずにジェイソンを焚きつけるグランパ。

しょーもないいたずらからきわどいジョークまで、グランパの奔放な
言動に振り回されるうちに、徐々にジェイソンも学生時代の夢を思い
出していく。それでも煮え切らないジェイソンの姿は保守的になった
現代の若者を象徴していた。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

              「ダーティ・グランパ」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170109
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
       「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」  です。

見知らぬ男とキスをする。高級服を試着する。目隠しでバイクに乗っ
て疾走する。最初は軽い気持ちだった。ほどなく後戻りできなくなり、
さらなる過剰な要求に命がけで応えなければならない。物語は、生中
継オンラインゲームに参加した少女が、数々の難題をクリアしていく
うちに金銭的にも倫理的にも正常な感覚を麻痺させていく姿を描く。
奥手でさえない彼女が場数を踏むうちに大胆になっていく。一方でカ
ネとスリルと注目される快感に抗えなくなる。頭では警報が鳴ってい
るのに、心と体はブレーキが利かない。不特定多数の視聴者は安全地
帯から無責任な関心を寄せ、無名の悪意は裏から彼女を支配する。そ
んな、ウェブメディアの同時性と双方向性の中で己を見失うヒロイン
の感情がリアルに再現されていた。

自分を変えようと課題克服型ゲーム・ナーヴに挑戦したヴィーは、同
じくプレイヤーのイアンと知り合い行動を共にする。ミッションは次
々とエスカレート、やがて親友・シドニーとの友情にもひびが入る。

一つ完遂していくごとに多額の賞金が銀行口座に振り込まれる。気づ
かぬ間に他のプレイヤーと過激さを競争させられている。課題が危険
なほど視聴率は上がる、今やサバイバルレースとなったナーヴ、ヴィ
ーには最後までやり遂げるしか生き残る道はない。

他人の恐怖や痛みを“娯楽”としてしか受け取れなくなったネットユ
ーザーの、人命軽視に加担している実感の希薄さに恐ろしさを覚えた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

             「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20170110
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
  
          「アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ」  です。

強大な力を蓄えつつある敵から追われている。味方だったはずの同族
からも狙われている。身を隠すあてもなく放浪する女は、いくら腕利
きの処刑人とはいえいつも襲撃に脅えている。そんな時現れたひとり
の理解者。物語は、孤独な女ヴァンパイアがライカンとの種族間抗争
とヴァンパイア間の権力闘争に巻き込まれ、傷つきながらも解決策を
探る姿を描く。日中は活動できないが、不老の肉体は抜群の運動能力
を示すヴァンパイア。人間の時は知的だが、オオカミに変身すると野
獣の本能をむき出しにするライカン。銃と銃、剣と剣、拳と拳、牙と
牙が激突するなか、敵も味方も彼女の娘の血を求めている。執拗に追
い回され望まぬ殺生を繰り返すヒロインの血塗られた運命が哀しい。

長老殺しの罪でヴァンパイアの館を追放されたセリーンは、マリウス
の指揮下で急速に勢力を伸ばすライカンに対抗するため呼び戻される。
それはヴァンパイア長老として主導権をうかがうセミラの陰謀だった。

セミラに血を抜かれたセリーンをデイヴィッドが救出、2人は北の辺境
の部族に保護を求める。そこにもマリウス率いるライカン軍が侵攻、
金髪ヴァンパイアたちをせん滅しようとする。一方で、マリウスに通
じる女ヴァンパイアやセミラの意をくむ愛人ヴァンパイアなど、裏切
りと欺瞞にまみれた関係は人間社会以上に業と欲に満ちている。

千年の命は千年の苦悩、戦うしか生きる残る道がないセリーンの安ら
ぎとは縁のない日常が、争いは憎しみしか生まないと教えてくれる。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

            「アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20161223
               
          を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

先日、渋谷センター街にあるABCマートでスニーカーを買ったのですが、
客のほとんどが観光客と思しき外国人。中国語や朝鮮語、その他東南
アジア系の言語が飛び交っていました。

店員さんも多言語対応しているようで、むしろ日本語がたどたどしい
人もいました。

この店は、若者向けのデザインの靴を多数取り揃えていてガイドブッ
クにも載っているようなのですが、特に限定品を扱っているわけでは
ありません。

にもかかわらず人気店なのは言葉が通じるからなのでしょう。きめ細
かい対応が商売繁盛の秘訣、ブランディングに成功していると思いま
した。。。

==============================================================

      次回配信予定は1/14作品は
         
            「ブラインド・マッサージ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/01/13

    毎回楽しく読ませていただいています。