映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ブルゴーニュで会いましょう こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/11/23

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/11/23  Vol.1805    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
           「ブルゴーニュで会いましょう」  です。

鼻腔に広がる香りと味蕾を刺激する滋味、一口含んでは独特の言い回
しでコメントし、出来栄えを点数にしていく。物語は、売れっ子ワイ
ン評論家が、借金苦に陥った父のワイナリーでまったく異なる製造法
を試す過程を描く。高低差のある畑ごとにブドウを植え、それぞれに
合った育て方や摘み取りの時期を探る。それはワイン造りを家業とす
る者が代々受け継いできた秘伝。自分が手掛けると全く勝手が違い、
試行錯誤が続く。それでも、独自のやり方を通す主人公の姿は、変革
の信念が停滞した現状を打ち破ると教えてくれる。

パリ暮らしの長いシャルリは資金繰りに行き詰った実家のワイナリー
に戻り、離婚で意気消沈の父・フランソワに代わり再建に着手する。
ローマ方式の醸造法を取り入れるシャルリにフランソワは反対する。

一度は家を出たシャルリが後継者面しているのが、フランソワは気に
食わない。本当はうれしいのに素直に喜びを顔に出せないフランソワ
の朴訥さは、いかにも頑固一徹の農民。多角事業化を進めるボルドー
のワイン業者を追い返すシーンは、“ブルゴーニュこそワインの王道”
と、単一品種ワインの優位性を宣言しているようだった。

また、隣家の跡取り娘が米国のワイン業者を婿に迎えるが、結局、夫
は帰国してしまう。このあたり、ワインをビジネスとしてとらえる世
界的風潮とは一線を画すブルゴーニュ農家の矜持が、カネに代えられ
ないワインの価値観を象徴する。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

           「ブルゴーニュで会いましょう」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/201601121
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
           「マイ・ベスト・フレンド」  です。

出会ってからずっと一緒だった。思い出はいつも2人で分かち合ってき
た。大人になってもその距離感は変わらず、家族ぐるみの付き合いが
続いている。物語は、中年に差し掛かった女2人が対照的な運命にさら
されながらも友情を深め、人生を全うする姿を描く。ガン細胞に蝕ま
れた体は、頭髪が抜け乳房は摘出されげっそりとやつれていく。一方
で、小さな命を宿したおなかは、幸せとともにふくらんでいく。変化
とともに盤石だと思えた関係がバランスを崩していく過程は、やはり
生活レベルの差を反映させているのだろう。双方とも親友だと思って
いても頭の隅で比較し、マウンティングする、でも肝心な時には頼っ
てしまう。そんな微妙な女同士の心模様がリアルに再現されていた。

妊活に成功したジェスは、幼馴染のミリーに乳ガンが見つかり、妊娠
を言い出せないでいる。様々な治療の甲斐なく悪化する病状に自分を
見失っていくミリーを、ジェスは黙って見守るしかない。

イケイケのミリーは実業家と結婚、自らもキャリアを積み子供にも恵
まれている。堅実なジェスは肉体労働者とボートハウスで地味な暮ら
し。ミリーが太陽でジェスは月だったが、今や立場が逆転している。

ほしいものを常に先に手に入れてきたミリーへのジェスの嫉妬、わが
ままを繰り返すことで己の優位を確認するミリー。抑えてきたのか意
識していなかったのか、お互いに対する思いが爆発するシーンは、き
れいごとだけではない複雑な心情が凝縮されていた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

           「マイ・ベスト・フレンド」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20161119
               
          を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

年末にUSJに行くことを計画しているのですが、チケットの高騰ぶりに
驚いています。

入場料自体は200円の値上げですが、今年からエクスプレスパスに“繁
忙期料金”が適用され、なんと13200円もします。

要するに待ち時間をカネで買うのですが、去年は6900円だったのが2倍
近いアップ。

トランプ効果で円安傾向だから、爆買い中国人なら買ってくれると思っ
ているのでしょうか。日本人には手が出ません。。。

==============================================================

      次回配信予定は11/26作品は
         
            「ハンズ・オブ・ラヴ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

やがて体調不良から入院、結核と診断されるラマヌジャン。同時にハーディの尽力で王立協会への入会やフェロー
            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。