映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

インターン! こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/11/05

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/11/5  Vol.1799    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
              「インターン!」  です。

“言い訳はするな、失敗の原因はすべて自分にある”。“なぜなのか
の問いを繰り返すことで問題の本質が見えてくる”。頑張りましただ
けでは許されない、結果を求められるビジネスの世界、物語は自信が
持てず未来のビジョンが描けない女子大生のインターン経験を通じて
の成長を描く。本当は死ぬはずだったのに助けられた。だがその命を
価値のないものと考えてしまうほど自己評価の低いヒロインが、己を
見つめ直して少しずつ自らの可能性を発見していく過程は、悩んでも
行き詰っても地道な努力はきっと報われると訴える。そして何より殻
を破って一歩踏み出す勇気を持つ大切さを教えてくれる。

大学3年の晴香は親友の真希と企業説明会に出席、帰りに交通事故に遭
うが社長の牧野に助けられる。瀕死の牧野は、晴香がインターンで優
秀な成績を上げれば運命が変えられると死神に告げられる。

牧野は真希に憑依し研修課題に的確なアドバイスを送るが、晴香はあ
くまで自力で乗り越えようとする。毎日張り出される査定は最低ラン
クばかりでも、教育係の社員にダメ出しされるなかで晴香は何が足り
ないのかに気づいていく。その間、晴香の優柔不断さは慎重さ、押し
の弱さは人の話をよく聞くという、短所を長所に転じる方法も学ぶな
ど、見ているこちらの欠点を指摘されている気分になる。

嫌味なライバルに対しても笑顔と敬語で接する心の広さが彼女の一番
の魅力なのではないかと思った。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「インターン!」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20161006
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
         「われらが背きし者」です。

救いを求めてきたロシア人は本当に命を狙われているのか。打ち明け
た情報機関の工作員は信用できるのか。お互いの過去はほとんど知ら
ない。証拠のデータは決め手を欠いている。そんな状況で、相手の言
葉だけを頼りに迫りくる危機を切り抜けなければならない。物語は、
犯罪組織の内部告発に手を貸した教授がその後の交渉にも巻き込まれ、
苦悩する姿を描く。工作員は独断行動ゆえ人も資金も乏しい。逃げ場
のないロシア人は家族の保護も要求する。どこまで助力すべきか、一
度手を差し伸べたら最後まで面倒を見るべきか。逡巡と後悔、だが戦
う理由を得た時、人間はより強くなれるとこの作品は訴える。

休暇旅行先でディマと名乗る男からロシアマフィアの極秘ファイル預
かったペリーは、ロンドンでMI6のヘクターに渡す。ところがパリでの
会談に同行を求められ、ディマを見張る護衛に怪しまれてしまう。

管理する銀行口座をボスに教えれば用済みとなって殺されるディマ。
監視をくぐり抜け、ヘクターが準備した作戦で見張りを振り切る。妻
に不貞を働いたペリー、組織を売るディマ、上司の許可を得ず工作を
進めるヘクター。3人とも誰かを裏切っている、だからこそたとえ相手
が裏切り者でも信じるしかない。追い詰められた者たちの逃亡劇は、
友情や信頼を越えた運命共同体としての絆で結ばれていく。

その過程は、不安や焦り、緊張といった彼らの感情には深く踏み込ま
ず、淡々と描写することでリアリティを追求していた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「われらが背きし者」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160930
 
         を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

秋季高校野球東京大会決勝戦、劇的なサヨナラホームランで選抜出場
を確実にした早稲田実業。でも主砲の清宮は相手投手のスライダーに
手も足も出ず、5打席5三振。

選抜出場校は関東6校の割り当てなので、関東の大会のベスト4とあわ
せて、6番目の選出校は、準優勝の日大三か神奈川1位の慶応が有力で
す。

もし慶応が選ばれ早実と対戦すると“甲子園の早慶戦”。でも、甲子
園には甲子園の応援風景があるから東京六大学風の応援スタイルを持
ち込んでほしくありません。

まあ、東京のマスコミ盛り上がると思いますが、甲子園の地元では早
慶のOB以外は白けた目で見ると思いますが。。。

==============================================================

      次回配信予定は11/10 作品は
         
            「溺れるナイフ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

やがて体調不良から入院、結核と診断されるラマヌジャン。同時にハーディの尽力で王立協会への入会やフェロー
            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。