映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

永い言い訳 こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/10/20

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/10/20  Vol.1794   ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
              「永い言い訳」  です。

すっかり愛は冷めているけれど、別れる理由もないから同居を続けて
きた。突然の訃報にも喪失感はなく、その時間に愛人と過ごしていた
ことに罪悪感を覚えている。物語は妻に事故で先立たれたタレント作
家が、被害者遺児の面倒を見るうちに家族のぬくもりに浸っていく過
程を描く。子育ては負担と思っていたが手をかけてやると信用してく
れる。深い対人関係を築けなかったのにいつしか子育てに夢中になっ
ていくが心の片隅で本気ではないのに気づいている。そんな、割り切
れず煮え切らず堂々巡りする主人公の心理描写は、まるで太宰文学。
死者よりも生者の暮らしが大切、そして正解がないから人生は前に進
むしかない。それを子供たちに教わる皮肉が彼の苦悩を象徴する。

バス転落事故の遺族会で旧知のトラック運転手・大宮に声をかけられ
た幸男は、彼の息子と娘の子守を引き受ける。やがて懸命に母の死を
乗り越えようとする子供たちに幸男も勇気づけられていく。

同じく妻を亡くした大宮は臆面もなく未練の涙を流すのに、幸男は妻
の本心を知ってもショックを受けるより納得している。いつから壊れ
ていたのか、元には戻せなかったのか。解決策を探る必要がなくなっ
てホッとしているが、卑怯な自分を許せない別の自分もいる。

妻の追悼番組の収録中や大宮の新恋人との食事会でふと本音を吐き出
してしまう幸男の弱さと脆さが、考えすぎるがゆえになかなか答えが
出せない人間のとらえがたい心情と苛立ちをリアルに再現していた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「永い言い訳」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20161017
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
                「何者」です。

何ができて、将来何ができるようになるのわからない。一方で、他の
学生とは違うといった根拠のない優越感を隠し切れない。自由な時は
過ぎ、現実の世界に呼び戻された大学生たちは、社会に出るための準
備に奔走する。物語は就活のために協力し合う5人の大学生の奮闘を追
う。仲間ではあるが競争相手、お互いに腹を探り合って本当の姿は見
せない。先に出た内定者を素直に祝福できない。リア充自慢のSNSを偽
名でディスる。カッコつけているからカッコつけている奴の薄っぺら
さが透けて見える。ディテール豊かな登場人物のキャラは、人間の裏
の部分を突き付ける。“おまえにも身に覚えがあるだろう”という。

拓人、光太郎、瑞月は同級生の理香の部屋で就活対策を練る。理香の
同居人・隆良は会社に頼ろうとする彼らに批判的。拓人も就職より演
劇を選んだかつての同志を複雑な気持ちで見守っている。

他人の言動はよく観察し分析する拓人だが、進むべき道を決めかねて
いる。組織の歯車になるのは気が進まないが一人で生きる覚悟もない。
“意識高い系”の理香は不採用通知にも強気な態度を崩さない。そん
な2人が密かに光太郎や瑞月の内定先の悪い噂をネットで調べているの
が発覚するシーンは、ルールのないサバイバルレースで後れを取った
学生たちの焦りと嫉妬、不満と羨望がリアルに再現されていた。

ほとんど感情を見せず冷めた表情の拓人に対し、“頑張ってますアピ
ール”を怠らない理香のほうがまだ必死さが伝わってくるが。。。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                    「何者」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20161018
 
         を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

食生活をグルテンフリーにして3カ月、今年の春先に履いていたズボン
はすっかりウエスト周りがダボダボになってしまいました。

その間、大好きだったパン、うどん、ラーメン、たこ焼き、お好み焼
き、パスタ、ケーキ、クッキーといった食物を一切口にせず、ご飯や
豆を食べるようにしてきました。

でも、慣れてくると小麦系食品がなくても案外苦痛ではなくなってき
ます。

久しぶりに体重を測ったら、グルテンフリーを始める前から1割以上
減っていました。。。

==============================================================

      次回配信予定は10/22 作品は
         
           「スーパー歌舞伎II  ワンピース」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。