映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

メカニック:ワールドミッション こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/09/29

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/9/29  Vol.1788    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「メカニック:ワールドミッション」  です。

チンピラたちは目にもとまらぬ格闘術で瞬殺し、傭兵どもの急所に容
赦なく銃弾をぶち込む。ロープウェイーからジャンプしたかと思うと
断崖絶壁からダイブし、超高層ビルを這い上ったり駆け下りたり、迷
路のようなクルーザーの中を走り回った挙句救命ボートを利用して護
衛を排除する。その精密機械のような身のこなしはいまだ健在、主人
公は圧倒的な強さで立ちふさがる敵をなぎ倒していく。物語は、人質
を取られ暗殺を強要された殺し屋が、ミッションを遂行しつつ反撃に
転じる姿を描く。標的は武器商人、難攻不落の“要塞”と護衛に守ら
れた彼らに近づき、謀殺して離脱する過程は、緻密さよりも派手さが
強調され、“退屈はさせない”サービス精神に満ちている。

タイに身を潜めるビショップは知り合ったばかりのジーナをさらわれ、
彼女と引き換えに3人の男の謀殺を請け負う羽目になる。まず1人目の
男を消すために監獄島に上陸、鮮やかな手口で息の根を止め脱出する。

粗野な風貌だが義理人情に篤く、鍛えた肉体と洗練されたサバイバル
術を自在に操るビショップはまさに憧れのマッチョ。感傷的なトラウ
マもないし国家への忠誠を試されることもない一匹狼でもある。美女
を助けるために戦う以外の余計な葛藤や苦悩は一切省き、ハイテクや
小難しい理論とも無縁、とってつけたようなどんでん返しなどもない。

殺されて当然の人非人だけを確実に仕留めていくというシンプルな構
成にはかえって潔さを覚えた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「メカニック:ワールドミッション」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160926
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
           「オーバー・フェンス」です。

昼間はひたすら職業訓練所で木工作業に勤しみ、夜はひとり弁当をビ
ールで流し込む。妻子を捨てた自分に楽しむ資格はないというかのよ
うに、知人や友人とも距離を置いている。まるで己を罰するかのよう
な潤いのない日々。自らを責め続けながらも、周囲の人間に優しく接
する中年男の寂しさが胸にしみる。物語は、そんな彼が心の深層に障
害を持つ女との出会いを機に、もう一度人生に向き合っていこうとす
る姿を描く。職業訓練所に通う者の多くは人に言えない過ちを犯し、
闇を抱えているが、ふとした瞬間に彼らを過去に引きずり戻していく。
焼き肉をつまみながら笑い転げる若者たちに、楽しいことなんかいず
れなくなると言い放つシーンに主人公の孤独と後悔が凝縮されていた。

訓練所仲間の代島とキャバクラに行った白岩は、聡というキャバ嬢を
あてがわれる。白岩はしつこく付きまとう聡をスルーするが、後日バ
イト先まで会いに行くと、そのまま聡の部屋に上がってしまう。

情緒不安定の聡は精神安定剤とセックスがなければ平常心を保てない。
彼女もまた様々な哀しみに押しつぶされそうになりながらもがいてい
るのだろう、言葉ではなく鳥の求愛行動をまねて苦悩を表現する。一
方、白岩はすぐにエキセントリックになる聡を放っておけない。

これ以上他人を傷つけまいと世間と深く交わらないようにしてきたの
に、やっぱり関わらなければ生きていけない。誰かと一緒にいる息苦
しさと心地よさの板挟みに葛藤する白岩と聡の不器用さが切ない。

       お勧め度=★★(★★★★★が最高)

               「オーバー・フェンス」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160928
 
         を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

横浜市の病院で、点滴に混入した薬物で患者が中毒死しました。この
夏以降、他にもかなりの高齢者ばかり50人近い患者がこの病院で死ん
でいると報道されています。

この事件を知って、「ロストケア」という小説を思い出しました。要
介護老人ばかりを30人以上殺した男の物語です。

ただ、被害者の遺族はむしろ介護の苦労が減ったとばかりに、犯人を
憎むよりほっとした気持ちになっています。

老人が安心して暮らせる社会などと、きれいごとをいうのは簡単です
が、いまや長寿は喜ぶべきことではなくなっているようです。。。

==============================================================

      次回配信予定は10/1 作品は
         
               「TSUKIJI WONDERLAND」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。