映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

キング・オブ・エジプト こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/09/08

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/9/8 Vol.1782     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「キング・オブ・エジプト」  です。

きらびやかな町並み、聳え立つピラミッドとオベリスク。ところが、
権力を得た暴神の下でほとんどの人間は奴隷に身を落とし、他の神々
は口をつぐむばかり。物語は神々が地上で人々と共存していた神話の
時代、妻を殺された若者が失意の王太子と共に平和を取り戻すまでを
描く。ディテール豊かな石造りの街、罠が仕掛けられた宝物殿、墨を
流したような冥界、大地を見守る宇宙船、襲い掛かる2匹の大蛇。それ
らCGで再現された一大スペクタクルは、リアルさよりもむしろ圧倒的
な情報量とスピード感で見る者を思考停止状態に追い込もうとする。

オシリス王の後継者に指名されたホルスは、セトとの闘いに敗れ両目
を奪われ上追放される。一方、妻・ザヤの復活を目論むコソ泥のベッ
クはホルスと手を組み、彼らはザヤの再生と王位の奪還を目指す。

神々は、人間よりも体格がよく特殊能力を持ち黄金の血を流すが、精
神的には人間と変わらない。欲に憑かれた者、日和見を決め込むもの、
愛深き者、怒りに身を震わせる者。肉体労働には従事しないけれど、
感情のままに生きる姿は幼稚さすら感じさせる。セトの治世になって
富める者はより富み、貧しい者は搾取され、挙句に“地獄の沙汰もカ
ネ次第”となるなど、21世紀の格差社会のメタファーとなっている。

唯一、死を司るアヌビスだけが超然として孤高。いつの世にも俗事に
は無関心な実力者はいる。そのあたり、英語で話されていてもハリウ
ッド文化とは違う、エジプト的な考え方が新鮮だった。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「キング・オブ・エジプト」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160901
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
          「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」です。

近くにいる女にはとりあえず興味を示す男。宇宙につながる精神に人
間の真実があると信じている女。異なる価値観のふたりは出会ってほ
どなく意気投合、運命に導かれるかのように巡礼に出る。物語は映画
音楽のためにインドを訪れた作曲家と現地のフランス大使夫人が、旅
の途中で理解し合い、聖母に抱きしめられることで生まれ変わる姿を
描く。双方とも恋人や夫がいる身、それでも相手の過去や現在の苦悩
を知るうちに互いに人生というパズルの欠片であると気づく過程は、
前戯に似た駆け引き。本心を巧みに隠し少しでも主導権を握ろうとす
る。恋愛へのポジティブな姿勢がフランス人の心の豊かさを象徴する。

大使館主催のパーティでアンナと知り合ったアントワーヌ。アンナの
積極的なアプローチをあしらっていたが、偏頭痛の原因が脳の血栓と
診断されると、南インドの聖母に会いに行く彼女に合流する。

彼らが道中目にする、ガンジスの悠久の川面を埋め尽くす数万の人々。
潜ったり頭から水を被ったりと思い思いに沐浴している。川岸では死
体を焼き遺灰を川に撒いている。西欧とはまったく違う文化・風習・
時間の中で、なぜ生まれ何のために生きるのか自問するアンナとアン
トワーヌは、魂のレベルから浄化されていく。その間、ふたりは微妙
な距離感を保ったままだが、感情に正直になろうともする。

この倫理や道徳への心理的なハードルの低さこそ、フランスが少子化
を克服した要因なのだろう。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160905

          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅」です。

修験者が肉体を極限まで追い込んで高揚感もしくは悟りを得るために
修行するのが、本場インドの伝統的なヨガだと思っていた。だが現代
に伝わるヨガは、20世紀初頭のインドで国民の体力増進エクササイズ
として古来の心身鍛錬法に改良が加えられたものだった。カメラは近
代ヨガの始祖の思想と、彼の弟子たちによるヨガの伝承と実践する姿
を追う。やはり驚嘆すべきは修業を積んだ弟子たちが見せる軟体動物
のような体勢とバランス感覚。背中に回した右足を左わきに挟み、今
度は左右の逆の姿勢をとる。背中を反らして頭を足の間から出す。組
んだ両手と肘で三角形を作りまっすぐに倒立する。あらゆるポーズは
呼吸と連動し、まるで体と心の中に小宇宙を内包するようだ。

ヨガの魅力に取りつかれた映像作家のヤンはインド南部の村を訪れ、
ヨガの祖・クリシュナマチャリアの足跡をたどる。彼の哲学とアーサ
ナは2人の弟子、パタビチョイスとアイアンガーに受け継がれていた。

古代インドの叙事詩にも登場するヨガ。それは文字情報だけで具体的
な記述はなく、クリシュナマチャリアが体系的体育学としてまとめた
という。一方でひたすら鍛練に励む一部の弟子は、ヨガを通じて己の
魂を救おうとしているようでもある。

もっと精神の奥深い平安を目的にしたアーサナの数々は、鏡張りスタ
ジオの床に細長いマットを敷いて行う米国発のフィットネス風ヨガの
ようにビジネス向きに洗練されてはいない分、神秘を感じさせる。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                  「聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160903


          を参考にしてください。
==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

あるショッピングサイトで商品を注文すると、「あと51円の購入で配
送料無料」というアラートが出たので、必要もないのに600円ほどのサ
プリを追加しました。

まあそれでも、870円の送料がタダになるから、結果的には得。サイト
から来た注文確認メールにも、送料欄は0円になっていました。

ところがその夜、こちらからは何もしていないのに注文変更メールが
送られてきて、そこには送料が勝手に加算されていました。

なんか騙された気分。早速、ショップに苦情を入れ、注文を解約しま
した。もしそのメールを見落としたまま発送されると知らぬ間に課金
されたことになります。この店、常習犯なのかな。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/10 作品は
         
            「超高速!参勤交代 リターンズ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。