映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

セルフレス こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/09/01

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/9/1 Vol.1780    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「セルフレス/覚醒した記憶」  です。

知性も判断力も抜群に冴えているのに、老いた体は不治の病に侵され
ている。ならば脳機能を精神が空っぽの肉体に転送すれば、若返りが
可能なはず。物語は、そんな手術を受けた男が新しい体に残っていた
古い記憶に苛まれ、邪悪な組織に立ち向かう姿を描く。若い肉体に染
み付いている殺しのテクニックは次々に送り込まれる暗殺者を撃退し、
洗練された頭脳は彼を黒幕に導いていく。時に意識が混在し、自分が
誰なのかわからなくなる。一方で妻子と太い絆で結ばれていた兵士の
人生を取り戻してやりたい気持ちも芽生えてくる。一つの体に二つの
人格、だが一人娘に対する父としての思いは同じ。かけがえのない人
を守りたいという意思が闘う勇気と力の源だとこの作品は訴える。

余命半年を宣告された建築家ダミアンは、科学者・オルブライトの処
置で健康な肉体にリセットされる。別人のIDで自由と青春を謳歌する
が、抗副作用薬を飲み忘れると鮮明なフラッシュバックが起きる。

脳裏に浮かんだ場所を訪ねると、彼を「マーク」と呼ぶ女・マデリー
ンと鉢合わせし、さらにオルブライトの追っ手が攻撃を仕掛けてくる。
今の肉体がマデリーンの夫・マークのものだったと知ったダミアンは、
オルブライトの不正を質すために彼のラボに向かう。

孤立無援の上マデリーンと幼い娘も保護しなければならない。それで
も元特殊部隊兵士の肉体を得たダミアンは果敢に反撃し、オルブライ
トに迫る。その過程でカネでは手に入らないモノがあると学んでいく。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「セルフレス/覚醒した記憶」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160726
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「後妻業の女」です。

色ボケ独身ジジイに近づき、遺産を丸ごと奪い取ることを生業にする
女。婚活パーティに集まったカモを彼女に紹介する結婚相談所経営者。
物語は、そんな男女が相続でモメた遺族の反撃にあいピンチに陥る姿
を描く。ハゲタカの狡猾さと四面楚歌でも平然とする図太さ、時折見
せる愛嬌。次々と男を餌食にする血も涙もないサイコパスなのに、憎
めない雰囲気も持つ悪女を大竹しのぶが怪演、強烈なインパクトを残
す。一方で生き馬の目を抜くエピソードの数々は、カネと色恋に目が
くらんだ赤裸々な人間模様が活写され、ほのかなユーモアとペーソス
を醸し出す。狐と狸の化かし合い的な軽妙さが陰惨な内容を中和する。

元教授の内妻となった小夜子は、彼の預金や株を換金し、財産を彼女
に譲ると記した公正証書を作成、家屋敷も手に入れる。元教授の娘・
朋美は弁護士に相談、調査員の本多を使って小夜子の過去を洗う。

ブレーンの柏木が見定めた老人の後妻に入り、死後、時に殺害後同様
の手口を繰り返していた小夜子。ところが朋美と本多が事実をつかむ
と、小夜子と柏木は悪事が露見するのを恐れ交渉に応じる構えを見せ
る。その間も、小夜子は次なる標的・舟山に接近し、柏木は新たな愛
人とセックスに励む。

ジジイたちだけではない、小夜子も柏木も彼らの周りにたむろする老
若男女はみな愛欲に忠実。善意や良心ではない、人の本性など所詮は
欲望の塊と割り切る潔さが、映像に躍動感を与えていた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「後妻業の女」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160830

          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「君の名は。」です。

目覚めると見知らぬ異性の体になっている。夢の続きなのか、現実な
のか。周囲の反応から本当だと悟った少年と少女は、記録を残して不
思議な状況に対処する。物語は、都会暮らしに憧れる田舎の女子と友
人関係もバイトも多忙なシティ派男子、ふたりの高校生の心が入れ替
わり、お互いの人生を生きる姿を描く。一日経てば元に戻っている。
でもまたいつ起こるかわからない。自分たちではどうにもならない力
に支配されたふたりは、やがて時空を超えた必然の糸に導かれていく。
鮮やかな色使いとディテールまで再現された風景、時々刻々変化する
光の多様な表情をこれほどまでに細密に表現したアニメに初めて出会
った。夜空に長い尾を引く幻想的な彗星が不吉な未来を予感させる。

飛騨の山奥の村に住む三葉と東京都心に住む瀧。不定期に相手の肉体
に意識が入り込む現象に慣れるとその日常を楽しむようになる。だが、
彗星から分裂した隕石が日本に落下した日から交換が途絶える。

三葉と三葉の目を通して見た情景が脳裏から離れない瀧は、スケッチ
を手掛かりに三葉の村を探す。ところがそこで知ったのは村は破壊さ
れたという事実。三葉との間の出来事はやっぱり幻覚だったのか、三
葉の記憶も徐々に薄らいでいく。そして、名前すら忘れかけている中
で、瀧はひとつのアイデアを彼女に伝えようとする。

過去と現在・時間と次元を交錯させつつ、宇宙の法則を超越した“人
の思い”の強さは、死をも跳ね返すエネルギーを持つと訴えていた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                   「君の名は。」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160829

          を参考にしてください。
==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

今までほとんど見たことがなかったけれど、急に目が離せなくなった
「SMAPxSMAP」。前回放送分では解散騒動以来初めて、収録に5人が一
堂にそろいました。

この日のゲストはリオ五輪柔道金メダリストのベイカー茉秋。「世界
に一つだけの花」が初めて買ったCDというベイカーに皆一応感謝して
います。

中居が司会の、彼のプロファイルをネタにしたクイズでは、向かって
右端のキムタクがしきりに横にいるメンバーに視線を送るのに、他の
3人は正面を向いたままなのが印象的でした。

特に香取は絶対にキムタクと視線を合わさない。グループの内情が透
けて見えるシーンでした。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/3 作品は
         
            「アスファルト」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。