映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

グランド・イリュージョン こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/08/27

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/8/27 Vol.1779    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
    「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」  です。

手のひらから手の甲、指先から袖の中、そして手から手、時には足ま
で使ってカードを飛ばしキャッチする。動体視力を試されているかの
ような目まぐるしいカードの動きは、一瞬でもスクリーンから目を離
すとついていけなくなる。物語は、罠に落ちたマジシャングループが
挑む窮余の大勝負を描く。あらゆるマジックは視覚を欺くトリック、
周到な準備とタイミング、強じんな精神力と役者並みの演技力が必要
とされる。そんな能力を身につけた男女が見せるマジックの数々は壮
大な劇場型ショーに昇華されていく。敵か味方か最後まで立場を明か
さないサブキャラのおかげで謎が謎を呼び、短いショットの連続でヤ
マ場が凝縮された映像は、息もつかせぬスピード感にあふれていた。

巨大IT企業のイベントでプライバシー侵害を告発しようとしたホース
メンの4人組は、逆にエンジニアのウォルターに身柄を拘束され、新開
発のチップを手に入れろと命令される。

NYのビルから脱出したはずなのに、着地したのはマカオのレストラン。
そのサプライズも冷めやらぬままチップを奪う手順を考えるホースメ
ン。1枚のカードを自在に操れるようになるまで練習する姿は、一流の
マジシャンだからこそ失敗しなくなるまで鍛練を重ねていると訴える。

また、厳重なセキュリティを破ってチップを盗み出すシーンはスリリ
ングかつコミカルで、マジックの肝は人間の注意を逸らし思い込みを
利用することが一番重要であると教えてくれる。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

       「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160730
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「ペット」です。

首輪をつけて飼い主の言いつけを守っているからこそ快適な生活が保
障されている。だが、一度その身分を失ってしまうと世間は冷たい。
ある種の人間や動物は悪意を抱いて襲いかかってくる。物語は安全地
帯から飛び出した2頭の飼い犬が次々と敵意に遭遇しながらも飼い主の
元に戻るまでの冒険を描く。捕獲棒を持った保健所職員と人間を恨む
捨てペット集団。それら2つのグループにつけ狙われる犬たちの、最初
はいがみ合っていたのに協力して危機を切り抜けていくうちに固い友
情で結ばれていく過程は、相手をよく知り理解することが他者との良
好な関係を築く第一歩であると教えてくれる。飼い主が出かけた後の
ペットたちが急に態度を変えて思い思いに振る舞う姿は「トイ・スト
ーリー」のようだ。

拾われた雑種犬・マックスの部屋に大型犬のデュークがやって来る。
マックスとデュークはケンカするうちに街で迷子になり、野良犬狩り
にあって檻に入れられるが、野良ウサギのスノーボールに救出される。

飼い主に飽きられ棄てられたペットたちを集めた地下組織のリーダー
であるスノーボールは、飼い主を噛み殺したと言うマックスとデュー
クを歓迎する。しかし、ほどなくウソがばれ2頭は裏切り者としてスノ
ーボールたちからも追われる羽目になる。

このあたり、様々な動物の特徴をデフォルメした動きがコミカルかつ
スピーディで、鮮やかな色遣いと共に目を楽しませてくれる。

       お勧め度=★★(★★★★★が最高)

               「ペット」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/2016026

          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

錦織ばかりが脚光を浴びる日本のテニス界ですが、プロになったもの
のほとんど食っていけない現実と闘っている選手の人生を描いた「テ
ニスプロはつらいよ」を読みました。

レポートされているのはATPランキング200位台〜300位台を行ったり来
たりしている無名選手。一応プロなのでトーナメントツアーに出て賞
金を稼いでいます。

ただ、昨年の賞金獲得額は16000ドルほど。ランキング100位以内に入
らないと専業で生計を立てられない世界、スポンサーがついても海外
遠征にかかる費用を差し引いたら実質赤字です。

成功を夢みて努力する姿は美しい。でも、引退後を考えると早めにあ
きらめる勇気を持つのも大切だと感じました。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/1 作品は
         
       「セルフレス/覚醒した記憶」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。