映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ヒマラヤ こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/07/30

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/7/30 Vol.1772    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
        「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」  です。

落石、雪崩、滑落、猛吹雪、低酸素、極寒。ひとつ間違えれば死が待
つ極限状態の中で、登山家たちは人生の答えを求めて頂上を目指す。
だが、不運にも遭難した者は生きて下山できない。物語はヒマラヤの
8000メートル級高峰全制覇の夢破れ引退した男が、愛弟子の亡骸を回
収するために再びピッケルを握る姿を描く。カネや名誉が目的ではな
い、むしろ登頂するよりも危険を伴う。それでも主人公は礼儀をまっ
とうしようとする。かつての同志と雪原を歩き絶壁を登り暴風雪に挑
む映像は、大自然の厳しさを体感させる圧倒的なリアリティ、登山家
にとって一番大切なものは仲間同士の絆であると教えてくれる。

緊急出動したホンギルは大学生のムテクとジョンボクを救出。数年後、
ホンギル率いる登山隊にムテクとジョンボクが志願、2人はホンギルの
シゴキに耐えて入隊を認められ、カンチェンジュンガ遠征に参加する。

共倒れにならないためにザイルを切る。二次被害を防ぐために自制す
る。パーティ全員が一心同体であると同時に、生還の可能性が高い者
から順に救い、低い者をあきらめざるを得ない決断を迫られる時もあ
る。仲間を失う悲しみ、それは家族に先立たれるよりもつらい出来事
であると、妻の反対を振り切って山に登るホンギルの背中は語る。

全人格的にお互いを信頼し合う登山家たちのチームワークを示すシー
ンの数々は、人間関係を何よりも重視する韓国人のメンタリティが前
面に押し出され、熱量が非常に高い。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

           「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160622
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
            「ヒップスター」です。

そっとしてほしいのになかなか放っておいてもらえない。だから、好
意を踏みにじり期待を裏切る。そして、そんな自分を一番嫌っている
のも自分。物語は人生に絶望したミュージシャンが家族や友人の支え
で希望を取り戻すまでを描く。母の死を悼み深く後悔しているからな
のか、新曲が作れないストレスからなのか、とにかく現実逃避ばかり
考えている主人公の行動は極めて不愉快。臆面もなくふがいなさとわ
がままをさらし続けるのは、心の中の“聖域”にだけは触れられたく
ない防衛本能なのだろう。SNSで簡単につながることができる時代にお
いて、電話にすらほとんど出ない彼の世間への処し方が新鮮だった。

ヒット曲を1曲出したきりのブルックは、自称マネージャーのクラーク
の献身にも素っ気ない。ある日、母の遺灰を散骨するために3人の姉妹
と父が訪ねてくる。だが、父は顔を見せようとはしなかった。

姦しい姉妹たちのおかげで少しずつ元気になっていくブルック。ホー
ムビデオに収められた一家の仲睦まじい記録が、失くしていた感情を
思い出させる。それでもクラークのアートを根底から否定するなど、
他人を慮る気持ちまでには至らない。せっかくうまく回り始めたのに
また逆戻り、徹底的にダメ男になろうとするブルックの甘ったれた態
度は、弱った魂のSOSのよう。

音楽の臨時教員として子供たちに接するときに見せる笑顔が、母と姉
妹以外の理解者を拒んできたブルックの孤独を象徴していた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

               「ヒップスター」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160706

          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

イチローのメジャー3000本安打達成が間近に迫っています。でも、彼
の起用は監督の采配次第、先発だったり代打だったりベンチを温める
だけだったり。

他の選手との兼ね合いもあるのでしょうが、イチロー自身はいつでも
打席に入れるように準備は怠りません。

でも、わざわざ3000本安打の瞬間を生で見ようと思って球場まで駆け
つけたファンにとって、彼の出番がない試合だったら悔しくて眠れな
いはず。とくに“イチ・メーター”で応援し続けている女性。

彼女はどうやってイチローを追っかける時間と資金を作っているので
しょうか。最近はそちらの方が気になって仕方がありません。。。

==============================================================

      次回配信予定は8/4 作品は
         
           「ターザン:REBORN」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。