映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

WE ARE YOUR FRIENDS こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/06/25

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/6/25 Vol.1762    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
                「WE ARE YOUR FRIENDS」  です。

じっくりと聴かせるわけではない。希望や不満といったメッセージも
必要ない。ただ、ダンスフロアの熱狂に訴えかけるビートがあればい
い。映画は、音楽をスタイリッシュでエッジの効いた映像で可視化し、
言葉とデータで説明する。特に、踊っている人々の心拍数にリズムを
合わせるのが肝要であるとの丁寧な解説は相応の理解を促す。物語は
Electric Dance Music=EDMのDJを目指す青年の成長と恋、葛藤と挫折
を描く。大学によりも音楽の道を選んだ。プロになれる保証はない。
それでも己を信じ前に進み続ける主人公の体験は、人生にはメンター
となってくれる先達との出会いがいかに大切かを教えてくれる。

修行中のDJ・コールはクラブの楽屋口でカリスマDJ・ジェームズと知
り合う。ジェームズに気に入られたコールは“他人のマネではなく、
オリジナルにこだわれ”とアドバイスをもらう。

ジェームズの薫陶を受けセンスを磨くコール。同時にジェームズの若
く美しい恋人・ソフィーにも惹かれていく。一方で現金収入を得るた
めに不動産屋で働き始めるが、水に落ちた犬を打つような営業に良心
を痛めている。さらに友情を誓い合った仲間たちとも溝ができていく。

チャンスをつかみ走り出したからにはもう昔のままでいられない、そ
んな、青春の終わりと大人への一歩。ストーリー展開自体はありきた
りだが、パソコン1台で簡単に音楽が作れてしまう新しいカルチャーと
してのEDMと、それに陶酔する若者たちの姿が新鮮だった。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

             「WE ARE YOUR FRIENDS」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160407
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
          「二重生活」  です。

よき家庭人であり優秀なビジネスマンであり地元の名士でもある隣人。
だが、彼の一日に密着したヒロインは裏の顔を見てしまう。そして彼
女は、男を監視しているスリルと秘密を知っている優越感にのめり込
んでいく。物語は人間の存在の意味を論文のテーマにした女子大学院
生が、他人の日常を覗き見るうちに己の内面を見つめ直す姿を描く。
最初は緊張したけれど思いがけず意外な展開になり、やがて踏み入れ
てはいけない領域に足を出してしまったと後悔する。素人丸出しの探
偵ごっこは修羅場という現実の前に破綻していくのだ。その過程で、
人間とは、いやあらゆる物体や現象は、他者に認識され客観視されて
初めて存在の意味を持つとこの作品は教えてくれる。

篠原教授から“理由なき尾行”を提案された珠は、豪邸に住む石坂を
対象に選ぶ。ところが、有能な編集者として現場を切り盛りし妻子を
大切にしている石坂は、デザイナーの女と密会を繰り返していた。

石坂と愛人が食事中に石坂の妻が乱入、珠は愛人を追う。なんの偽装
もしていなかった珠はあっさり愛人に後をつけていたのを見破られる。
さらに石坂にも気づかれ、妻に頼まれたと誤解される。無防備で軽率
な振る舞いを責められ返す言葉もない珠。篠原に助けを求めても連絡
がつかない。進退窮まった珠は石坂にすべてを打ち明ける。

深いところは空っぽのままと言う珠の、本心をさらけ出せる相手が同
棲恋人ではなく石坂だった皮肉が、彼女の孤独を象徴していた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「二重生活」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160326

          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

イギリスの国民投票でEUからの離脱派が多数を占めました。今後様々
な手続きを経て正式に脱退した場合、残留派が多いとされるスコット
ランドの動きが気になります。

2年前、独立を問う国民投票でかろうじてイギリスに残ったが、また独
立して独自にEUに加盟しようという動きが出るに違いありません。

そうなったらイギリスの国名は今の「グレートブリテンと北アイルラ
ンド連合王国」から「イングランド・ウェールズと北アイルランド連
合王国」に変わるのでしょうか。

また新たな国境と国名が加わるかもしれない、高校時代に使っていた
世界地図はもう役に立たなくなりそうです。。。

==============================================================

      次回配信予定は6/30 作品は
         
         「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。