映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ロイヤルナイト こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/06/04

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/6/4 Vol.1756     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
                 「ロイヤルナイト」  です。

今宵を逃したら一生解放感を味わえない。規則だらけの宮殿暮らしは
若さと好奇心を持て余すプリンセスたちにとっては籠の中の鳥と同じ。
国民がひとつになって狂喜乱舞する一夜だけでも“普通の女の子”と
して過ごしたい。物語は対独戦終結日を迎えたロンドン、王女姉妹が
お忍びで街に出て、様々な出会いと小さな冒険を体験、少し成長する
姿を描く。奔放な妹は大群衆の中に足を踏み入れ、几帳面な姉ははぐ
れた妹を探すうちに謎めいた若者と知り合う。誰も敬礼しないし身の
回りの世話もしてくれないけれど、名もなき市民という“贅沢”を楽
しむ彼女たちの笑顔は、王族も特別な人間ではないと訴えていた。

欧州戦線の勝利を祝うパーティから抜け出したエリザベスとマーガレ
ット。誘われるままにバスに乗ったマーガレットを追うエリザベスは、
無賃乗車したところをジャックと名乗る空軍兵に助けられる。

エリザベスはジャックの卑屈な態度の裏に、上流階級への憎しみがこ
もっていると気づきつつも、彼に頼らざるを得ない状況になる。壁の
ない家で食事する夫婦、崩れ落ちた建物の脇で客を引く娼婦、こんな
めでたい夜でも生きるために必死な人々を見てエリザベスはわが身が
いかに恵まれているかを知る。

未来の選択肢がほとんどないからこそ、国民には自分で運命を切り開
いてもらいたい。国民あっての王族であると、君主の心得を学んでい
く。ギターの代わりに缶詰を使うシーンが笑えた。。。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                「ロイヤルナイト」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160428
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「素敵なサプライズ」  です。

喜怒哀楽を殺して過ごしてきた男は、母を看取った後、自死を試みる。
なかなか果たせず困っていた時に見つけた“旅立ち”を後押ししてく
れる代理店。物語は、苦痛を感じることなく死なせてくれる会社と契
約した主人公が、魅力的な女と出会って世界の素晴らしさに目覚めて
いく過程を描く。貴族の末裔で大豪邸に住み周りは皆使用人の環境で、
父の事故死の哀しみから立ち直れないまま大人になった彼は、自分の
体と心なのにその実感が持てずにずっと実社会から疎外感を受けてき
た。そんなとき初めて結んだ1対1の対人関係。細い糸でもいい、利害
抜きにつながっているという思いが彼に希望をもたらしていく。安楽
死を認めている国ならではのブラックユーモアが満載された映像は、
人は何のために生きるのかを考えさせられる。

いつ「その時」が来るかわからない“サプライズコース”を選んだヤ
ーコブは、何も起きない事にいら立っていた。ある日、自殺ほう助会
社で言葉を交わしたアンネから電話、ヤーコブは彼女に会いに行く。

アンネも「その時」を待っていると知ったヤーコブは彼女と行動を共
にするうちに、徐々に感情を取り戻していく。最初は運命の理不尽さ
に怒り、アンネを大切に思う気持ちが芽生えのだ。

だが、延期を申し出ても拒否され、ふたりは殺し屋たちから逃げる羽
目になる。誰かのために動き役に立つ、常に仕えられる側だったヤー
コブは、それが人間にとって最大の喜びであると学ぶ。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「素敵なサプライズ」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160603
               
          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

嘘をついているのは誰だ!? 北海道の置き去り男児が無事見つかりま
したが、事件の全容は依然謎だらけです。

まず、10キロ離れた自衛隊演習小屋までどうやってたどりついたのか。
どうやって小屋を見つけたのか。そもそも7歳の子供にその距離を歩
く体力はないはず。

しかも6日間食料を食べていない。よほどの肥満体でない限り水だけ
では栄養失調で餓死します。

実体が明らかになるにつれ、子供のプライバシー保護の観点からA君
と呼ばれるようになるのは時間の問題でしょうね。。。

==============================================================

      次回配信予定は6/8作品は
         
     「シチズンフォー スノーデンの暴露」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。