映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ディストラクション・ベイビーズ こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/05/26

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/5/26 Vol.1753    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
        「ディストラクション・ベイビーズ」  です。

怒りではない。憎しみでもない。ただ出くわした男にケンカを吹っか
ける。ぶちのめされ踏みつけられても立ち上がり、相手が音を上げる
まで絡み、戦意を失っても拳を振るい続ける。物語は破壊衝動を抑え
られない男の彷徨を描く。ボコボコにされても笑顔を見せ、その不気
味さにはヤクザでさえひるむ。完全にキレている、いやキレる以前に
回路がつながっていないのか、箍の外れたターミネーターのように敵
と決めた人間にはとことん付きまとう。彼の、理性も感情も超越し共
感も理解も拒絶した道を堂々と歩む姿は、孤高のヒロイズムすら漂わ
せていた。まったく新しい感覚の凶暴な衝撃に、身も心も震えた。

繁華街に出てきた泰良は誰彼かまわず殴りかる。泰良にシャツを取り
上げられた裕也は、何者も恐れない肝の太さにほれ込んで共闘を持ち
かけ、“ノックアウトゲーム”と称して商店街の人々を襲い始める。

女か弱者にしか手を出さない裕也。もはや反撃してきそうな通行人が
いなくなった泰良。裕也は街のパニック状態を動画サイトにアップし、
彼らの狼藉は拡散する。さらに居合わせたキャバ嬢を奪ったクルマに
監禁して逃走を図る。だが、泰良はそんな裕也の浅知恵など眼中にな
く、ひたすら獲物を物色している。

やり場のない不満の爆発とか、世間への歪んだ恨みとか、わかりやす
い理由はない。泰良の行動原理を一切説明しない潔さが、血濡れの映
像を至高のアートに昇華していた。

       お勧め度=★★★★(★★★★★が最高)

                「ディストラクション・ベイビーズ」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160524
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
             「ファブリックの女王」  です。

斬新なデザインの服とライフスタイルを提案し、第二次大戦後の女性
に圧倒的な影響を与えた実業家。彼女は自ら先頭に立って働き続けて
男社会からの解放を体現する。物語は、世界的ファッションブランド
を立ち上げた女の波乱万丈の半生を描いた演劇で、彼女に扮した女優
の内面の変化を追う。天才的ひらめきと行動力で事業を拡大しつつ、
思い込んだら一歩も引かない頑固さで家族から見放されていく。そし
て、従業員すべてが幸せに暮らせる理想郷創設に奔走する姿は、壮大
な夢想家でもあった彼女の常人では計り知れない器の大きさを象徴す
る。そんなヒロインに同化していく女優の固い決意がこもったまなじ
りは、毀誉褒貶の激しい人生を追体験する期待と不安に満ちていた。

「マリメッコ」創業者・アルミを演じるマリアは役作りに没入し芝居
にのめり込んでいくうちに、アルミの人格を共有するようになる。そ
れは成功の陰で夫や息子とは折り合えなかったアルミの苦悩だった。

私生活ではとやりたい放題で、特に愛人と食事中に夫の不倫現場に出
くわすと、自分のことは棚に上げて夫を責めるなど、精神も不安定だ。
また気分次第で経営方針も変わる上、稼ぐ以上の浪費癖も治らない。
さらに愛人に愛想をつかされると自殺を図ったりするなど、経営者で
あると同時に女の弱さも見せる。

そのあたり、舞台だから当然なのだが、アルミ役のマリアが芝居がか
っていて、アルミの伝記映画として入り込めなかった。

       お勧め度=★★(★★★★★が最高)

               「ファブリックの女王」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160317
               
          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

芸人の猫ひろしが、リオ五輪のマラソンのカンボジア代表に内定した
そうです。

自己ベストタイムは2時間20分台、日本では話にならないレベルですが、
カンボジアでは立派な記録です。

もし、金メダルではなく五輪出場が目標ならば、今後も競技レベルの
低い国に国籍変更する選手が増えるのではないでしょうか。

いずれにせよ、一国の代表として恥ずかしくない走りをしてもらいた
いものです。。。

==============================================================

      次回配信予定は5/28作品は
         
         「デッドプール」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。