映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

見えない目撃者 こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/03/31

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/3/31  Vol.1739    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
          「見えない目撃者」  です。

視力を失って3年、光のない暮らしは彼女に鋭敏な感覚と深い洞察力を
身につけさせた。小さな音も聞き洩らさない耳、かすかなにおいをか
ぎ分ける鼻、わずかな空気の流れも感知する触覚。そこから得た情報
を記憶し分析する能力は晴眼者の盲点を突く。物語はそんなヒロイン
が異常な精神の犯罪者に遭遇し、命を狙われる姿を追う。クルマと人
の衝突を感じた。刑事は“目撃談”ではないからと信じない。それで
も彼女の言葉が本物だと証明されると事態はにわかに動き出す。ハン
ディキャップの中逃げ隠れ走り反撃する過程で、スマホ機能の活用術
と不利を有利に逆転させる機転が、スリルとサスペンスを盛り上げる。

盲目になったシャオシンは、雨の夜に乗ったタクシーが事故を起こし
たのを察知するが、運転手は犬をはねたと言ってその場を去る。シャ
オシンは警察に通報、新たにリン・チョンという目撃者も現れる。

シャオシンとリン・チョンの証言をもとに捜査を進めるルー刑事。そ
の間にも先手を行く犯人の魔手はリー・チョンとシャオシンに伸びる。
一方で警察もスマホの通信記録からひき逃げ犯と女子大生連続失踪事
件のつながりに気づく。リー・チョンが襲われた後、ひとりでは身を
守れないシャオシンの背後にちらつく犯人の影。弟妹を自らの手で死
に至らしめた共通点が、さらに犯人の執着をシャオシンに向かわせる。

このあたり、メスを手にした犯人の前例のない犯行と歪んだ動機に、
とらえどころのない戦慄を覚えた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                「見えない目撃者」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160212
               
          を参考にしてください。




 本日はもう1本
 
         「光りの墓」  です。

夢か現か、時間が硬直した病室ではあらゆるものが現実感を失い、ベ
ッドに横たわる患者たちはみな深い眠りについている。呪いなのか癒
しなのか、少なくとも覚醒していないときは苦しみから解放されてい
る。物語は、眠り病にかかった兵士が収容された病院に介護ボランテ
ィアで訪れた女が体験する不思議な感覚を再現する。まどろむ間は意
識が自由に飛んでいく、死者の魂や睡眠中の兵士の心と交信できる能
力を持つ少女の導きで、ヒロインは生と死が混在する境界線をさまよ
う。長さの違う足を持つ彼女もまた、異世界を覗く素質があり、恐れ
ず冷静に受けとめる態度が障害を持つ人間の生きるテンポを象徴する。

昏睡状態の兵士・イットの世話をするジェンは、目覚めた彼を病室の
外に連れ出す。だがイットは食事中でも映画館でも突然失神してしま
う。病室では新たな“睡眠装置”が導入されていた。

一方、霊能者のケンとも知り合ったジェンも、異界の人々と言葉を交
わす。お供え物をしたお堂に祀られた王女姉妹に、かつて王宮だった
という病院の来歴と、そこは死者が生者の魂を貪る場所だと聞かされ
る。病院の敷地に穴を掘る作業を続けるうちは兵士の眠り病は治らな
い、わかってもジェンには為す術はない。ケンを通じてイットの夢の
中に入り王宮跡を散策しても、そこには手を出せない。

このあたり、現世と異界のイメージが混ざり合い、死者の国は我々の
すぐそばにあると言いたかったのか。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                 「光りの墓」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160329
               
          を参考にしてください。




 本日はもう1本
 
             「バットマン vs スーパーマン」  です。

善と悪、そんなわかりやすい対立構造はもはや通用しない。自身が正
しいと信じている行いも、立場を変われば迷惑な独善。物語は目に余
る破壊で地球人からパワーの制限を要求された異星人と、夜に蠢く悪
党どもに天誅を加える仕置き人の激突を描く。光と闇、神と人間、あ
らゆる点で対照的な両雄は当然並び立たず、お互いが己の自警行為の
妨げになると認識している。正義に敵対するのは別の正義、やがて2人
は宿命に導かれていく。圧倒的なヴィジュアルをスピーディに展開さ
せる映像は瞬きする間も与えてくれず、細部まで作り込まれた情報量
は一度見ただけでは処理しきれなかった。

ゾッド将軍から町を救ったスーパーマンは多くの市民を巻き添えにす
る。その際部下を失ったブルースはスーパーマンへの復讐を誓い、企
業家のレックスが入手したクリプトナイトの強奪を図る。

2人の初顔合わせはあっさり勝負がつく。スーパーマンに一蹴されたバ
ットマンは彼を無力化する武器を開発し、夜空にバットサインを出す。
並行してもケントの恋人・ロイスがレックスの陰謀を追ったり謎の美
女が暗躍したりと、様々な伏線が張り巡らされる。そして二度目の対
決。スーツを鎧にアップグレードしたバットマンは、スーパーマンの
猛攻に耐えながら仕掛けた罠に誘い込み、形勢を逆転させる。

このあたり予想通りというか、これ以外に話の進め方がないのだが、
スーパーマンの流す血が彼の運命を予感させる。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                  「バットマン vs スーパーマン」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160328
               
          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

このあいだ始まったと思ったら、もう選抜高校野球は決勝戦。4月にな
っていないので選手は本来まだ1、2年生です。

20世紀の頃は、決勝戦は4月4日ごろに予定されていて、雨で順延など
があると新学期に食い込んだりしていました。

関西地方は一般的な高校の始業式が4月8日だったから問題ないのです
が、5日から学校が始まる地域もあり、それに合わせたものと思われま
す。

ただ、せっかく紫紺の大旗を手にしても、始業式まであまり日が開く
と、学校での歓迎ムードが冷めているような気がします。。。

==============================================================

      次回配信予定は4/2作品は
         
         「ミラクル・ニール!」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。