映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

虹蛇と眠る女 こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/03/03

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/3/3  Vol.1731     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
          「虹蛇と眠る女」  です。

深夜の徘徊を繰り返す息子。性的に早熟な素行不良の娘。十分な愛情
を注いで育てたつもりなのに、どこで間違えたのか子供たちは親の言
うことを聞いてくれない。そんな姉弟が同時に失踪する。物語は、家
出した子供たちを心配する両親が次第に追い詰められて行く過程を描
く。小さな町の周囲は岩場と砂漠とサバンナが広がる荒野、時間と共
に生存の可能性は少なくなっていく。そして、灼熱の暑さとすべてを
飲み込む砂嵐の中、それぞれが胸に封印していたエゴをあらわにし始
める。娘の心の叫びを薄々感じていたのに気づかないふりをしてきた、
その嘘を娘に見破られてますます混乱していく母親をニコール・キッ
ドマンが熱演する。

田舎町に引っ越してきたマシューとキャサリン夫婦と2人の子供たち一
家は、ぎくしゃくしながらも家族であろうと努力している。だが、唐
突に子供たちは両親を見限って消息を絶つ。

なぜ彼らがいなくなったのか理由を考えようともせず、やみくもに探
し回るマシューとキャサリン。捜査主任のレイにも不信感を抱いてい
る。何よりもう愛し合っていない、キャサリンとマシューはセックス
はしても思いは通じていない。そして彼らが都会を離れた原因が明ら
かになる一方で、娘・リリーの男漁りの噂が耳に入ってくる。

やがてマシューは耐えきれず、リリーと寝た男に暴力をふるう。ふし
だらな娘を持つ父親のやり場のない怒りがリアルに再現されていた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                「虹蛇と眠る女」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160301
               
          を参考にしてください。




 本日本日はもう1本
 
         「シェル・コレクター」  です。

本当に見えないのか、それとも世界に対して目を閉ざしているだけな
のか。南国の小さな島でひとり暮らす貝類学者は、生活物資の補給以
外は外界との接触を絶ち、ひたすら貝を拾い集めて標本にする作業を
繰り返す。繊細な指先は貝殻の形や表面の滑らかさを知覚するが、色
や光沢までは分からない。物語はそんな主人公が、見知らぬ女の不治
の病を癒したことから起きる、静かな日常の破綻を描く。文明社会は
崩壊しつつある。だが女を助けてしまったからには無関係ではいられ
ない。男ははたして人類に残された最後の希望なのか、その役割から
逃げようとする彼の心と行動が静謐なタッチで綴られる。

先生の元に漂着した女が神経毒を持つ貝に噛まれて失神する。ところ
が、目覚めると彼女の全身を覆っていた赤痕と右手の麻痺が消えてい
た。女は先生と無理やり性的関係を持った後に島を去る。

彼女の話を聞いた漁村の有力者が、自分の娘にも施術してくれと言う。
その娘も快癒すると噂はさらに広がって、救い求める人々が島に上陸
する。偶然毒貝の効能にたどり着いただけで先生でなくても治療はで
きるのに、今や彼は教祖のように崇められている。長年離れていた環
境保護活動に熱心な息子もやって来る。

いまや己の肉体はレイプされ聖域は踏みにじられた。貝との対話がほ
とんど唯一のコミュニケーションだった彼にとって、にわかな喧騒は
想像を絶する恐怖だったに違いない。

       お勧め度=★★(★★★★★が最高)

                 「シェル・コレクター」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160302
               
          を参考にしてください。



==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

マラソン女子リオ五輪代表候補の福士加代子が名古屋ウィメンズマラ
ソンを欠場を表明しました。

ソウル五輪の瀬古やバルセロナ五輪の松野明美の頃から一向に改善さ
れていない選考基準に、また一石が投じられた形です。

ただ、名古屋には野口や木崎といった強豪も出場、彼女たちが福士の
優勝タイムを上回ると、福士が落選という事態もあり得ます。

一発勝負の言い訳なしという選考が一番すっきりしますが、各レース
の主催者・スポンサーの都合から不可能。30年近くも迷走したままな
のを見ると、東京五輪でも選考でもめそうですね。。。

==============================================================

      次回配信予定は3/5作品は
         
          「ロブスター」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。