映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ザ・ウォーク こんな映画は見ちゃいけない! 

2016/01/28

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2016/1/28  Vol.1721     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「ザ・ウォーク」  です。

ビルの根元に体を密着させ真上を見上げる。直線的な装飾が施された
銀色の外壁はそのまま天に突き刺さるのではないかと思えるほどはる
かな高みまで伸びている。視界を覆いつくすツインタワーの圧倒的な
威容は人類の英知の結晶に見えた。物語は2棟の超高層ビルの屋上にワ
イヤーをかけ、地上411メートルの綱渡りを成功させた男の半生を顧み
る。サーカスに刺激され独学で技を磨いた少年時代から、大道芸人と
して修業を積んだパリでの青春、そして仲間を募り情報を集めプラン
を練り準備に費やした熱に浮かれた日々。不可能と言われるからこそ
挑戦したい、誰も思いつかなかったからこそ実現したい。壮大な夢に
取りつかれた彼のパッションは魂の自由を象徴していた。

ワールドトレードセンターの雑誌記事に天啓を受けたフィリップは、
恋人のアニー、友人のジャン=ルイらに協力を求める。さらにサーカス
の師匠パパ・ルディにも教えを請い着々と計画を進める。

何日も現場に張り込み、資材の搬入ルートを特定し、内通者を探す。
一方で、ワイヤーを張る手順や補強法など試行錯誤を繰り返す。やが
て決行の日、あらゆる事態を想定していても想定外の出来事が起きる。

映画は自由の女神のトーチ部分に佇むフィリップが、あの頃を振り返
るという設定で描かれる。彼の背後にそびえるツインタワーは、沈み
ゆく夕日を反射させて美しい輝きを放ち始める。その神々しい光景に、
誰もが2機の旅客機が激突し崩壊するニュース映像を重ねるだろう。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「ザ・ウォーク」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160125
               
          を参考にしてください。




 本日本日はもう1本
 
            「愛しき人生のつくりかた」  です。

両親の間には微妙な空気が流れている。親戚たちもカネにいちばんの
興味を示す。夫を亡くしたばかりのおばあちゃんの心を理解できるの
は、文学をたしなむ孫だけしかいない。帰る場所がないならば、子供
のころに過ごした故郷の町に戻ろう。そう決心したおばあちゃんは旅
に出る。物語は、年老いた祖母の寂しさと彼女の面倒を見られない息
子たち、進むべき道を決めかねている孫の三世代の交流を通じ、家族
のあり方を問う。個人主義のパリでも、やはり最後に頼りたいのは肉
親、ところがそれぞれの生活に問題を抱え、おばあちゃんの気持ちは
後回しにされる。老人ホームで最期を迎えたくはない。せめて死に方
は自身で決めたい。そんな彼女に寄り添う孫の優しさが身に染みる。

ひとり暮らしのマドレーヌが倒れ、息子のミシェルは介護施設に入居
させる。その間、ミシェルと兄弟たちはマドレーヌのアパートを売却、
へそを曲げたマドレーヌは孫のロマンに絵葉書を残して姿を消す。

ロマンはマドレーヌがノルマンディーにいると推測し、探しに出かけ
る。その道中、ロマンは、ドライブインのレジのオッサンから含蓄に
富む言葉を引きだしたり、観光案内書のガイドにヒントをもらう。

まだ成長の余地があるロマンには彼の財産になる経験を積ませてやり
たい。マドレーヌはロマンに自分を追わせ、大切な人との運命は見え
ないところで繋がっていて、いかに早くそれを手繰り寄せるかが人生
を豊かにする秘訣だと気づかせようとしているのだ。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

             「愛しき人生のつくりかた」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20160126
               
          を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

今年に入ってから、錦織選手が使っているWilson社製BURNにラケット
を変えました。少し重く感じますが、逆にラケット自身硬度でボール
を弾き返す感覚があります。

以前のSTeamだと、バックに差し込まれるときちんとコントロールでき
なかったのすが、BURNは手首の返しだけでとりあえず相手のコートま
でボールは飛んでいきます。

最大の利点は、ストロークやサービスなど、思いっきりラケットを振
った時にボールのスピードが増したこと。スピンも適度にかかり、深
いボールが打てます。

今年はもっと錦織のテクニックを盗んでゲームで生かしたいと思いま
す。特にドロップショットを。。。

==============================================================

      次回配信予定は1/30作品は
         
      「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。