映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

起終点駅 こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/11/07

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/11/7  Vol.1701     ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「起終点駅」  です。

離れて暮らす妻子を裏切った。2度も愛した女を救えなかった。深い罪
の意識ゆえ己を罰するかのように他人と距離を取り、25年間も息をひ
そめてきた男。もう誰にも恨まれてはいない、もう許されている、に
もかかわらず彼は義務であるかのごとく自らを孤独に追い込む。そん
な時、目の前に現れたひとりの若い女。物語は北の外れの町を舞台に、
国選弁護人のみを引き受ける年老いた弁護士の再生を描く。若き日の
過ち、遠い日の後悔、それらを抱えてながらも日々の生活と対峙して
いかなければならない。どれだけ人間関係を避けていても、やっぱり
人間はひとりでは生きていけないのだから。

旭川で裁判官を務める完治は被告人となった元恋人・冴子と法廷で再
会する。完治は冴子とやり直そうとするが、駆け落ちの日に冴子は命
を絶つ。以後ずっと、完治は釧路で小さな法律事務所営んでいた。

裁判所で息子の同級生だった男から息子の消息を聞かされる完治。幼
いころの写真しか持っていない、今更合わせる顔もなく、このまま死
んでいくのだと完治は予感している。それでも、一日たりとも忘れた
ことはない。耳をふさぎたい、でも息子がどんな人生を送ったのかを
知りたい、そのあたり、家族を捨てた父親の繊細で微妙な心を佐藤浩
市が抑制の効いた演技で表現する。

同時に、彼に付きまとう元依頼者・敦子の笑顔が完治に少しずつ感情
を取り戻させる。それが無理に作ったスマイルと分かっていても。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                   「起終点駅」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150929
               
          を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
         「クライムスピード」  です。

もう絶縁したつもりだった。二度と会わないと思っていた。だが、簡
単には切れない兄弟の絆。不幸な家庭で生まれ育ち、兄だけが自分を
守ってくれる唯一の存在、悪事の片棒を担がされ貴重な時間を無駄に
したのに、やっぱり頼みは断りきれない。物語は、まっとうに生きよ
うとする男が、服役を終えて帰ってきた兄に再び悪の道に引きずりこ
まれていく姿を描く。強引に話を進められ気が付いたときにはもう後
戻りできない。 “義理”という名の底なし沼に足を取られ、なんとか
抜け出そうとする主人公の葛藤と逡巡と後悔がリアルに再現されてい
た。根は真面目な善人、にもかかわらず犯罪に手を出さざるを得ない、
そんな彼の優柔不断さが人間の弱さを浮き彫りにしていた。

自動車修理工・ジミーの元に出所したフランキーが現れ、ビジネスの
手伝いを頼む。黒人ギャング2人と共に取引現場に行くといきなり銃声
が響き、ジミーはパトカーに追われた上、愛車を手放す羽目になる。

フランキーは左右に肩をゆすってチンピラ然と歩く。体の線が細いフ
ランキーでは強がってるようにしか見えないのだが、実際刑務所で命
を助けてもらった黒人ボスには頭が上がらず、パシリ扱い。それでも
ジミーの前では兄貴風を吹かせている。ジミーが迷惑なのは分かって
いるが、ジミーを仲間に入れなければボスに殺されるかもしれない。

ジミー以上に危うい立場に追い込まれているフランキーの苦悩を、エ
イドリアン・ブロディが繊細な演技で表現する。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                  「クライムスピード」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150905

              を参考にしてください。 

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

米軍基地問題で国を相手に一歩も退かない沖縄県の翁長知事。今まで
の沖縄県知事は基地問題を交渉材料にして政府からカネを分捕るのが
仕事だっただけに、一味違います。

反対派の人々は、本土から来た活動家に煽られているとばかり思って
いましたが、沖縄に基地が要らないと考えている人がこれほどいると
は思いませんでした。

ただ、このままでは政府からの交付金・助成金なしで沖縄県民の生活
が成り立つのか心配です。

円安の昨今なら強気でいられても、円高になってグアムやサイパンに
観光客を奪われたらどうするのだろうか。。。。

==============================================================

      次回配信予定は11/12作品は
         
        「グラスホッパー」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。