映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ピクセル こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/09/17

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/9/17   Vol.1688    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
              「ピクセル」  です。

二次元のモニターに映る敵を撃ち落とし、丸呑みし、障害を飛び越え
た。指先を駆使してステージをクリアする速さを競った。そして勝者
は尊敬を集めた。あれから30数年、小銭片手にゲーセンで磨いた腕は
社会では役に立たず、今では冴えない大人に成り果てた。映画はそん
なオッサンたちが侵略に来たエイリアンとレトロゲームで対戦する姿
を描く。前後左右上下、あらゆる方向から襲ってくる敵を光子銃で迎
え撃ち、負けるとキューブ化されるリアル戦場で、彼らは水を得た魚
のごとく暴れ回り、昔編み出した技で地球を守る。少年のころの夢が
叶った楽しそうな表情が、過ごしてきた辛く長い時間を物語る。1位に
なり損ねたオタクは、女にはモテず負け犬扱いされ続けるのだ。

1982年に打ち上げられた太陽系外惑星向けのカプセル中のゲーム大会
動画を宣戦布告と誤解したエイリアンが、ゲームを模した攻撃を仕掛
けてくる。大統領は幼馴染のサムを呼び出し、対策を講じる。

触れるものすべてをピクセル立方体化してしまう三次元化したゲーム
キャラに米軍は歯が立たない。タージマハルも攻略される。だが、ロ
ンドンでのバトルで、敵が自分の知り尽くしたキャラだと見抜いたサ
ムは、動きのパターンを読み、急所を撃ち抜いて殲滅する。さらにNY
でのパックマン対決でもかつての宿敵・エディの助力を得て大勝利。

瞬く間に世界を救ったヒーローとなったサムの、このままでは終われ
ない、もう一度人生を取り戻そうとするプライドがいじらしい。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                   「ピクセル」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150914

                を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
           「黒衣の刺客」  です。

音もなく忍び寄り匕首の一閃でのどを掻っ切る。気配を消して梁の上
に張り付き、羽根のように着地する。剣、矢など、あらゆる攻撃を眼
前で見切り、紙一重でかわす。圧倒的な身体能力を持つ刺客、だが彼
女は非情になりきれない。物語は地方を治める権力者の殺害を命じら
れたヒロインが己の弱さと葛藤し、人の心を取り戻していく姿を描く。
ターゲットは暴君といえども心身共に休まる暇がない。そんな男でも
かつては将来を約束をした仲、何度もチャンスがありながら彼女は見
逃してしまう。登場人物は多くを語らない、人間関係も説明されない。
スタンダードサイズに切り取られた画面は、その小さな枠からはみ出
した空間で起きている出来事と、言葉にならない思いを想像させる。

女道士の下での修行を終えた隠娘は魏博の節度使・田季安を暗殺する
ために故郷に返される。ところが季安の家族を前に隠娘の決意は鈍り、
とどめを刺せない。隠娘は婚約の印である飾りを残して去る。

草原から密林、雲が沸き立つ切り立った崖の上。それら自然が織りな
す絶景と、篝火やろうそくのやわらかな光に包まれた室内。カメラが
再現する隠娘の見た光景は、非常にヴィヴィッドで直接感覚に訴えか
ける美しさだ。その陰では欲望や嫉妬・怒りや恨みといったドロドロ
とした感情が渦巻き、じっくりと撮影された耽美な映像と対を為す。

ストーリーテリングにおいてミニマルに徹する表現主義は省略の美学
の極致、理解するのをあきらめて感じることに集中すべき映画だった。


       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                  「黒衣の刺客」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150915

              を参考にしてください。 

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

暑くもなく寒くもない日、いつもの缶コーヒーを常温で飲みたくてコ
ンビニに寄りました。

最初に入ったセブンイレブンで「冷やしても温めてもいないのをくれ」
と頼むと、全部冷蔵庫か加温器に入れたという返事。

仕方なく向かいにあるファミリーマートに行くと、ここの店員さんは
すぐに倉庫まで常温の缶を取りに行ってくれました。

セブンイレブンの店員にとって、ちょっとバックヤードに行くだけの
ことがそんなに面倒くさいのだろうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/19作品は
         
        「カプチーノはお熱いうちに」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。