映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

死霊高校 こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/08/27

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/8/27   Vol.1682    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
             「死霊高校」  です。

アメフトの花形選手で、自分はイケていると思っている少年は、片時
もビデオカメラを手放さずクラスメートにちょっかいを出し続ける。
先生を小バカにし、真面目に頑張る友人を見下し、笑えないいたずら
で周囲を困らせて面白がるなど、何をしても許されると勘違いしてい
る。そんな、ホラー映画では決して生き残れないタイプのキャラが不
快感をまき散らし、彼がどんな断末魔を迎えるのか期待が膨らんでい
く。物語は高校演劇の上演を妨害するために深夜の学校に忍びこんだ
生徒たちが体験する恐怖を描く。

20年前に死亡事故を起こした「絞首刑」再演の主役・リースは演技に
身が入らず、悪友のライアンに公演を中止させようと唆される。2人は
ライアンのガールフレンド・キャシディと舞台のセットを壊し始める。

3人は校内でリースの相手役・ファイファーと合流するが、開いていた
はずの非常口が閉まったまま動かなくなり、スマホも圏外、助けも呼
べず外部から孤立する。脱出口を探して校舎内を歩き回るが、ドアも
窓もすべてロックされている。さらに怪しい人影が蠢く。

この作品ではハンディカメラだけでなく、スマホの動画撮影機能も使
い、4人が直面する状況が多面的に表現される。そこに映っているのは
邪悪なことであるのは間違いない。それでもつい見たくなるのが人間
の好奇心。命の危機が迫っても、いや殺されても録画ボタンを放さな
い彼らの強固な意志には、ある意味悪霊以上の執念を感じた。。。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                   「死霊高校」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150819

                を参考にしてください。




 本日はもう一本
 
           「ナイトクローラー」  です。

あくなき向上心を持ちながら社会からそっぽを向かれ、孤独の中で独
自の人生哲学を磨き上げてきた男は、ついに天職と出会う。最初は報
酬目当てだった。だが、スリリングな現場にアドレナリンが噴出する
高揚感を覚え、自分の成果が世の中を騒がしている優越感に浸るうち
に、中毒にも似た快感を得ようと仕事にのめり込んでいく。物語は事
件・事故をいち早くリポートしTV局に売り込む映像カメラマンの歪ん
だ日常を描く。時に法の一線を越え、事実を捻じ曲げ、人の死すらカ
ネに換えていく主人公を、ほおがこけ目玉をむき出しにしたジェイク
・ギレンホールが怪演。良心やモラルの欠如の果てにつかんだ“成功”
が放つ強烈な腐臭をスクリーンから漂わせていた。

求職中のルイスは交通事故現場のカメラマンからTV局が映像を買って
くれると聞き、ビデオカメラと無線傍受器を手に入れ開業する。カー
ジャックの衝撃場面をニュースディレクターのニーナに持ち込む。

規制線や制止を振り切ってカメラを向けると同業者より過激な画が撮
れる。それ以上に、警察に先んずれば圧倒的に出し抜いた報道ができ
る。助手を雇い高速車に乗り換えたルイスは、人々が寝静まった真夜
中のLAでネタを追う。

昼間とはまったく別のルールで動く深夜稼業の実体がリアルだ。時間
の経つのが早いと感じるが、それは不要な感覚が闇に遮断され目の前
の出来事に集中できるから。そんな夜の空気が濃密に再現されていた。

       お勧め度=★★★★(★★★★★が最高)

                  「ナイトクローラー」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150824

              を参考にしてください。 

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

先日、神奈川県湘南の江の島に行ってきたのですが、ギャルが多くて
びっくりしました。江島神社までの道のりは結構急な階段を上がるの
でかかとの高い靴では歩きにくいはず。

島内は神社の関係者か観光客相手の宿泊・飲食・土産物店がほとんど
ですが、中には普通の民家もあり、路地の奥からは生活臭がします。

当然この地に住んでいる子供たちもいるはずで、彼らは遊歩道を渡っ
て毎日対岸の学校まで徒歩で通っているのでしょう。

なんか羨ましい気もしますが、毎日となるとやっぱりかったるいかも
知れませんね。。。

==============================================================

      次回配信予定は8/29作品は
         
          「バレエボーイズ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。