映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

天才バカヴォン こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/05/23

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/5/23   Vol.1659    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は
 
     「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」  です。

あのオッサンの本名はいったいなんというのか。聞き出そうとした者
はみなパ行でしゃべり使い物にならなくなる。その任務に白羽の矢が
立ったのは、天国に召される直前に自らを死に追いやった人々への強
い恨みを思い出し、悪魔となった少年。物語は悪の組織に操られた少
年が、常識をはるかに超越した男と彼の家族と交流するうちに優しさ
を取り戻していく過程を描く。少年が本性をむき出しにしたとき世界
は崩壊に向かう。阻止できるのは、不可能に挑戦し続ける不屈の魂を
持つオッサンと他人を疑わない純粋な息子だけ。ナンセンスなギャグ
の波状攻撃がこの世のあらゆる不幸を一蹴する。

秘密結社のスーパーコンピュータは、ただひとりバカボンのパパの名
前を入力できず正常に作動しない。総帥のダンテは地獄からネロとパ
トラッシュを召喚、パパの名前を探るためにバカボンに接触させる。

バカボンの登場人物のみならず、「フランダースの犬」そのままのネ
ロとパトラッシュもFROGMAN調の平面的な描かれ方をする。それは、憎
しみと怒りを抑制しているネロの気持ちを簡単に裏返らせる効果があ
る一方、パパとバカボンが繰り出す数々の一発芸に深みを持たせる。

アニメ界でもCGと3D化が進むなか、手作業的な絵の動きが紙芝居に似
たアナログな雰囲気を醸し出していた。そして繊細な感情を単純な変
化で表現する手法は赤塚不二夫のテイストを残し、ネロやダンテなど
の異物とも無理なく共存をはたす。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

              「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150515

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

       「私の少女」  です。

傷心のまま左遷された女は排他的な村人たちの中で孤立していた。彼
女が出会ったのは父と祖母から虐待を受けている少女。2人はお互いの
傷をなめあうように一緒に暮らし始める。物語は寂れた漁村にやって
きたキャリア婦警が少女の父との対立を深めていく中で、抜き差しな
らない状況に追い込まれる姿を描く。その過程で明らかになる婦警の
過去と少女の闇。人間関係の適切な距離感がわからずに同居する彼女
たちが、感情をぶつけ合い葛藤する。それでも、完全に胸襟を開くの
ではなく、どこかに相手が踏み込めない領域を設け死守している。似
た者同士の彼女たちの繊細にねじれた心情が濃やかに再現されていた。

所長に赴任したヨンナムは、養父のヨンハから折檻されているドヒを
保護する。ヨンハは警告されても耳を貸さず、ヨンナムは夏休みの間
ドヒを預かる。ドヒの背中には生々しい打撲痕がついていた。

事業で収益を上げているヨンハは村人たちは一目置かれていて、ヨン
ハはやりたい放題。ドヒの問題だけでなく、不法就労者とのトラブル
を抱えているため、ヨンナムは後に引けなくなっていく。一方でヨン
ハはヨンナムがソウルで起こした不祥事の原因を知り、逆襲に出る。

女性の社会進出が遅れている地方の警察署、ただでさえ“若い女所長”
ヨンナムは注目されている。そんなヨンナムが足元をすくわれた時、
男たちが彼女に向ける軽蔑と好奇心と嘲笑が入り混じった冷たい視線
に、警察という男社会における女の生きづらさが凝縮されていた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                「私の少女」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150522

    を参考にしてください。
                      
==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

スポーツデポという大型スポーツ用品店で買い物をしたのですが、少
額だったのでポイントと交換しようと思いました。

その店はいつも会計時に「Tポイントカードはございませんか」と声
をかけてくる加盟店。ポイントは問題なく使えるはずです。

にもかかわらず、交換はできないと言われました。仕方なく現金で支
払いましたが、きちんとポイントは加算されました。

えっ??? 貯めることはできても使えない!? こんなポイントに意
味はあるのだろうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は5/28、作品は
         
        「ピッチ・パーフェクト」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。