映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

陽だまりハウスでマラソンを こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/03/21

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/3/21   Vol.1644    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

       「陽だまりハウスでマラソンを」  です。

もちろん職員は精一杯面倒を見ようとしてくれる。医師たちも健康に
細心の注意を払ってくれる。清潔な建物と管理の行き届いた生活、気
力も体力も衰え、ただ安らかな最期を望むものには申し分のない施設。
しかし、弱った妻のために仕方なく入所した主人公にとっては息苦し
い牢獄だ。物語は、かつての五輪マラソン金メダリストの、老体に鞭
打つフルマラソンへの挑戦を描く。理解してくれるのは妻だけ、周囲
の制止も聞かず嘲笑も受け流しひたすら己の道を進もうとする姿は、
信念こそが人間を強くし、人生を豊かにすると訴える。加えて、高齢
者の個性や能力の差を認めない管理者側の姿勢にも鋭いメスを入れる。

妻と共に老人ホームに転居したパウルは、退屈な日課に耐えられずベ
ルリンマラソン出場を宣言、トレーニングを開始する。だが、指導職
員は規律を乱す行為とみなし、頑固な老人もルール違反と反発する。

ところが、パウルが伝説のランナーだったと知った仲間の老人たちは
彼に共感を寄せ始める。慇懃だが有無を言わせない指導員や所長に対
する不満、それはいつしかパウロへの期待に変わり、老人の気持ちに
寄り添おうとする反抗的な介護職員もパウロを応援するようになる。

一方で、パウロの娘はそんな父に心配と安堵が入り混じった感情と、
トラブルメーカーの疎ましさも抱いている。そのあたり、映画は“夢
を失なわずに頑張っている老人”以上に、深刻で複雑な高齢化社会の
諸問題を浮き彫りする。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                     「陽だまりハウスでマラソンを」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150129

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

        「ワイルド・スタイル」  です。

まだCGもネットもほとんど普及していなかった時代、燃えたぎる魂は
スプレー噴射の文字に昇華するしか表現の手段はない。貧困街で書い
ても誰も注意を払わない、ならば鉄道車両を彩ればメッセージ自体が
移動して多くの人の目に触れる。映画は1980年代初頭のニューヨーク、
地下鉄側面の落書きが主張を持つまでに進化し、アートとして市民権
を得たまさに誕生の瞬間を再現。グラフィティだけではない、ラップ
とDJに合わせてブレイクダンスする“クラブ”の前身のような小さな
ホールの熱気と興奮のなかで、黒人モダンカルチャーの幕開けを宣言
する。エネルギッシュな映像は、彼らの怒りにも似た情熱を活写する。

夜な夜な操車場でグラフィティを印すレイは、ゾロというサインを残
していた。ある日、白人女性記者・ヴァージニアから取材を受けるこ
とになるが、落書きは犯罪行為ゆえに自分がゾロだとは名乗れない。

白人女性がひとりで足を踏み入れるには命がけの覚悟が必要な黒人居
住区域。だが、レイを訪ねてきたと知ると、黒人の子供たちは故障し
たヴァージニアのクルマを押してやったりする。人種間の溝は深くて
も、人間同士相対すれば危害を加えたりしない。差別と偏見を捨て敬
意を払えば、おのずとその先に友情と信頼が生まれてくるのだ。

そして、レイの才能に商機を見出すヴァージニアのような白人がいた
から、黒人カルチャーは“発掘”され革新的なムーブメントになる。
そんな米国の“80年代のリアル”が懐かしい。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                     「ワイルド・スタイル」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20150227

    を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

全国的に暖かい日が続いたせいか、今年は桜前線の北上が例年より早
まっているようです。

満開までにはまだ1週間以上かかりそうですが、そろそろつぼみがほこ
ろび始めている地域もあるはず。

気になるのは京都。この週末に旅行するので3分咲きくらいは期待して
いるのですが、古寺の多いこの街ではライトアップだけでも十分な風
情が楽しめると思います。

でも、スギ花粉が大量に飛んでいそうだから、マスクとメガネは手放
せません。。。

==============================================================

      次回配信予定は3/28、作品は
         
        「がむしゃら」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。