映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

唐山大地震 こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/03/14

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/3/14   Vol.1642    ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

        「唐山大地震」  です。

道路が大きく波打った直後に深い亀裂が走り、輪郭が歪んだ建物は次
の瞬間土台から崩れ落ちる。呆然と立ち尽くす者、我を忘れて走り出
す者、取り乱して泣き叫ぶ者、そんな地獄絵図の中でもコンクリート
片に埋もれた人々を素手裸足で救出しようとする者がいる。映画は直
下型地震にみまわれた街の情景をリアルに再現し、それを体験した人
々の心情を観客に共鳴させようとする。愛する者に死なれた苦悩、生
き残った後悔とわずかな希望、そして見捨てられた絶望。大震災がも
たらした悲劇を大震災で収斂させるストーリーに現代中国の急速な近
代化の歩みを重ねた構成は、壮大な一大叙事詩となっている。

'76年唐山を襲った大地震で、瓦礫の下敷きになったダーとドンの姉弟。
ダーは片腕を切断するが一命はとりとめ、死体置き場で息を吹き返し
たドンは記憶を失ったまま解放軍幹部の養子となる。

二者択一を迫られた母の「弟を助けて」の声は、確実にドンの耳に届
いている。母に選ばれなかった思いがドンから言葉を奪い、心に恨み
の烙印を押したはず。だからこそ恋人の子を妊娠し中絶を迫られたと
きも、「自分はわが子を見殺しにしない」決意が彼女にシングルマザ
ーの道に進ませたのだ。

一方で母は夫と娘を同時に亡くした強烈な悲しみに苛まれて生きてい
るのに、胸にしまいこんでいる。この、ふたりの持つ二種類の喪失感
が非常に繊細で、家族の絆とは何かを考えさせられる。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                     「唐山大地震」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20101218

    を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

今日紹介した「唐山大地震」は、もう4年以上も前に見た作品です。地
震で引き裂かれた家族が再び地震で結ばれるという涙なしでは見られ
ない話で、海外での評価も上々。

前評判にたがわぬ出来栄えで、日本でのセールスプロモーションにも
かなりの予算が組まれていました。

ところが公開直前、東日本大震災が起き、内容があまりにも生々しい
ということで無期限のお蔵入り。当時の映画会社スタッフの気持ちが
にじみ出るサイトが今も見られます。
http://sp.pia-es.jp/tozan/newspc.php?fpage=0

あの当時の前売り券、もし払い戻さずに持っていたら今でも使えるの
かな?

==============================================================

      次回配信予定は3/19、作品は
         
        「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。