映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

サン・オブ・ゴッド こんな映画は見ちゃいけない! 

2015/01/10

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2015/1/10号  Vol.1625   ☆
   
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

            「サン・オブ・ゴッド」  です。

常に笑みをたたえたような柔和な口元から発せられる言葉は真理を伝
え、その御手の為す業は神の力を象徴する。物語は、イエス・キリス
トの誕生からヨハネによる洗礼、弟子との旅、そしてエルサレムでの
死刑・復活までを描く。イスラエルの民に重税を課すローマ人も、ユ
ダヤ人を束ねる神殿の祭司も、今や民衆から支持されるイエスの人気
は侮れない。かといって排除するには口実が必要。ローマ法とユダヤ
律法の解釈と適用を巡って逡巡し、駆け引きする当時の政治家と宗教
的指導者の苦悩が新鮮だ。映画はそれらのエピソードをディテール豊
かに丹念に積み重ね、イエスの生涯を端整な映像に再現する。

明星輝く夜生まれたイエス、ローマ人の支配に苦しむ人々は彼を救世
主と期待する。横暴な総督・ピラトの圧政下でイエスは多くの弟子を
集めるが、ユダヤ教大祭司・カイアファは快く思っていなかった。

伝道の過程でイエスは“小さな奇跡”を何度も実演するが、巨大な方
舟を作ったり海を割ったりはしない。それは彼が神の子であるととも
に人間でもあるということなのか。イエスが行動を起こす時にいちい
ち大げさなタメを作ったり音楽で感情を盛り上げたりせず、淡々と描
写する。実際に現場に立ち会った人は、すぐには彼の偉業の意味が理
解できず、後で思い返して“すごいものを目撃した”と思うのだろう。

全般的に様々な聖書の記述があくまで“正統派”にこだわる演出でま
とめられていて、非キリスト教徒にもわかりやすく整理されていた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                    「サン・オブ・ゴッド」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20141121

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

             「ジミーとジョルジュ 」  です。

肉体の傷も脳のダメージもは完治し医学的にはまったくの健康体。に
もかかわらず時折激しい頭痛に襲われ視界がちらつき過呼吸になる。
原因は戦争の悲惨な体験なのかもっと以前にあるのか、第二次大戦の
帰還兵はそんな症状に苦しみながらカウンセラーと共に自らの人生を
顧みる。アメリカ原住民と欧州出身のユダヤ人、映画は迫害された歴
史を持つ民族の血を受け継ぐ者同士に共鳴する魂の傷を探ろうとする。
祖国のために戦った英雄として敬意は払っている、それでも主人公を
“インディアン”と呼ぶ米国白人の微妙な差別意識、というより差別
的な言動を戒めようとする姿が1948年米国の田舎の空気を反映する。

体調不良に悩まされるジミーは、大病院で精密検査を受けるが異常は
見つからない。飲んだくれて倒れた挙句閉鎖病棟に収容された彼を、
NYから招かれた人類学者・ジョルジュがカウンセリングにあたる。

インディアンの行動様式を研究するジョルジュはジミーの記憶と夢に
ついての話を聞き出そうとする。忌まわしく恐ろしいものばかり、し
かしむしろ戦場で見た光景よりも、女性遍歴に不定愁訴の元凶が潜ん
でいるのが明らかになっていく。

夢は“過去”の総括ととらえて西洋的な解釈をするジョルジュと“未
来”の予言ととらえるインディアンの考え方を踏襲するジミー。狂気
と紙一重のところで生きるジミーの苦悩を、ベニチオ・デル・トロが
苦痛の奥に深い悲しみを湛えた瞳で表現する。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                    「ジミーとジョルジュ 」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20141203

    を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

マクドナルドでチキンナゲットなどに異物混入騒ぎがおこり、今度は
フライドポテトから“人間の歯”が見つかったという報道までありま
した。

本来“あってはならない”ことだけど、人間のやること。毒物や廃棄
物を故意に混入させたのでなければ、まあ謝罪して新品と取り換えれ
ば済む話ではないでしょうか。

それを消費者がSNSなので拡散させTV局が飛びついただけ。ここで企業
側が対応を誤ると、つけあがる消費者が急増するのは目に見えていま
す。

しばらくは、「便乗異物混入事件」が日本全国で起きるような気がし
てなりません。。。

==============================================================

      次回配信予定は1/15、作品は
         
      「121212 ニューヨーク、奇跡のライブ」
         
              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。