映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

ブリングリング こんな映画は見ちゃいけない! 

2013/12/14

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2013/12/14 号 Vol.1528  ☆

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

          「ブリングリング」  です。

物質的には十分に恵まれている、家庭環境も極端に歪んでいるわけで
はない。だが学校に居場所がなく心を許せる友達もいない。そんなテ
ィーンエージャーたちが手に入れたいものは“自分は周囲の人間とは
違うんだ”という優越感。クラブでカネをばらまきドラッグをキメて
騒いでいる間だけは、生きている実感を得られるのだ。物語はパーテ
ィに明け暮れるライフスタイルに憧れ、セレブ達の豪邸で窃盗を繰り
返した4人の少女と1人の少年の暴走を描く。有罪判決を受けてなお「
これは学びの場だった」と、悪びれずに答える一人の少女に象徴され
る米国人のポジティブ思考の根深い病巣を、コッポラ監督は鋭く抉る。

転校生のマークはレベッカに声をかけられ路上駐車のクルマから貴重
品を置き引きする。その後、友人宅に空き巣に入り成功、味を占めた
彼らはニック、サム、クロエを仲間に加え高級住宅街を荒らしまわる。

家の住所や侵入ポイント、住人のスケジュールはネットで調べられる。
監視カメラ以外のセキュリティはほとんど機能していない。もともと
犯罪が少ない地域なのか、クルマや自宅をロックしない金持ちの多さ
に驚く。レベッカたちは易々と忍び込み、気に入ったものを持ち出す。

特に、何度も盗みに入るパリス・ヒルトン宅の、クッションにプリン
トされた顔写真や壁一面に飾られた肖像の数々、さらにイメルダ・マ
ルコス顔負けの靴コレクションやクラブルームなど“実物”のディテ
ールが、映像にリアリティと躍動感、奥行きを与えている

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                 「ブリングリング」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20131017

    を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

以前、テニスラケットを変えた時に、馴染にしている店に悪いと思い
つつも、デザインが気に入ったものをネットショップで注文してしま
いました。

同じように、家電製品を購入するときは量販店でチェックして実際の
購入はより低価格のネットショップという人も多いと思います。

最近では自動車までネットで買う人が増えましたが、さすがに手を出
しかねています。やはり、アフターサービスを考えると少し不安。

高額で長く使うモノだけに、価格よりもむしろディーラーとの付き合
いを大切にしたほうがいいと思うのですが、古い考えでしょうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は12/19、作品は
     
         「武士の献立」
  
                     です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。