映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

TRASHED こんな映画は見ちゃいけない! 

2013/09/28

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2013/9/28  号 Vol.1509  ☆

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

                 「TRASHED ゴミ地球の代償」  です。

放置する、埋め立てる、焼却する。大量消費・使い捨ての時代、人間
の日常生活から排出されるゴミは膨大な量となり、もはや適切に処理
できなくなってきている。そこで問題視されるのはペットボトルやレ
ジ袋といった自然分解されないプラスティック製のゴミ。それらはい
つしか海に流出し、微生物が体内に取り込み、さらに食物連鎖を経て
上位捕食動物に蓄積されていく。映画はジェレミー・アイアンズをガ
イドに世界のゴミ事情をレポートする。衝撃的な映像の数々は、ライ
フスタイルを改めなければ近い将来地球にぬぐい難い禍根を残すと警
鐘を鳴らす。

環境に関心が深いジェレミー・アイアンズは、レバノンの古都・サイ
ドン近郊でトラック満載の未処理のゴミが捨てられていく光景を見て
驚く。英国では住宅地のすぐそばに大きな穴を掘りゴミを埋めている。

19世紀末以降、ゴミが急速に有毒化したのがいちばんの懸念材料とジ
ェレミーは訴える。特に焼却したときに発生するダイオキシンが人体
にもたらす影響は深刻。ベトナム戦争時にダイオキシン汚染された奇
形児や胎児の標本は思わず目を背けたくなる。圧倒的にゴミを焼却場
で処分するケースが多い日本においては他人事とは思えない恐怖だ。

当然ではあるが、最善の解決策はゴミを出さないこと。オーガニック
を売りにする食料品・雑貨店では客にエコバッグを持参させ、無駄な
包装は避けている。それが普通の市民にできるエコロジー活動なのだ。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                     「TRASHED ゴミ地球の代償」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130913

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

                 「椿姫ができるまで」  です。

抒情的でリリカルな前奏曲でのパフォーマンスから大胆な意見を交わ
す演出家とプリマドンナ。激しい応酬にもかかわらず、お互いの考え
方を理解しようとする2人はどこかこの議論を楽しんでいるよう。あま
りにも有名で世界的に愛されているオペラ、その解釈は冒険しすぎる
と前衛的とそっぽを向かれ、チャレンジが少ないと凡庸と評される。
そういったプレッシャーの中で新たなヒロイン像を構築していく2人。
映画はエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演された「椿姫」の制作に
密着する。スタジオでの顔合わせからステージでのリハーサルまで、
「椿姫」の物語の進行とともにオペラも完成に近づいていく斬新な構
成のおかげで、メイキングと音楽の両方を味わえる。

稽古場に集められたか「椿姫」の主要キャストたち。ヴィオレッタ役
のナタリーに演出家のシヴァディエが感情を解き放てと指示を出す。
ピアノ伴奏でヴィオレッタになりきるナタリーは試行錯誤する。

第1幕、舞踏会が始まると、快楽が人生と信じるヴィオレッタの思いを
体で示すナタリー。様々なキメポーズを披露する場面に彼女の繊細さ
が反映される。ヴィオレッタがアルフレードと出会い、快楽より大切
なものに気づくシーンは、まさしく己の生きるべき道を発見する瞬間。

“不思議”という言葉について延々レクチャーするシヴァディエの狙
い通り、ナタリーは愛こそが人生の真実と目覚めるヴィオレッタを歓
喜に満ちた歌と演技で表現することに成功する。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                      「椿姫ができるまで」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130821

    を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

やっぱり最後はマー君。プロ野球・楽天がチーム創設9年目で初のリー
グ優勝を成し遂げました。

創設1年目、岩隈と礒部を除けば近鉄バファローズのロートル選手ばか
り。とてもプロとは思えないようなプレーを連発しぶっちぎりの最下
位だったことを思い出すと、ファンならずとも感無量。

ただ、優勝を決めた一戦の最終回は、1アウト2・3塁と一打逆転のチャ
ンスなのに、西武打線が2者続けて三振。

プロならもう少し“負けない工夫”をしてもよかったのではないでし
ょうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は10/3、作品は
     
         「地獄でなぜ悪い」
  
                     です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。