映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

甘い鞭 こんな映画は見ちゃいけない! 

2013/09/21

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2013/9/21  号 Vol.1507  ☆

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

                 「甘い鞭」  です。

四つん這いにされ、緊縛され、脚を広げたあられもない格好を強制さ
れた上で鞭打たれる女。肉体を痛めつけられることで、彼女はもう一
度あの甘美な陶酔を味わいたいと願う。レイプされる恐怖でもない、
服従を強いられた自我の放棄でもない、苦痛を超越した忘我でもない、
そんな忌まわしいはずの過去が彼女の胸のなかでいつしか生きる目的
になっている。物語は、高校時代に凄惨な事件の被害者になった経験
のある女医が、凌辱の果てにたどり着いた禁断の境地を模索する姿を
描く。聖女と娼婦を使い分ける壇蜜の熟した果実のような肢体がなま
めかしく悶絶する映像は、世紀末的な退廃すら感じさせる。

産科医の奈緒子は、夜はM嬢としてSMクラブで男に体を提供している。
彼女は17歳の時、変質者に1カ月間拉致監禁されたときに覚えた“甘い
味”を忘れられず、以来それがなんだったのか探し求めていた。

17歳の奈緒子は男に縛られベルトで打たれる。32歳の奈緒子はプレー
用の鞭に尻をさらす。逃げ場がなく命の危機と紙一重で絶望と闘って
いた17歳の体験はSMクラブで再現きるものではなく、今の奈緒子は不
満が募るばかり。彼女の体と心に刻まれているのは、あの一瞬の愉悦。
それは事件の記憶以上に彼女の人生に影響を与え続けている。

映画は、奈緒子の肉体と精神を極限にまで追い詰めた時に現れる至高
の感覚をひたすら追い続け、その過程で露わになる人間の本質を赤裸
々に抉り出していく。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                     「甘い鞭」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130705

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

                 「ウォーム・ボディーズ」  です。

薄れゆく記憶の中に少しだけ存在する意識は、死んだはずなのに生き
続ける青年にとって苦悩の源。まだ人間の部分は残っている、でも空
腹に耐えきれず人間に噛みついてしまう、かといってまったく理性を
失ったガイコツにはなりたくない。そんなアイデンティティクライシ
スに陥ったゾンビ像が新鮮だ。物語は食料調達に出たゾンビが人間の
少女に一目ぼれしたのをきっかけに起きる冒険を描く。決して恋に落
ちてはいけない相手、しかしその思いは抑えきれない。映画は、他者
への愛がハートに血を通わせ、生きる動機になり喜びを生むと訴える。

ゾンビとして無為に時間を過ごすRは、医薬品調達に来た人間の一団を
襲ったときに、そこにいたジュリーに心を奪われる。ジュリーを匿い
つつ彼女の歓心を買おうとするうちに、Rの体に変化が現れる。

人間はもちろんゾンビを警戒している。それ以上にゾンビたちも人間
に“殺されない”ように集団行動を取る。ここではゾンビも“死”を
恐れているという矛盾が、ユーモアを感じさせつつも、ゾンビでいる
辛さを象徴する。Rにとってジュリーは無間地獄から救ってくれる希望
に見えたのだろう、ジュリーの恋人の脳を食べて彼らの思い出を吸収
し、その願いを確信に変えていく。

一方のジュリーも、Rが彼女を食うつもりがないと知って敵意を解く。
争っているばかりでは悲劇が繰り返されるばかり、お互い理解しあえ
ば新たな関係が構築できると、ふたりは身をもって証明しようとする。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                      「ウォーム・ボディーズ」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130809

    を参考にしてください。


==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

ついにMDプレーヤーが生産終了。CDプレーヤーよりもコンパクトで一
時大流行しましたが、iPodに押され今では持っている人を見たことが
ありません。

私も、携帯プレーヤー自体はiPod購入と共に捨てましたが、カーオー
ディオはいまだにMDまま。今のクルマを買い替えると、MDにコピーし
た音楽はもう聞けない。

とはいえ、家にある大量のCDをパソコンに取り込む面倒くささを考え
るとうんざりしてしまいます。

いずれ音楽はクラウドから直接配信されて聞く時代が来るはず。そう
なると必要なのはイヤホンだけになり、iPodさえも不要になるかもし
れませんね。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/26、作品は
     
          「エリジウム」
  
                     です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。