映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

アップサイド・ダウン こんな映画は見ちゃいけない! 

2013/09/07

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2013/9/7  号 Vol.1503   ☆

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

                 「アップサイド・ダウン」  です。

大好きな女の子は真上から自分を見下ろし、ロープで手繰り寄せなけ
れば上に“落ちて”いく。整然と区画されたオフィスは、床と天井が
同じ構造を持ち、従業員も逆さになって働いている。重力が二重に作
用する近接した双子の惑星、あらゆる生物も物質も生まれた惑星の引
力の影響下にあるという設定のもとに作り上げられた上下対称の中間
地帯のビジュアルは、慣れるまで少し意識が混乱するほどその世界観
が精緻に再現されている。21世紀の諸問題を凝縮したような搾取と貧
困、繁栄と荒廃、支配と隷従。重力によって線引きされた2つの世界は
まさに上と下の関係だ。

上の星に住む少女・エデンと下の星のアダムは密会中に警察に見つか
り、引き裂かれる。10年後、中間地帯に勤務するエデンを見かけたア
ダムはそこに就職、エデンに会いに行くが彼女は記憶を失なっていた。

アダムは“逆物質”を身に着け肉体を上の引力に順応させるが、長時
間は持たない。デート中に“逆物質”が燃え始め命からがら下に逃げ
帰ったりする。その上、アダムの前には引力だけでなく身分格差が立
ちはだかる。このあたりの展開は禁じられた恋の物語にありがちなパ
ターンだが、惑星の法則が同じ地平に立てないふたりの間にもどかし
さを産み、浮いたり飛んだりと目まぐるしく動かす。

魔法のごとき科学でしか問題は解決できないからこそそこに夢が入り
込む余地ができ、ラブストーリーをファンタジーに昇華させていた。

       お勧め度=★★★*(★★★★★が最高)

                   「アップサイド・ダウン」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130629

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

           「わたしはロランス」  です。

ずっと自分を偽ってきた。心の性とは違う体の性、違和感を覚えなが
らも社会に同調し、家族や恋人にも隠してきたが、もはやこのままで
は自己崩壊が起きる。そう判断した男は女として生きる決心をする。
好奇心、嘲笑、嫌悪感、“改性”した本人は覚悟ができている。だが
心構えのできていない恋人にはすべてが耐えられない。胸が切り刻ま
れるような痛みを感じ、1日が無事に終わってやっと安らぐという不
安定な日々が彼女を蝕んでいく。物語はふたりの10年の時の流れを追
い、その愛と別れ、再会を繰り返す姿を描く。輝いていた過去は戻ら
ない、そして選択とは何かを捨てることであると映画は訴える。

国語教師のロランスは文学賞の受賞を機に“心は女”だと同棲中の恋
人・フレッドに打ち明ける。一度は取り乱したフレッドも、ロランス
に協力する決意を固める。しかし、現実はふたりに厳しく冷たかった。

まだ性同一性障害が精神疾患と考えられていた1990年代、オカマでも
ゲイでもないロランスの性的し向は、普通の人には受け入れられない。
フレッドも頭では理解していても今までだまされていた後味の悪さが
付きまとう。

学校をクビになり傷ついているロランス、彼と一緒にいる辛さにフレ
ッドが感情を爆発させるシーンには、世間の目と闘う難しさ以上に、
最愛の人が別世界に行ってしまった寂しさと怒りがリアルに表現され
ていた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「わたしはロランス」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130727

           を参考にしてください。




 本日はもう1本

          「大統領の料理人」  です。

人生の転機は突然訪れ、ヒロインを嵐の中に放り込む。行先も告げら
れぬまま乗せられたクルマ、誰に仕えるのかも教えられぬまま連れて
行かれた宮殿、そして男たちの不快そうなまなざし。まだ女性の社会
進出が完全に浸透していなかった1980年代、映画はフランス大統領専
属の女性コックが孤軍奮闘し、料理とはなにかを追求する姿を描く。
旧弊を打ち破り、性差別に耐え、己のレシピを極めようとする彼女は
求道者のよう。そこには恋も夢もなく、あるのは食べた人が満足した
か否かの現実のみ。究極の美味も過剰な装飾も不要、家族のぬくもり
を思い出させるような母の手料理の味が求められるのだ。

大統領の専属料理人となったオルタンス、旧態然とした男の世界に驚
く。彼女は独自のメニューを毎日考案し、徐々に周囲の理解を得てい
くが、自分の料理が口に合っているかわからず、苛立ちを募らせる。

直接お目通り叶わず嗜好を聞く機会がない。感想は給仕が下げた食器
の残飯で推測するしかない。やっと大統領と話す時間を与えられ、贅
を尽くした饗宴よりも素材の味を生かした素朴な家庭料理こそがいち
ばんの好みと知る。2人の会話は弾み、「食」とはフランス人が最もこ
だわる関心事であることをうかがわせる。

深夜の厨房でトーストのトリュフのせを振る舞ったときに大統領が漏
らした弱音、一国の最高権力者に信頼されていたという自負がオルタ
ンスに誇りと生きる勇気を与えていたに違いない。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

            「大統領の料理人」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130724

               を参考にしてください。




 本日はもう1本

                     「夏の終り」  です。

一見平和なカップルに見えるが、女はかつて夫と子供を置いて年下の
愛人と駆け落ちした過去を持ち、男は正妻との家庭を行き来している。
本来ならば愛憎渦巻く修羅場となってもおかしくはないのだが、彼ら
の生活は奇妙な調和を保ち、違和感なく収まるところに収まっている。
物語は、不倫関係にあるヒロインの家に、以前の愛人が現れたのをき
っかけに起きる波紋を描く。もう若くはないが仕事は順調に進んでい
る。その中で2人の男の板挟みになり、激情に流されそうになる女と、
煮え切らない男たち。強さはもろさ、優しさは優柔不断、そして愛は
幻想、映画は登場人物の感情を繊細なタッチですくい取る。

作家の慎吾と同棲中の染色家の知子の家に、元恋人・涼太が訪ねてく
る。慎吾が妻の下に帰っているあいだに涼太との仲を復活させた知子
は、歪んだ三角関係を続けるが、慎吾の妻からの手紙を見つける。

不倫相手である知子の存在を妻に認めさせて、涼しい顔で知子の家に
出入りする慎吾。当然知子と涼太の交情も知っているが気にかけてい
ない。しかもそんな状態が日常になっても平然としている。まさしく
作家らしい慎吾のモラルの欠如はかえって微笑ましいくらい。一方の
涼太は知子への思いを募らせ、もはや耐えられないところまで追い込
まれている。知子は2人の間で巧みに愛とセックスを使い分ける。

3人とも傷つき、苦しんでいる。それでも知子だけが困難乗り越えるし
たたかさを持っているあたり、女の業を象徴していた。

       お勧め度=★★*(★★★★★が最高)

                    「夏の終り」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130905


              を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

ついにNTTドコモまでがiPhoneの販売に乗り出すという報道がありまし
た。これで大手が3社とも扱うことになります。

今日のスマホ隆盛のもとになったiPhone、数年前は「持っているだけ
でクール」なイメージがありましたがいまやすっかり大衆ブランド化
してしまいました。

元々アップル社はイメージ戦略に長け、優れたデザイン性が流行の先
端を行く人たちに受け入れられてきた経緯があります。

でも、革新的な新製品が出し続けないと逆にダサいイメージになって
しまいます。ジョブズ亡き後のアップルにイノベーターは育ってるの
でしょうか。。。

==============================================================

      次回配信予定は9/12です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。