映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

17歳のエンディングノート こんな映画は見ちゃいけない! 

2013/04/27

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2013/4/27  号 Vol.1468  ☆

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、とりあげる作品は

                 「17歳のエンディングノート」  です。

時間はあとわずかしかないのに、経験していないことがいまだにたく
さんある。ならば、わが身の不幸を憂えるより、行動に移そう。映画
は不治の病に冒されたされた少女が残りの人生をいかに過ごしたかを
描く。うわべの気遣いはいらない、本当に思ってくれる人がそばにい
てくれればいい。奇跡なんか起きないのは分かっている、それでも何
か存在した証を残したい。家族と友人に見守られ自分が周囲からどれ
ほど愛されていたかと実感する姿はあくまでドライで、初恋と関わっ
た人々にも影響を与えていく過程も感傷的になりすぎずに心地よい。

白血病の末期患者・テッサは17歳、セックス、ドラッグ、万引きetc.
を体が動くうちにやっておこうと決心する。だが、隣人のアダムと知
り合って、テッサはまだ恋をしてないと気づく。

テッサ本人は運命に従う覚悟ができているのに、彼女のパパは何か解
決策があるのではと探し続けている。別居中のママも娘の死が近づい
ているのを受け入れられない。きっと、両親はテッサの入院生活中も
胸をかきむしられる思いに耐えてきたのだろう。娘の闘病に付き添っ
てやるだけ、無力感と娘に先立たれるつらさからつい号泣してしまう
パパの気持ちがとても切なかった。

ミニマルな人間関係の中、冷めた目で己を見るクールなテッサが抱え
る、生への執着と死への諦観がせめぎ合う感情が非常にリアルに再現
されていた。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

                      「17歳のエンディングノート」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130305

    を参考にしてください。




 本日はもう1本

        「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」  です。

近隣諸国では「人間が人間らしく生きる権利」を国が保障する動きが
広まっているのに、国内は封建貴族が既得権を手放そうとはしない。
小国ゆえ贅を極めた宮廷生活を送っているわけではないが、それでも
財政は逼迫している。いまだ中世の名残が強い18世紀後半のデンマー
ク、物語は啓蒙思想を根付かせようとした一人のドイツ人医師の革新
と挫折を追う。端正で落ち着いた映像が史実に秘められた謎を紐解い
ていく展開はミステリアスな装いで、禁じられた愛の行方を暗示する。

英王室からデンマーク王・クリスチャンの元に嫁いだカロリーネ。夫
の無礼な振る舞いに耐えきれず王子を出産後絶縁状態に。その後、外
遊したクリスチャンは啓蒙思想家のヨハンを侍医として連れ帰る。

帰国後も放蕩を続けていたクリスチャンだったが、カロリーネの提案
の元、ヨハンが巧みにクリスチャンを操り、国民に天然痘の予防接種
実施を決定する。これまで枢密院のお飾りでしかなかったクリスチャ
ンが、ヨハンという助言者を得て、国民に自由を与え福祉を施す法案
を次々と成立させていく過程は小気味よい。権限を委任されたヨハン
は次々と反対勢力を追放し、改革を実現しようとする。その姿はあく
までも思慮深く、決しておごることはない。よほどできた人間だった
のだろう。

だが、不倫するときはにきちんと避妊する、それを怠った詰めの甘さ
が彼らの破滅の原因。歴史は閨房から生まれるのもまた真実なのだ。

       お勧め度=★★★(★★★★★が最高)

               「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」
                         についての詳細は、

       http://d.hatena.ne.jp/otello/20130404

    を参考にしてください。

==============================================================

        余|談|
        ━┛━┛

世界陸上のマラソン代表に“公務員ランナー”の川内優輝が選ばれま
した。企業所属のセミプロに伍して、あくまで“アマチュアリズム”
に徹する姿勢には驚嘆します。

ほとんどの競技がプロ化もしくは助成金している中、マラソン大会に
出まくるという自己流実践鍛練法は、常識を覆す快挙。

先日も瀬古監督のオファーを蹴り、指導者をつけないという方針を貫
いています。

今やマラソンはほとんどが賞金レース。五輪でメダルなんてことにな
っても、県庁職員を続けてほしいものです。。。

==============================================================

      次回配信予定は5/2、作品は

                「ビトレイヤー」

                              です。

---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週2回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。