映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

トランスフォーマー こんな映画は見ちゃいけない! 

2009/06/25

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2009/6/25号   Vol.1014 ☆
         
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、俎上にのせる作品は

                  「トランスフォーマー/リベンジ」 です。
   
腹の底まで響くクリアな重低音が、金属の重さや硬さだけでなくしな
やかさや冷たさまで伝える。意思と命を持ったロボット同士が激突し、
パンチやキックの応酬の後、関節技まで披露する。そんな大がかりな
CG映像のために綿密に計算されたサウンドは、映画館でしか味わえな
い大迫力。もはやストーリーは二の次、映画はひたすら見る者を思考
停止状態においたまま突っ走る。

キューブのかけらを見つけたサムは、幻覚を見るようになる。一方、
ディセプティコンとの闘いに明け暮れるオートボットたちは、サムの
持つかけらが新たな敵・フォールンを地球に呼び寄せたことを知る。

隕石のように空から降ってきたディセプティコンたちが空母の甲板を
貫き、えぐられた艦体の数層にも重なる内部が露出するシーンが、細
部にまで神経が行き届いて非常にリアルだった。まさに空母の断面図
といった具合で、徐々に浸水して沈没していく様は、本筋とは関係な
いけれど一番見ごたえがあった。

一度は死んだオートボットのリーダー・オプティマスがサムの活躍で
蘇生し、ディセプティコンと再び干戈を交える。このクライマックス
は、またもや戦場に放り込まれたような臨場感で、正常な判断力と感
覚を麻痺させてしまうかのような圧倒的なビジュアルとサウンドの洪
水。ただ、過去や秘密が明らかにされるにつれ、付焼刃的な矛盾が見
え隠れして来るのが残念だった。 

       お勧め度=★★* (★★★★★が最高)

                   「トランスフォーマー/リベンジ」  
                         についての詳細は、

         http://www.otello.com.ua/

    を参考にしてください。解除もこちらからできます。  




 本日はもう1本

                  「劔岳 点の記」 です。
   
峻険な岩山を登った先で目にするのは、はるか眼下に広がる雲海の先
に沈み行く夕日。この作品の製作者たちが、主人公となった測量隊の
苦労を共に味わおうとしているかのような気迫のこもった映像は、思
わず姿勢を正してしまうほどの荘厳な美しさだ。映画は測量隊の任務
を通じて、仕事に生きるとはどういうことかを問う。

日本に唯一残った処女峰・劔岳に三角点を設置せよとの指令を陸軍測
量部から受けた柴崎は、早速準備にかかる。地元の村人・長次郎に案
内を頼み、予備調査で登山口を探し、翌年、測量隊と共に山に入る。

山嶽会のエントリーで劔岳初登頂は陸軍の威信をかけた至上命令とな
るが、柴崎は淡々とその地域の山々に三角点を設置していくのみ。そ
こには、名を残そうとか賞賛を得ようとかいった私利私欲はまったく
なく、ただ測量が自分の仕事であり、与えられた任務に忠実であろう
とする。喜怒哀楽をほとんど表に出さず、隊員の安全に気を配りなが
ら、慎重な中にも時に大胆に行動する、そんな明治男の気概を持った
柴崎という男を浅野忠信が抑えた演技で好演している。

「何をしたかではなく、何のためにしたかが大事なんだ」という言葉
に凝縮された柴崎の信念、それは日本地図製作にかかわった数多くの
無名の測量員の気持ちであると共に、彼らの業績は地図として長く後
世に残り人々の役に立つという自負から生まれるのだ。プロ意識とは
何かを教えられた気がした。 


       お勧め度=★★★* (★★★★★が最高)

                   「劔岳 点の記」  
                         についての詳細は、

         http://www.otello.com.ua/

    を参考にしてください。解除もこちらからできます。  


        余|談| 
        ━┛━┛

予約から2ヶ月以上待たされたETCがやっと取り付けられました。景気
浮動政策に乗せられているようでイヤだったのですが、「休日1000円
均一」の魅力には勝てませんでした。

さっそく高速道路の料金所に向かったのですが、初めてなので「一般
・ETC」のゲートに。

もし正常に作動せずバーが開かないときは、今までどおり通行券をと
れば誰にも迷惑かけないと思ったからです。

無事に料金所をスルーしたときはひと安心。いちいちそんなことを心
配してしまう、とても小心な自分に嫌気がさしてしまいました。。。

==============================================================
   書籍・DVDのご購入はWEBサイトトップページ左下
      「amazon.co.jp.」からお願いします。
        http://www.otello.com.ua/
==============================================================

       次回配信予定は6/27、作品は 

                     「フィースト2」
    
                              です。
  
---------------------------------------------------------------

このメルマガは、週3回発行です。

皆様からのご意見、ご要望、感想をお待ちしています。

            otello.com.ua@gmail.com

                         までお願いします。

いただいたメールはこのメルマガで紹介させていただくことがあり
ます。

なお、相互紹介の依頼は受け付けておりません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。