映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

恍惚 こんな映画は見ちゃいけない! 

2004/12/28

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2004/12/28号  Vol.334   ☆
         
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、俎上にのせる作品は

                 「恍惚 NATHALIE…」です。

倦怠、沈黙、馴れ合い。数十年も一緒に暮らした夫婦にはもはやと
きめきなどなく、あるのは漫然と続く日常生活だけだ。夫なのに年
月を経るほど知らないことのほうが多くなっていく、しかも一度疑
惑の目を向けるとますます抱えているものが大きくなる。そんな妻
の嫉妬と好奇心が抑制の効いたタッチで描かれる。 

夫の浮気を知ったカトリーヌは、マルレーヌという娼婦を雇って夫
を誘惑させる。マルレーヌはナタリーと名乗って夫に近づき深い関
係になる。マルレーヌに夫との行為をレポートさせるカトリーヌ。
夫とカトリーヌの行為は次第にエスカレートしていく。 

カトリーヌはマルレーヌの報告に嫉妬を覚えながらもどこかでもっ
とみだらな関係を期待している。更年期も過ぎても女としての魅力
と欲望を捨てないカトリーヌに、フランス女性の誇りを感じる一方
物足りなさも否定できない。

マルレーヌと夫の物語を思い出しながら、カトリーヌが夫のいない
ベッドで満たされない体の渇きを自分の指で癒すくらいの表現があ
ってもいいのではないだろうか。カトリーヌのそんな心の機微を視
覚化することで、生涯女であり続けようとする彼女の強い意志が具
現化できたはずだ。 

       お勧め度=★★★  (★★★★★が最高)

       「恍惚」 についての詳細は、
      http://otello.ramall.info
    を参考にしてください。解除もこちらからできます。


    余┃談┃
    ━┛━┛
今年もこれが最後の配信となりました。そこで私が見た2004年の新
作映画ベスト10を紹介します。

1位「酔画仙」 2位「ピエロの赤い鼻」 3位「スパイダーマン2」 
4位「エレファント」 5位「エイプリルの七面鳥」 6位「チルソクの
夏」 7位「シルミド」 8位「ミスティック・リバー」 9位「ラブス
トーリー」 10位「インファナル・アフェア 無間序曲」

「酔画仙」は先日公開されたばかり。東京・岩波ホールの単館上映
なのでほとんど見た方はいないと思いますが、19世紀末朝鮮に生き
た天才画家の半生を描いた画家版の「アマデウス」。チェ・ミンシク
が強烈な個性で主人公を演じています。

皆さんのベスト10にはどういった作品が入りましたか?



==============「チルソクの夏」 急上昇中!==================

今年も開催中! 「あなたが選ぶ2004年ベストムービー」

あなたが今年ご覧になった映画で一番おもしろかった作品を投票し
てください。投票はWEBサイトトップページ左カラムの「投票」
ボタンからお願いします。投票締め切りは、05/1/1 02:00です。


   次回配信予定は05/1/3、作品は 
                「マイ・ボディガード」です。


今年もこのメルマガをお読みくださり本当にありがとうございまし
た。05年もよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------

このメルマガは、ほぼ週3回発行です。
ご意見、ご要望、感想は
otello@mtb.biglobe.ne.jp
までお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よいお年を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。