映画

こんな映画は見ちゃいけない! 

映画批評系メルマガで読者数No.1! プロの編集者が簡潔な文章と的確な表現で書き下ろす「1分で読める新作映画批評」です。映画紹介だけのメルマガにはない「本物の批評」を堪能したい方だけご登録ください。

全て表示する >

こんな映画は見ちゃいけない! 情報誌じゃ教えてくれない新作映画ホンネ批評

2003/12/27

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □

☆  こんな映画は見ちゃいけない!  2003/12/27 号 Vol.180  ☆
         
□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

 こんにちは、発行人のオテロです。

 本日、俎上にのせる作品は

       「すべては愛のために BEYOND BORDERS」 です。

自分の人生を変えてしまうほどの衝撃的な出会いをすることが、一
生のうちに何度あるだろうか。チャリティ会場に現れた国境なき医
師団のリーダーを見てしまったヒロインは、運命の出会いを感じ、
すべての財産を売り払って援助物資に換え、単身エチオピアの難民
キャンプに乗り込む。

物語はヒロインと医師との繰り返される出会いと別れをを描く。エ
チオピアの後はカンボジア、チェチェンと2人の運命は流転する。
その間、二人はは互いに愛し合うようになるというようなメロドラ
マ的な味付けもたっぷりだ。

確かにエチオピアの惨状は目を背けたくなる。ハゲタカに襲われて
いる母子というシーンはその象徴だ。理想に燃えるヒロインはその
母子を救おうとする。だが「かわいそう」という感情だけで行動す
るヒロインは、動機が純粋なだけにかえって扱いづらいだろう。

エチオピアのような飢餓地域に食料を援助するというやり方は間違
っているのではないだろうか。子供を育てるだけの十分な食料がな
いのに、妊娠・出産する。その結果が更なる飢え。そんなことが70
年代から繰り返されている。彼らに与えるのは医療や食料ではなく、
人口を適正な数値に保つという教育ではないだろうか。 

   お勧め度=★★  (★★★★★が最高)

   「すべては愛のために」 についての詳細は、
    http://otello.ramall.info
     を参考にしてください。解除もこちらからできます。


  余┃談┃
  ━┛━┛

自宅近くに、毎年クリスマスイルミネーションを過剰に飾り付ける
家があります。しかも競うように3軒並んで派手な光を出していま
す。年々装飾が大掛かりになり、今年はその家のあたりは夜になっ
ても昼間のような明るさで、まるで繁華街の下品なネオンです。

その家の前は車がやっとすれ違えるほどの細い道路ですが、みな車
からイルミネーションを見ようとするので、夜は渋滞します。今年
はとうとう、車同士の接触事故がありました。

クリスマスイルミネーションは、夜の闇と対比させてこそ美しいと
思えるのはず。センスのない光の洪水が近所迷惑になっていること
に、早く気づいてほしいものです。

今年も、お世話になりました。たくさんの方から励ましのメールを
いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。来年もよろしくお願いい
たします。


  ◇◇◇◇◇◇「HERO」ついにトップに!◇◇◇◇◇◇

 今年も「あなたが選ぶ2003年ベストムービー」の投票を受け付け
中です。今年映画館で見た新作の中から、あなたの一番のお気に入
り映画に清き1票を投じてください。

現在「HERO」が「ラストサムライ」ぬいてトップにたちました。そ
のあとを「シカゴ」と「戦場のピアニスト」が追う展開となってい
ます。締め切りは12/31、投票がまだの方は急いでください!!

投票はWEBサイト左カラムの「投票ボタン」から。たくさんの皆様か
らの投票をお待ちしています。
    http://otello.ramall.info


   次回配信予定は1/3、作品は

        「コール」 です。        

------------------------------------------------------------

このメルマガは、ほぼ週3回発行です。
ご意見、ご要望、感想は
otello@ramall.info
までお願いします。

最後までお読みいただきありがとうございます。
それでは、よい一日を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-12-02  
最終発行日:  
発行周期:週3回  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。