健康・家庭の医学

健康情報マガジン「アソティック便」

健康に良い食材など身近な健康豆知識から各分野の専門医師のコラムまで、健康な身体づくりにとっても役立つ情報をご提供させて頂きます。

全て表示する >

健康情報マガジン「アソティック便」

2005/12/13

 ■■□                       健康情報マガジン アソティック便
 ■■■                                     2005-12-13 Vol.075
 ■■■                                   Powered by Leico

                健康生活応援サイト
                       http://www.asotk.com/

12月に入り、今年も残すところ後わずかとなりました。関東地方の平野部で
も初雪が観測されるなど、季節もいよいよ冬らしくなってきたようです。
さて、今回は「メタボリックシンドローム」についての特集です。普段の生活
ではあまり耳にしない言葉かもしれませんが、一緒に勉強していきましょう。

┏━■■特集「メタボリックシンドローム(前編)」■■━━━━━━━━┓

皆さんは「メタボリックシンドローム」という言葉をご存知でしょうか。日
本語では「内蔵脂肪症候群」とか「代謝症候群」のように訳されることが多
いようですが、近年いろいろなところで使われるようになってきています。
このメタボリックシンドロームですが、生活習慣病とつながりがあるとされ
ています。そこで、今月と来月の2回にわたって、このメタボリックシンド
ロームについて詳しく見て行きましょう。

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは、簡単に言えば、生活習慣病などの病気にか
かってしまう危険性が高い状態のことを指します。もちろん、そのような状
態のすべてを指す訳ではなく、特に、内蔵脂肪が蓄積した肥満によって生活
習慣病などが引き起こされやすくなった状態がメタボリックシンドロームと
呼ばれています。肥満症や高血圧、高脂血症や糖尿病といった生活習慣病は
この内臓脂肪による肥満が大きく影響を与えているとされており、このメタ
ボリックシンドロームが注目されています。

では、具体的にはどのような場合にメタボリックシンドロームと診断される
のでしょうか。海外では以前からメタボリックシンドロームの診断基準が存
在していました。しかし、体質などの異なる日本人にそれをそのまま当ては
めることはあまり妥当とは考えられず、日本独自の診断基準が求められてき
ました。そのような中、今年の4月に、日本内科学会を含む8つの学会が、日
本における診断基準を発表しました。それでは、次から日本におけるメタボ
リックシンドロームの診断基準を見て行きましょう。

メタボリックシンドロームの診断基準

日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準は以下のようになってい
ます。

●必須項目
ウエスト周囲径 男性85cm以上、女性90cm以上

必須項目に加えて以下の3項目のうち2つ以上

●選択項目1
中性脂肪 ≧150mg/dl
かつ/または
HDLコレステロール <40mg/dl

●選択項目2
収縮期血圧 ≧130 mmHg
かつ/または
拡張期血圧 ≧85 mmHg

●選択項目3
空腹時血糖 ≧110mg/dl

まず必須項目のウエスト周囲径ですが、これはいちばん細いところではなく
おへそのまわりで測ることに注意してください。また、このウエスト周囲径
は内蔵脂肪量の目安となっていますので、CTスキャンなどで内蔵脂肪量を測
定してもらうことをおすすめします。メタボリックシンドロームの診断基準
は、このウエスト周囲径の他に、あと3項目あるのですが、そのうち2項目
以上当てはまるとメタボリックシンドロームということになります。この診
断基準で注目してほしいのは、例えば血圧を見ても、そんなに高くない値で
診断基準を満たしているということです。つまり、メタボリックシンドロー
ムにおいては、1つの項目の異常さよりも、複数の項目を同時に満たしてい
ることが診断の大きな基準となっているのです。
皆さんも、このメタボリックシンドロームを甘く見ず、自分が当てはまって
いるかもと感じたら、病院で正確に測定してもらうようにしましょう。
次回は、メタボリックシンドロームを放っておくとどうなってしまうのか、
そしてメタボリックシンドロームの予防もしくは対策について特集していき
たいと思います。

┏━■■アソティックシリーズ商品情報「ライフパック」■■━━━━━━┓

<原材料名> 
ビタミンA(パルミチン酸エステル)、β-カロチン、藻類カロチン、
ビタミンD3(コレカルシフェロール)、ビタミンE含有大豆油等、
ビタミンB1(チアミン硝酸塩)、ビタミンB2(リボフラビン)、
ナイアシン、ナイアシンアミド、ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)、
葉酸、ビタミンB12(シアノコバラミン)、パントテン酸(パントテン酸Ca)、
ビタミンC(アスコルビン酸)、カルシウム(サンゴCa)、
カルシウム(ドロマイト)、鉄(乳酸鉄)、マグネシウム(ドロマイト)、
カリウム(塩化K)、緑茶葉抽出物、ビタミンE含有大豆油等、
柑橘系果物抽出物、スピルリナ粉末、ブドウ種子抽出物、
アセロラ・チェリー抽出物、醸造酵母 

内容量:30パック
希望小売価格:¥5,880
--------------------------------------------------------------------

健やかな生活のために欠かせないのが適度な運動と休養、そして正しい食生
活です。必要な栄養をきちんと摂る、そんな身体が自然に求めていることを
毎日の食事で満たせないときには、栄養補助食品ライフパックをお試しくだ
さい。健康を維持していくために必要なビタミン、ミネラルがバランスよく
配合され、さらにその栄養学的有用性が注目されている緑茶葉抽出物(カテ
キン)、アセロラ抽出物などの植物性栄養素をいっそう強化したライフパッ
ク。すべてのファーマネックス製品の中核として、より高い健康をパワフル
にサポートします。 


ご購入
http://shop.asotk.com/lineup/lifepak.html


┏━■■編集後記■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

今回が2005年最後のメルマガとなりました。今回はメタボリックシンドロー
ムの前編ということで、年をまたいで後編というのは少しきりが良くない感
じもしますが、来年も健康情報マガジンアソティック便を宜しくお願い致し
ます。
それでは、また2006年1月号でお会いしましょう!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ☆アソティック便購読中止 変更
   http://www.asotk.com/communication/melmaga/index.html

 ☆アソティック便では皆様からの健康情報・体験談・ご意見・ご感想など    
を受付けています。web@asotk.com までお気軽にどうぞ

 ☆発行元 株式会社レイコー AIP部 web@asotk.com

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  Copyright (C) 2005 Leico Corporation. All Rights Reserved. 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-28  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。