芸能

健剛快准昌博

V6小説など配信中。
基本的に甘甘ラブラブで♪
J禁なので気を付けてね。

全て表示する >

<かわいげ:14>

2003/04/23

足下に逢った小枝を踏んだ。
ピシッと音がして、岡田が振り向く。
少し驚いた顔をしたあと、恥ずかしそうに涙を拭った。

止まっていた足を動かし、岡田のすぐ側まで行く。
「坂本くん、ごめんなぁ…」
少しだけ口の端をあげただけの笑顔。
一番年下の彼を、いつの間にこんな我慢ばかりさせてきたんだろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:平日ほとんど毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。