芸能

健剛快准昌博

V6小説など配信中。
基本的に甘甘ラブラブで♪
J禁なので気を付けてね。

全て表示する >

<よる☆かぜ:16>

2003/03/21

ひとしきり砂の上でじゃれていると、さすがに夜風が冷たくなってきた。
「さすがに寒くなってきたなぁ。車に戻る?」
「そーやなぁ。まぁ、ゆっくり散歩しつつもどるか!」
手を繋いで、ゆっくり歩き出す。
冷たい風が、剛くんのサラサラの髪の間をすり抜ける。
いつの間にか輝きだした月が、剛くんをほんのり照らす。
大きめのTシャツのせいで露出している鎖骨に、ドキリとする。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:平日ほとんど毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。