芸能

健剛快准昌博

V6小説など配信中。
基本的に甘甘ラブラブで♪
J禁なので気を付けてね。

全て表示する >

<よる☆かぜ:4>

2003/03/12

窓の下には真新しい岡田の車が見える。
そしてその横でこちらに向かって手を振る岡田も見える。
その目で時計を見ると、朝の7時を回ったばかり。
「お前さぁ…俺が夜遅くまで仕事だったの知ってんだろ?」
「知ってる。助手席で寝ててええから。」
早く逢いたかってん と言う岡田に、まだまだコドモだなぁと諦めて。
「解ったよ。ちょっと待ってろ。」
素早く着替え、寝癖を帽子で隠して岡田の元へ急ぐ。
玄関まで付いてきたモモに軽くキスをして出る。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:平日ほとんど毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。