芸能

健剛快准昌博

V6小説など配信中。
基本的に甘甘ラブラブで♪
J禁なので気を付けてね。

全て表示する >

<愛したい:10>

2003/01/27

口の中に生暖かいモノが、数回に分けて放出された。
その大部分を ゴクリ と飲み干すと、井ノ原が肩で息をしながら起きあがる。
「なに…飲んでんだよぉ…。…ん…」
口の中に少しだけ残った井ノ原のモノを口移しで飲ませる。
「マズっ。お前よくこんなん飲めるなぁ…」
「いのっちのやん?甘くて、美味しいで?」
岡田の言葉に、顔を赤くする井ノ原の太股の辺りに、岡田の高ぶりが当たる。
「お前・・。」
「いのっちン中、入りたいって、ゆうてんねんけど?」

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:平日ほとんど毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。