芸能

健剛快准昌博

V6小説など配信中。
基本的に甘甘ラブラブで♪
J禁なので気を付けてね。

全て表示する >

<君への誓い:12>

2003/01/15

ぱたぱたと、楽屋の床が濡れる。
自分の涙だと気づくのに、少し時間がかかった。
彼は、ちゃんと自分の気持ちを言ってくれた。
あんなに冷たくしたのに。あんなにひどいこと言ったのに。
それなのに彼は、好きだと言ってくれた。
泣きながら。人前ではホント泣かない彼が。
いつも笑顔の彼を、大好きだった彼の笑顔を無くしてまで何をしようとしていたんだろう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:平日ほとんど毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。