トップ > エンターテイメント > 演劇 > パパタラ電子報 | 舞台カンパニー パパ・タラフマラのオフィシャルメルマガ

舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたアート集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。公演やイベントの新着情報他、パパタラ近辺の旬なアート&身体の情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



□■パパタラ電子報■□小池博史ブリッジプロジェクトメルマガ創刊のお知らせ

発行日:12/1

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)小池博史 責任編集【小池博史ブリッジプロジェクトメルマガ】創刊!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

大変長らくお待たせ致しておりました、小池博史ブリッジプロジェクトの
メールマガジンを、この度2012年の12月付けで
創刊させて頂くこととなりました!

登録はこちらからどうぞ!
●PC用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/magazine.html
●ケータイ用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/m/magazine.html


パパ・タラフマラが設立してから30年、
私たちの表現に、真摯に向き合ってくださるみなさまとの
コミュニケーションツールについて、試行錯誤して参りました。
情報をお伝えしたり、時に思想を共有したり、その時代にあった方法を
常に模索してまいりました。

そして、2012年5月パパ・タラフマラの解散と共に、
パパタラ電子報も、小池博史メールマガジン[H Island]も終了となりました。


「SNSが台頭し、スパムメールも含めた情報が氾濫する昨今で、
メルマガというツールはもう古いのか?」

小池博史ブリッジプロジェクトでは
それらについて熟考をかさねてまいりましたが、
この度、改めて小池博史ブリッジプロジェクトのメールマガジンを
創刊させていただくことにいたしました。

やはり、既存のアプリケーションやSNSには、はやり廃りがあります。
だからといって、ブログのように万人に開かれたメディアのみでは不十分。
原点回帰でお手紙やDM、も良いですが、現実的に考えると
どうしても発行頻度を押さえざるを得ない。

ということならば、やはりメールマガジンという形態を継続しよう。
そして、これまでよりもより読み物として面白いメディアにしてゆこう。
という思いでの創刊です。

今回はなんといっても“小池博史 責任編集!”

コラムや、多彩なゲストからの寄稿等、新しい時代を築いてゆくための
新しいメディアとして、あらゆるカテゴリー(境界)を越えた情報を発信し
また、交感する場にして参りたいと思います!

もちろん小池演出作品公演などでの読者特典もあり。
毎月第1金曜日定期配信、その他増刊号などの配信も予定しております。


ぜひ、改めてこちらのURLよりアクセスいただき、ご登録をお願い致します。

●PC用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/magazine.html
●ケータイ用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/m/magazine.html


※本メルマガからの自動更新やリストの引継は行ないませんので、お手数ですが改めてご登録をお願い致します。


☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(2)【2012年12月12日-16日】ノゾエ征爾×小池博史「マイサンシャイン」

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月12日より小池博史が演出する舞台『マイサンシャイン』が上演されます。

第56回岸田國士戯曲賞を受賞したノゾエ征爾による脚本を、5人の演出家が演出し、上演してゆくという本企画は新進演劇ユニットUtervision Company(ウルターヴィジョンカンパニー)によるもの。 7月・9月と上演が続き、12月には小池博史による演出で1年を通した企画を締めくくります。
また、三浦佑介氏(サルとピストル)による演出作品も同時上演されます。

お問い合わせは
 Utervision Company(ウータヴィジョンカンパニー)までどうぞ。
uter_t@mail.goo.ne.jp tel/080-6687-6742

『マイサンシャイン』【小池博史演出作品】

出演 鈴木コウヤ/中村明日香/前納依里子

演出 小池博史
脚本 ノゾエ征爾

【場所】世田谷ものづくり学校/IIDギャラリー
【公演日時】12月12日(水)〜16日(日) 
・小池演出作品
12日 19:00〜
13日 14:25〜 / 19:00〜(三浦演出作とのセット販売のみ)
14日 14:25〜 / 19:00〜(三浦演出作とのセット販売のみ)
15日 13:00〜 / 19:00〜
16日 15:00〜 
*13日19時公演・14日の19時公演は、セット券のみの発売です。

【チケット料金】
小池博史演出 前売り 4000円 / 当日 4300円
セット券 前売り 4700円 / 当日 5000円

※その他、三浦氏演出公演の詳細等についてはUtervision Companyサイトをご確認下さい。


☆チケットのご予約 
PC  https://ticket.corich.jp/apply/40376/
携帯  http://ticket.corich.jp/apply/40376/
※チケットは当日、会場の受付でのお渡しとなります。


☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

(3)「注文の多い料理店」待望の東京初公演、決定!(2013年2月)

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー


2012年6月に千葉の流山にて初演を迎えた「注文の多い料理店」。
しかし、上演日1日のみであったこともあり、ご覧頂けなかった方も多いはず!

そんな「注文の多い料理店」が2013年の2月に
いよいよ待望の東京初演を迎えます!

今回は、お楽しみがたくさん☆ 限定チケットの発売もございます。

詳細は12月7日発行予定の“小池博史ブリッジプロジェクトメルマガ”にて
お知らせ致します。どうぞこちらからご登録をお願い致します。

●PC用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/magazine.html
●ケータイ用メルマガ登録ページ http://www.kikh.com/m/magazine.html


☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 指輪ホテル・メイルマガジン

    最終発行日:
    2015/07/27
    読者数:
    1184人

    パフォーミングアーツカンパニー・指輪ホテルと演出家・劇作家・俳優の羊屋白玉についての情報をお届けします。

  2. 言水制作室・今日の出来事メール便

    最終発行日:
    2014/12/18
    読者数:
    367人

    小さな出版社、言水制作室です。今は他の出版社の本のレイアウトをしたりしています。日々のことを淡々とつづる日記的メルマガです。

  3. フェティッシュ・ヴォイス

    最終発行日:
    2016/11/11
    読者数:
    305人

    フェティシズムについての総合評論。革や合皮のブーツ、テカテカ光るぴったりしたパンツやスカート、ジャケットなど、女性が身につけることでハードな魅力が出るアイテムの謎に迫る。フェティッシュメディアレビューも。

  4. 神楽坂まちの手帖

    最終発行日:
    2015/03/30
    読者数:
    847人

    神楽坂の地域雑誌『神楽坂まちの手帖』(編集長:平松南)と連動。神楽坂を中心に街の歴史や神楽坂を愛好する著名人の取材や寄稿等で構成した雑誌の抜粋記事のほか、街の旬の話題やお得な神楽坂の飲食店情報等をお届けします。

  5. maldoror

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    462人

    ロートレアモン、シュールレアリスム、舞踏、舞踊、演劇、イコン、フェルメール、美術などについて、情報や意見を掲載するメールマガジンです。 投稿を歓迎しています。 情報、舞台批評、質問などもお寄せください。

発行者プロフィール

パパ・タラフマラ

パパ・タラフマラ

http://www.pappa-tara.com

82年、演出家 小池博史を中心に結成されたパフォーミング・アーツ・カンパニー。「ダンス」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら、舞台空間全体を一つのアートに築き上げる演出手法で世界中の多くの観客を魅了してきました。ベネチア・ビエンナーレ、ベルリン芸術祭などの海外主要フェスティバル等、世界30カ国で上演され、国際的に高い評価を確立しています。知性だけでは推し量れないパパタラフマラワールドに、才能豊かなアーティスト達が結集し、オリジナリティ溢れる作品が、毎年誕生しています。世界を縦横に駆け巡るパパ・タラフマラの活動にご期待下さい。 【2010-2011年の予定】 ★9月24-27日「スウィフト・スウィーツ」@せんがわ劇場(東京) ★11-1月「パパ・タラフマラの白雪姫」全国ツアー 11月27日(土)流山市文化会館(千葉) 12月4日(土)北上市文化交流センターさくらホール(岩手) 12月12日(日)魚沼市小出郷文化会館(新潟) 12月18日(土)いわき芸術文化交流館アリオス(福島) 1月8日(土)イムズホール(福岡) 1月9日(日)    〃 1月15日(土)宮崎県立芸術劇場 1月20日(木)-24(月) あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 1月28日(金)武豊町民会館ゆめたろうプラザ(愛知)

過去の発行記事