演劇

パパタラ電子報 | 舞台カンパニー パパ・タラフマラのオフィシャルメルマガ

舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたアート集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。公演やイベントの新着情報他、パパタラ近辺の旬なアート&身体の情報をお届けします。


全て表示する >

□■パパタラ電子報□■ウェブショップをオープンしました。

2012/03/15

==============

(1)ウェブショップをオープンしました。

==============
pappaのサイトにウェブショップをオープンしました。
アドレスはこちら
http://pappa-tara.com/fes/special/goods/shop.html

WEBSHOPでは
銀行振込、カード決済でお買い物が可能となります。

DVDやなど見逃した名作もそろっています。
ぜひ一度のぞいてみてください。

==============

(2)「パパ・タラフマラの白雪姫」全公演完売です。

==============
おかげさまで、「パパ・タラフマラの白雪姫」は全公演完売となりました。
ありがとうございます。
当日券は若干出る予定ですが、本当に数枚です。(出すなどというインフォメーションしていいのか?)という程度ですので、ご了承下さい。

それに伴い、チケットをお持ちのお客様にお願いです。今回は立見も出ると思われますので、チケットをお持ちのお客様でも、開演時間に遅れますと指定のお席でご観劇いただけなくなります。

必ず、開演前にはご入場いただけますよう、余裕を持ってお出かけください。
パパ・タラフマラからのお願いです。

==============

(3)P.A.I.からのお知らせ

==============
メールマガジンをご覧の皆様、こんにちは、P.A.I.2年生の加藤典子です。

日に日に春を身近に感じられる時節になって参りましたね、今日もとっても良いお天気でした。

そのお天気の陽気が尚更に、私たちにとっては卒業が近いということを感じさせる今日この頃、P.A.I.は、4月4日の卒業公演に向け、稽古の真っ只中!です。

毎日、小池さんにあーでもないこーでもないと言われながらも、時に楽しく時に厳しく、時に猿になりながら(!)空間、時間、そしていっしょに踊っている皆と、より良い作品へ昇華できるよう研鑽を積んでいます…なかなか、一朝一夕にはできないんですが(笑)。

でも、なかなかできないからこそ、そこに挑戦していきたくなるものです。

私たちの挑戦の結果を、ぜひ劇場にて共有して頂けたら、とても嬉しいです!

胸を張ってお逢いできるよう、がんばります。ぜひお越し下さい、お待ちしております!

パパ・タラフマ舞台芸術研究所 第17回卒業公演『未来創象船』

2012年4月4日(水)

三鷹市文化センター
星のホール

●14:00開演(13:40開場)●18:00開演(17:40開場)

受付開始/開演1時間前
上演時間/約1時間50分
途中休憩有り
第一部 研究生個人作品
第二部 Cool Struttin
(小池博史書き下ろし作品)
第三部 Fragments of Blue(パパ・タラフマの名作『青』をモチーフに)

チケット(全席自由席)
●前売 2500円
●当日 2700円

【チケット予約方法】
メールにて、氏名、住所、希望の公演日時と枚数、お持ちのEメールアドレスharuka_matsunawa@yahoo.co.jp(松縄)までお送り下さい。

または、下記アドレスから、お申込みフォームにご記入下さい。
(PC版)http://ws.formzu.net/fgen/S88370435/
(携帯)http://ws.formzu.net/mfgen/S88370435/

交通アクセス
〒181-0012
東京都三鷹市上連雀6-12-14
Phone: 0422-47-9100
¶JR三鷹駅南口(4)(5)番バスのりばから3つ目「八幡前・芸術文化センター」下車すぐ。または(6)(7)番のりばから「八幡前」
下車1分。または徒歩約15分。

==============

(4)「白雪姫」狩人、森の小人役 橋本からの手紙

==============
みなさま、こんにちは!

『白雪姫』では狩人と森の小人を演じますメンバーの橋本です。

パパ・タラフマラのラストステージまであと2週間となりました。
チケットのほうは全日完売ということですが、お席のほうはお取りいただけましたでしょうか?

パフォーマー、そしてスタッフのほうも着々とラストに向けて準備しております。一緒に狩人役を演じるインドネシア人ダンサーのアセップも間もなく到着です。

今日は美術会議なるものが開催されました。パフォーマーも身体の調整をするように、美術家さんたちは、オブジェの調整をして本番を迎えるのですね。
白雪姫の美術家さんは、キネティックアーティスト田中真聡さん、パフォーマーとしてもご活躍の松島誠さん、
たくさんの小道具を担当していただいている森聖一郎さんです。
具体的に話してしまいたい気持ちに駆られますが、初めて観るかたの楽しみを奪ってはいけないのでグッとこらえます。ネタバレは禁物!ですね。オブジェたちも、出演者といっても過言はないのですから。

小池さんは「風の旅人」のエッセイでパパ・タラフマラの舞台を『変拍子の交響曲』と書いていましたが、こうやって本番に向けて準備をしていると
本当にそうだなあとシミジミと感じてきます。音、光、衣装、オブジェ、劇場、お客さん、そして、見えないたくさんの力が終結。すべてが勢ぞろいし、響きあって出来上がる空間。
なんで敢えて「変拍子」かと考えると、わたしは「違和感」や「驚き」なのではないかと思っています。
その「驚き」を探し続けたパパ・タラフマラの30年の年月も本当に最後です。

もちろん『パパ・タラフマラの白雪姫』も、例外ではありません。善か悪か。大か小か。生か死か。自分の尺度が裏切られて、自分の物差しに問いかける。なんてたって、167センチのわたしが小人なんですから。

パパ・タラフマラの最終楽章まもなくです。

劇場でお待ちしております!!

==============

(5)パパ・タラフマラスペシャルミュージックパーティーのお知らせ☆☆☆

==============

お待たせしておりました!以前よりお知らせ致しておりました、パパフェス最後のイベント、スペシャルミュージックパーティーの詳細が決定致しました。 
パパ・タラフマラ最後のイベントぜひ皆さんで盛り上がりましょう☆


●2012年4月21日(土)
18:30 OPEN(会場で、ドリンク&ご歓談をお楽しみください)
19:30 START
22:30 CLOSE

●過去パパ・タラフマラ作品に音楽を提供してくださった豪華ミュージシャンとパフォーマーの夢なコラボが実現!?☆☆

オノセイゲン、下町兄弟、菅谷昌弘、中川俊郎、中村明一、藤井健介、堀越彰、三枝伸太郎(敬称略、五十音順) &パパタラパフォーマー 他

●入場料 3500円

※要予約(ご予約は下記よりお願いいたします)

※パパタラファイナルフェスティバルセット券の特典チケットをお持ちのお客様は20%OFFの2800円になります。チケットは当日お持ちください。
※会場の都合により、基本的にスタンディングのイベントとなります。お身体のご不自由な方は、あらかじめご相談ください。

●ご予約受付中
お申し込みフォーム
PC版 https://ticket.corich.jp/apply/34881/
携帯版 http://ticket.corich.jp/apply/34881/ 


■編集後期■
公演も後2週間後にせまり、改めて昨年のビデオを何種類も見直しています。自分自身が撮影した稽古ビデオや東京の本番、地方公演での本番など。
1年とは、何にも変われないような時間だけれども、確実になにかを変えることもできる時間なのだなと感じます。みながら、ああここはもっとこんな風にしたら?もっとこうやりたいとか、もっとかっこ良くとか、違う側面を追求してみようかとか、楽しくなります。さて、今年はどんな舞台をお届けできるか。楽しみです。

(今日のパパタラワード)
舞台とは空間と音と身体との響き合い、
さらに言えば、それら三つの要素が
バラバラに発する錯綜したリズムを
いかに調整していくかが問われる芸術だと思います。
(by ロング グッドバイ〜パパ・タラフマラとその時代より)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊(毎週 木曜)  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。