演劇

パパタラ電子報 | 舞台カンパニー パパ・タラフマラのオフィシャルメルマガ

舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたアート集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。公演やイベントの新着情報他、パパタラ近辺の旬なアート&身体の情報をお届けします。


全て表示する >

□■パパタラ電子報■□「SHIP IN A VIEW」ご来場ありがとうございました。

2012/02/02

================ 

(1)パパフェス第四弾「白雪姫」 

================ 

「白雪姫」 

3月29日(木) 19:30〜 
3月30日(金) 13:00〜/19:30〜 
3月31日(土) 13:00〜/17:30〜 

【会場】北沢タウンホール 

★…終演後アフタートークあり 

【29日(木)】19:30-:未定 

【30日(金)】13:00-:未定 

19:30-:トラフ建築設計事務所 

【31日(土)】13:00-:萩尾瞳(映画演劇評論家) 

※全公演前にプレトークあり 
<会場>北沢タウンホール(北沢区民会館)−下北沢駅下車南口より徒歩4分 

全席指定席 

前売一般=4,500円 
学生・65歳以上・身障者割引=3,800円 
当日券:各券の500円増  

助成:アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC) 協力:公益財団法人 セゾン文化財団  

主催:パパタラ ファイナルフェスティバル実行委員会 SAI Inc. 

企画・制作 SAI Inc. 

================ 

(2)PAI2002年度生徒募集 

================ 

P.A.I.所長 

小池博史よりメッセージ 

「P.A.I.は1995年にはじまり、16年間で多くの卒業生を送り出してきました。舞台芸術のきわめて根本的な部分での教育は大きな成果をあげることができたとは思っています。 

来年度からは新たなスタートを切ります。 

パパ・タラフマラ自体は解散することになりますが、全く変わらずP.A.I.は継続することとし、更なる可能性を探っていくことができるような体制作りをしています。 

新しい舞台芸術の担い手を一緒に生み出していきましょう。」 

■2012年度オーディション日程●第一回2012年2月18日(土) 

●第二回2012年3月17日(土) 

●第三回2012年4月7日(土) 

※定員に達し次第募集を終了させていただきます 

■現役P.A.I.生のブログや授業の詳しい内容等は 
http://pappa-tara.com./pai 

■募集要項のご請求は→pai@pappa-tara.com 


■編集後期■ 

SHIPに出演していた、小川さんとクックさんのお別れ会をしました。小川さんは子どもたちの待つサンフランシスコへクックさんは香港に帰ります。住む場所は違えど、永く舞台という絆で繋がっていただけに、みんな日常に戻っていくのだなという感じが不思議です。まきえちゃんも出産に向けて優良妊婦の生活に戻ったらしい。まあ、私もダンサーと先生の生活に戻っています。自分でいうのも変ですが、パフォーマーには現実を超えて時間を創り出す。(切り取る?)(創造する?)作業って求められるよな〜!なんて、考えても仕方のない事を考えたりしてみてます。でも、それを支えているのは日常の過ごし方。感じ方。3月の「白雪姫」までに何をするか??さて、今日も時間を楽しみましょう。 

  

(今日のパパタラワード) 
できるだけ頭を空っぽにしてやらせるんですよ。
そして次第に拡大しながら、ドラマ化していくんですね。
つまり身体が感じるドラマにしていくと。
それは感性による物語の創出です   

(港千尋さんとの対談より 小池博史)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-20  
最終発行日:  
発行周期:週刊(毎週 木曜)  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。