トップ > エンターテイメント > 演劇 > パパタラ電子報 | 舞台カンパニー パパ・タラフマラのオフィシャルメルマガ

舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたアート集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。公演やイベントの新着情報他、パパタラ近辺の旬なアート&身体の情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



□■パパタラ電子報■□

発行日:12/5

//
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ずれずれ狂ったパンドンファミリーが織りなす儚く愛おしい極彩喜劇
「パンク・ドンキホーテ」@あうるすぽっと(2009年12月11-20日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「パンク・ドンキホーテ」公式サイトhttp://pappa-tara.com/punk/
 メイキングブログ http://blog.livedoor.jp/punk_donquixote/


以下、公演概要です↓↓↓↓

演出家 小池博史を中心に結成され、他には類を見ない圧倒的なパフォーマンス
で、世界中の観客を魅了する舞台カンパニー「パパ・タラフマラ」。

待望の新作公演は、総勢16名のパフォーマーと、ジプシーバンドが贈る
“豪華ドン・キホーテ”。ダンス、演劇、美術、音楽全てを堪能できる極上
アートな舞台空間は一見の価値有り!

のどかな田園風景、陽気な音楽、からくりだらけの白い家。
明るさと狂気を身に纏う家長パンドンが、世界の果てに見たものは・・。
総勢16名のパフォーマーとジプシーバンドがお届けする“豪華ドン・
キホーテ”。スピード感が爽快なパパタラワールドに乞うご期待!


【公演日程】2009年12月11日(金)〜20日(日) 全11公演

12月11日(金)19:30開演(19:00開場)
12月12日(土)14:30開演(14:00開場)/19:00開演(18:30開場)
12月13日(日)14:30開演(14:00開場)
12月14日(月)19:00開演(18:30開場)☆1
12月15日(火)休演日
12月16日(水)19:30開演(19:00開場)
12月17日(木)19:30開演(19:00開場)☆2
12月18日(金)19:30開演(19:00開場)
12月19日(土)14:30開演(14:00開場)/19:00開演(18:30開場)
12月20日(日)14:30開演(14:00開場)


☆1:14日(月)公演終了後、トラフ建築設計事務所(鈴野浩一、禿真哉)
と、小池博史によるポストパフォーマンストークあり
☆2:17日(木)公演終了後、ロビーにてカツラマズルカによりミニライブあり


【会場】
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F TEL.03-5391-0751

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より直結、「池袋駅」より徒歩10分


■作・演出・振付:小池博史
■出演:松島誠 白井さち子 あらた真生 関口満紀枝 池野拓哉 橋本礼 
南波冴 横手祐樹 横手亜梨沙 荒木亜矢子 辻乃野子 小谷野哲郎 石本華江 
吉村悠里 クトゥット・リナ オーウェン・ウェンリャン
■舞台美術:トラフ建築設計事務所(鈴野浩一 禿真哉)
■オブジェ:田中真聡 他
■作曲:アラン・パットン 藤井健介
■演奏:アラン・パットン(アコーディオン、のこぎり、ヴォイス)  
岩原智 (チューバ)  多田葉子 (クラリネット、アルトサックス)


【料金】(全席指定席)
前売一般5,000円/65歳以上=4,500円/学生3,900円/小学生2,000円
当日券 各券の500円増 *お得なセット券販売あり



<お問い合わせ/チケット取り扱い>
パパ・タラフマラ tel:03-3385-2919

予約フォーム
(PC)https://ticket.corich.jp/apply/15519/
(携帯)http://ticket.corich.jp/apply/15519/

-------------------------------------------------------
〜公演関連情報〜
-------------------------------------------------------
(Webちらし)
http://www.pappa-tara.com/punk/info/

(チラシコメントより)

●天童荒太(小説家)
『人間も世界も、もっと豊かでエロチックで、宇宙的な深みを持っている
ことを優美かつ激しい踊りと、研がれた言葉と音楽、卓越した美術や造形を
駆使した空間表現で、こちらの五感を揺さぶり伝えてくれる。パパタラを
体験したあとは、風景が違って見える。』

●桃井かおり(女優)
『パパ・タラフマラの元気とオリジナルのファンです。』

●土佐信道(明和電機 代表取締役社長)
『よく作ってるなーと。本物だなーと。同じクリエーターとして見て、
すごいスリリングなことやってるなーと。』


(参加アーティスト紹介)
☆小池博史(作・演出・振付)
パパ・タラフマラ芸術監督・演出家・振付家・作家・写真家
1982 年「パパ・タラフマラ」設立。以降、全48作品の作・演出・振付を
手掛ける。その作品群は、演劇・舞踊・美術・音楽の ジャンルを超えた
「新しい舞台芸術」として強くオリジナリ ティに溢れている。
ベネチア・ビエンナーレ、ネクストウェーブフェス、ベルリン芸術祭などの
海外主要フェスティバルや世界の一流劇場からの招へい公演を毎年実施し、
世界30カ国以上を 駆け巡り、国際的に高い評価を確立。
1995年パパ・タラフマラ舞台芸術研究所(P.A.I.)設立。 
若手パフォーマーの育成に力を入れている。
小池博史公式サイト http://kikh.com/


☆トラフ建築設計事務所[鈴野浩一 禿真哉](舞台美術)
鈴野浩一と禿真哉により2004年に設立。建築の設計をはじめ、インテリア
デザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーション
や ムービー制作への参加など、幅広く取り組んでいる。
主な建築作品に「テンプレートイン クラスカ」「テーブル オン ザ ルーフ」
「回転体」「UDS上海オフィス」「NIKE 1LOVE」「ブーリアン 東大医学部教育
研究棟 鉄門カフェ」「港北の住宅」など。
2005年「テンプレート イン クラスカ」にてアジアデザインアワードアジア
デザイン大賞、「ブーリアン」にてJCDデザインアワード2007金賞、商空間
アワード2007 グランプリ受賞。「NIKE 1LOVE」でJCDデザインアワード2007
銀賞。ベストデビュタント賞 2008(MFU主催)にも輝く。
トラフ建築設計事務所公式サイト http://www.torafu.com/


☆アラン・パットン(作曲・演奏)
造形作歌として活動した後2001年から東京にて本格的に音楽活動を開始。
現在は、KATSURA MAZURKA, KECSKE BROASCA, METROMANCE HOTEL のメンバー。
伊藤ヨタロウ、バイオリニストHONZI 、サックス小森慶子(渋さ知らず)
ダンサー康本雅子など数多くの多ジャンルに及ぶアーティストと作品制作を
行っている。


☆outsect[小林和史 甲斐さやか](衣装)
アートとファッションを新たに繋ぐプロジェクト。
音楽・ダンスなど様々なジャンルの才能と共に既成概念にとらわれることの
ない独自のスタイルで活動し、それらをファッション・映像・プロダクトに
反映させ、時代を超えた永続的なものづくりを目指している。
outsect HP http://www.outsect.com/


みなさまのご来場を心よりお待ちしております。


========================================
Pappa TARAHUMARA(パパ・タラフマラ)
http://pappa-tara.com
http://kikh.com
〒165-0026 東京都中野区新井1-1-5 1F
Tel:03-3385-2066 Fax:03-3319-3178
========================================

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 指輪ホテル・メイルマガジン

    最終発行日:
    2015/07/27
    読者数:
    1186人

    パフォーミングアーツカンパニー・指輪ホテルと演出家・劇作家・俳優の羊屋白玉についての情報をお届けします。

  2. 言水制作室・今日の出来事メール便

    最終発行日:
    2014/12/18
    読者数:
    367人

    小さな出版社、言水制作室です。今は他の出版社の本のレイアウトをしたりしています。日々のことを淡々とつづる日記的メルマガです。

  3. フェティッシュ・ヴォイス

    最終発行日:
    2016/11/11
    読者数:
    305人

    フェティシズムについての総合評論。革や合皮のブーツ、テカテカ光るぴったりしたパンツやスカート、ジャケットなど、女性が身につけることでハードな魅力が出るアイテムの謎に迫る。フェティッシュメディアレビューも。

  4. 神楽坂まちの手帖

    最終発行日:
    2015/03/30
    読者数:
    846人

    神楽坂の地域雑誌『神楽坂まちの手帖』(編集長:平松南)と連動。神楽坂を中心に街の歴史や神楽坂を愛好する著名人の取材や寄稿等で構成した雑誌の抜粋記事のほか、街の旬の話題やお得な神楽坂の飲食店情報等をお届けします。

  5. maldoror

    最終発行日:
    2017/02/09
    読者数:
    462人

    ロートレアモン、シュールレアリスム、舞踏、舞踊、演劇、イコン、フェルメール、美術などについて、情報や意見を掲載するメールマガジンです。 投稿を歓迎しています。 情報、舞台批評、質問などもお寄せください。

発行者プロフィール

パパ・タラフマラ

パパ・タラフマラ

http://www.pappa-tara.com

82年、演出家 小池博史を中心に結成されたパフォーミング・アーツ・カンパニー。「ダンス」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら、舞台空間全体を一つのアートに築き上げる演出手法で世界中の多くの観客を魅了してきました。ベネチア・ビエンナーレ、ベルリン芸術祭などの海外主要フェスティバル等、世界30カ国で上演され、国際的に高い評価を確立しています。知性だけでは推し量れないパパタラフマラワールドに、才能豊かなアーティスト達が結集し、オリジナリティ溢れる作品が、毎年誕生しています。世界を縦横に駆け巡るパパ・タラフマラの活動にご期待下さい。 【2010-2011年の予定】 ★9月24-27日「スウィフト・スウィーツ」@せんがわ劇場(東京) ★11-1月「パパ・タラフマラの白雪姫」全国ツアー 11月27日(土)流山市文化会館(千葉) 12月4日(土)北上市文化交流センターさくらホール(岩手) 12月12日(日)魚沼市小出郷文化会館(新潟) 12月18日(土)いわき芸術文化交流館アリオス(福島) 1月8日(土)イムズホール(福岡) 1月9日(日)    〃 1月15日(土)宮崎県立芸術劇場 1月20日(木)-24(月) あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 1月28日(金)武豊町民会館ゆめたろうプラザ(愛知)

過去の発行記事