トップ > エンターテイメント > 演劇 > パパタラ電子報 | 舞台カンパニー パパ・タラフマラのオフィシャルメルマガ

舞台芸術の世界で独自のジャンルを築いてきたアート集団、パパ・タラフマラ。演劇、美術、音楽、ダンスといった枠に捉われず多彩な表現で新境地を切り開き、国内外で活躍中。公演やイベントの新着情報他、パパタラ近辺の旬なアート&身体の情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



□■パパタラ電子報■□

発行日:11/6

==================================================================
パパ・タラフマラ 電子報
2006/11/06=========================================================
こんにちは
パパ・タラフマラの仲島です。
いよいよ、年末の新作公演「シンデレラ」の一般前売りチケットが販売開始!!
そして、松島誠、振付、出演の「ハネジイ−羽根爺」が今週末、
セッションハウスにて日本初公開!!
目白押しイベント満載のパパ・タラフマラ、お見逃しなく!!

本日のLine Up

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■        
◆新作公演 パパ・タラフマラの「シンデレラ」
一般チケット販売開始!!

◆◆松島誠 振付・出演   話題の公演が
ついに今週末、日本で解禁!!
   
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■


待望の新作は「シンデレラ」。

童話シリーズ第一弾となる本作は、まったく新しい独創的な「シンデレラ」。
魔性を秘めたシンデレラ VS 狂った森のエロス(魔法使い)の 
壮絶なダンス、隠微で、恐怖で、そして笑ってしまうような舞踏会!

そして、舞踏会場となるのは六本木のイベントスペース、スーパーデラックス!!
パパ・タラフマラのクリスマスステージをお楽しみに!

パパ・タラフマラ公式サイト:http://pappa-tara.com
小池博史公式サイト:http://kikh.com
 ---------------------------------------------------------------------- 
---------------------------
パパ・タラフマラの「シンデレラ」
---------------------------------------------------------------------- 
---------------------------
●作・演出・振付:小池博史
●出演:白井さち子 関口満紀枝 あらた真生 池野拓哉 菊地理恵 
橋本 礼 南波 冴 ほか
 
●音楽:下町兄弟 藤井健介
●美術:松島 誠
●振付助手:あらた真生
 

【公演日時】

2006年12月20日(水)?24日(日)

20日(水)・21日(木)・22日(金)→19:30開演
23日(土)・24日(日)→13:30開演 / 18:00開演

※受付開始は開場の30分前、開場は開演の60分前
 ※上演時間は80分弱(休憩なし)

★21日(木)、23日(土)13:30公演後、 
ゲストと小池博史によるポストパフォーマンストークあり

★23日(土)20:00?(終演後すぐ)?パパ・タラフマラのクリスマスナイト!!

【場所】スーパーデラックス
106-0031 港区西麻布3-1-25 B1F(Tel: 03-5412-0515)
【チケット料金】
前売4,000円/当日4,500円/カップルチケット 
7,600円/学生・60歳以上割引3,600円
*全席自由・日時指定
*カップルチケット(7,600円)、学生・60歳以上割引 
(3,600円)は、SAI Inc.、前売のみの取扱い
*未就学児入場不可

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

〜松島誠、演出・出演公演のお知らせ〜

崖っぷち“真剣40代☆踊り場”
一生懸命生きたもん勝ち。働き盛りの40代、がんばる、がんばる!


松島誠 [ハネジイ−羽根爺]+ボーナストラック
矢沼礼子 [バ・ケ・ネ・コ][FUSION]

気色の異なる2人のダンス・アーティスト、歳のころ40そこそこ。
この道まっしぐらの20年選手が、経験とスキルで勝負します。
創って踊る。これが基本。


『ハネジイ−羽根爺』

G・ガルシア・マルケスの小説、「大きな羽根を持ったひどく年老いた老人」を
モチーフに現代人の心の闇に迫るファンタジー。

現代の“どこにもない場所”に倒れていた、臭く汚い死にかけの浮浪者爺。
その爺を発見した夫婦は彼を匿う。
何故なら、爺には羽根が生えていたから。
ほどなくその秘密は漏れ、羽根を持った爺を取り巻いて世間は騒ぎ出す。
それが真実なのか虚構なのか、真相を問う者は誰もいないままに…。


振付・出演: 松島誠
出演:池野拓哉 橋本礼
音楽:菅谷昌弘 他


公演日時
2006年11月11日(土) 16:00/19:30
      12日(日) 14:00/18:00
チケット 前売 2,800円/当日 3,300円(全席自由)
会場 セッションハウス(神楽坂)


チケット申込はこちら↓↓
hanejii@pappa-tara.com

∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
発行  パパ・タラフマラ
URL http://www.pappa-tara.com
e-mail info@pappa-tara.com
tel 03-3385-2919
fax 03-3319-3178
〒165-0026 中野区新井1-1-5 マルハビル1F
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 指輪ホテル・メイルマガジン

    最終発行日:
    2015/07/27
    読者数:
    1185人

    パフォーミングアーツカンパニー・指輪ホテルと演出家・劇作家・俳優の羊屋白玉についての情報をお届けします。

  2. 言水制作室・今日の出来事メール便

    最終発行日:
    2014/12/18
    読者数:
    367人

    小さな出版社、言水制作室です。今は他の出版社の本のレイアウトをしたりしています。日々のことを淡々とつづる日記的メルマガです。

  3. フェティッシュ・ヴォイス

    最終発行日:
    2016/11/11
    読者数:
    305人

    フェティシズムについての総合評論。革や合皮のブーツ、テカテカ光るぴったりしたパンツやスカート、ジャケットなど、女性が身につけることでハードな魅力が出るアイテムの謎に迫る。フェティッシュメディアレビューも。

  4. 神楽坂まちの手帖

    最終発行日:
    2015/03/30
    読者数:
    846人

    神楽坂の地域雑誌『神楽坂まちの手帖』(編集長:平松南)と連動。神楽坂を中心に街の歴史や神楽坂を愛好する著名人の取材や寄稿等で構成した雑誌の抜粋記事のほか、街の旬の話題やお得な神楽坂の飲食店情報等をお届けします。

  5. maldoror

    最終発行日:
    2017/04/20
    読者数:
    463人

    ロートレアモン、シュールレアリスム、舞踏、舞踊、演劇、イコン、フェルメール、美術などについて、情報や意見を掲載するメールマガジンです。 投稿を歓迎しています。 情報、舞台批評、質問などもお寄せください。

発行者プロフィール

パパ・タラフマラ

パパ・タラフマラ

http://www.pappa-tara.com

82年、演出家 小池博史を中心に結成されたパフォーミング・アーツ・カンパニー。「ダンス」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら、舞台空間全体を一つのアートに築き上げる演出手法で世界中の多くの観客を魅了してきました。ベネチア・ビエンナーレ、ベルリン芸術祭などの海外主要フェスティバル等、世界30カ国で上演され、国際的に高い評価を確立しています。知性だけでは推し量れないパパタラフマラワールドに、才能豊かなアーティスト達が結集し、オリジナリティ溢れる作品が、毎年誕生しています。世界を縦横に駆け巡るパパ・タラフマラの活動にご期待下さい。 【2010-2011年の予定】 ★9月24-27日「スウィフト・スウィーツ」@せんがわ劇場(東京) ★11-1月「パパ・タラフマラの白雪姫」全国ツアー 11月27日(土)流山市文化会館(千葉) 12月4日(土)北上市文化交流センターさくらホール(岩手) 12月12日(日)魚沼市小出郷文化会館(新潟) 12月18日(土)いわき芸術文化交流館アリオス(福島) 1月8日(土)イムズホール(福岡) 1月9日(日)    〃 1月15日(土)宮崎県立芸術劇場 1月20日(木)-24(月) あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター) 1月28日(金)武豊町民会館ゆめたろうプラザ(愛知)

過去の発行記事