塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2003/11/19

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆   
  
【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.55
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『田舎者』

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇次の言葉を声に出して読んでみてください。
「犬」「カレンダー」「四十五分」

◇職員質へ質問に来た萌(もえ・小5)が大声で笑い出した。
「先生、おかしいよー。ゼッタイ変!もう一度言ってみて。」
T先生がこたえる。
「何言ってんだよ、おかしくないよ、『イぬ』だろ、『イぬ』。」
「ちがうよ、『いヌ』だよ。」

◇どうやら、萌はT先生のイントネーションがおかしいことを笑ったらしい。
四つ足で「ワンワン」と鳴く哺乳類をT先生は『イぬ』と前にアクセントを
置いて発音する。標準語だと『いヌ』と『ヌ』のほうにアクセントを置く。
T先生は確か四国地方の出身だ。

◇「先生、『カレンダー』もおかしかったよ。『カレンだー』(「だ」にアクセ
ント)だよ。」満面の笑みの萌。
「ちがう、『かレンダー』、『かレンダー』(「か」にアクセント)なの。」
引っ込みが付かないのか、強情なのか、恥ずかしいのか、それともわざと道
化を演じているのか、T先生は譲らない。僕はT先生の気持ちが、多少なり
とも分かる。僕も地方出身者だからだ。

◇18歳で上京した。その直後はなかなかイントネーションが直らなかった。
「アラ木って、ナまっテるヨね。」と仙台弁丸出しの友人に言われたときは
さすがにショックだった。

◇今でも、出身を言うと、「へぇ〜、しゃべってても全然わからない。」など
と言われる。こういう人は、田舎出の人はみんな「〜だっぺ」としゃべるも
のだと思い込んでいるに違いない。もっとも、そう思われても仕方がないく
らいの超ド田舎の出身ではあるが。

◇それからもう一つ。「どんな言葉を使うの?方言ってある?ちょっとしゃ
べってみて。」という反応。これなんぞ僕に言わせると失礼極まりない。人
から「なまっている」と言われ、隠したい一心でせっかく直した方言調を、
再び白日の下にさらせというのか!カツラの人に向かって「どんな頭してる
の?地毛ってある?ちょっとヅラ取ってみて。」と言うのに等しい。相手に
悪意がないのは十分承知、単なる田舎者のコンプレックスであることも分か
っている。こんな風に思うのは僕が自意識過剰だからだろうか。

◇大人でさえ、こういう反応なのだから、子供はなおさらだ。生徒は教師の
失敗や欠点が大好きだ。T先生はしばらく餌食になるだろう。「ねぇ、先生、
『カレンダー』って言ってみて!」と。

◇模擬試験の諸注意を配布した。
「みんな、八時『四ジュウ五』分に集合だよ。」
言ってすぐ気付いた。「しまった!」と思った。
明らかに「四十五」が訛った。(「じゅう」にアクセントを置いてしまった。)
「先生、今、変じゃなかった?なまってたよ。」
盛り上がる生徒達。
笑わせるのは好きだが、笑われるのは大嫌いだ。
「ば〜か、先生は日本人じゃないから、時々訛るんだよ。」
平静を装いながら、しゃべる僕。
「じゃぁ、なに人?」
「ジャマイカ人。」
「うそだー、いなかじんだよ。」
『田舎人』という、ありそうで、耳慣れぬ言葉が僕の胸にグサリと突き刺さ
り、ぐりぐりとねじ込まれた。

*登場する生徒名は全て仮名です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     ◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
==================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓マネジメント・ブレイン・アソシエイツからのお知らせです。↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=PR================================
■塾経営のデジタル専門誌「塾経営・サクセスネットMBA」
「塾経営・サクセスネットMBA」は教育専門コンサルタント
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのノウハウを凝縮した塾経営に
特化した画期的専門誌です。毎月2回メールにて配信いたします。

第6号(11月15日発行)の特集は・・・・。
1.合格のためにこれだけはやっておきたい:中学入試追い込み策
2.巻末特集:塾経営の数値改善策vol.2〜イベント・授業料設定の考え方
以上の2本です。
 
無料サンプル配信いたします。お気軽にお問い合わせください。
================================PR=
■『塾―起業塾』:今までにない学習塾独立支援システムです。
〜独立して学習塾開業をお考えの方、成功確率を追求してみませんか!
独立して学習塾開業を志す方に『塾―起業塾』と銘打って全面支援します。
『塾―起業塾』はフランチャイズではありません。貴方自身が創業者です。
教育機関専門のコンサルタント:マネジメント・ブレイン・アソシエイツが
塾経営の成功ノウハウを全面指導致します。
=PR================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↑↑「塾経営・サクセスネットMBA」「塾―起業塾」の詳細はHPにて。↑↑      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp

=PR================================
■MBAのメルマガに広告を出しませんか。
詳細は上記アドレスにお問い合わせ下さい。
>> MBAのメルマガラインナップ
○【塾経営の戦略・戦術】:「会社経営+塾運営」の側面からえぐる。(毎週月曜)
○【ある日の教室】:日本初!塾エッセイ(毎週水曜)
○【教育記事から教育を考える】:最新教育記事と専門的解説(毎週金曜)
○【考えるヒント・今日の言霊】:名言と元気が出る解説!(月〜土)
================================PR=
■□解除の方法□■
解除は以下のサイトよりお願いします。
まぐまぐ   :http://www.mag2.com/(0000102025)
パブジーン  :http://www.pubzine.com/(ID 20353)
E-Magajine  :http://www.emaga.com/(コード aruhi)
Melma     :http://www.melma.com/(ID m00077243)
メルマガ天国:http://melten.com/(ID 12172)
Macky       :http://macky.nifty.com/(ID brain)
カプライト  :http://kapu.biglobe.ne.jp/(ID 6767)
メルモ      :http://merumo.ne.jp/reader/main_nf.html(ID 00119783)
Posbee      :http://www.posbee.com/user/(ID 00000799)
まぐびー    :http://magbee.ad-j.com/mlm/index.php(コード 00000173)
めろんぱん  :http://www.melonpan.net/index.html(ID 003727)
すきやねん  :http://www.sukiya-nen.com/
MBA自社配信:http://www.management-brain.co.jp/mailmagazine/mail-main.htm

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。