塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2003/02/05

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆   
  
【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.14
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『涙の後』

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◇その前にどんなことがあったのかは分からない。
僕が教室に入ったとき、ほとんどの生徒が目に涙を浮かべていた。
男子、女子を問わず。
それを見て、何も言えなくなってしまった。
言いたいことはいっぱいあったのに。

◇ 僕はこの1年間、2つの校舎で、中学入試に臨む小学6年生、
40名の国語の授業を担当した。
1月31日、2月1日より本格的に始まる中学入試の前日のこの日、
この2つの校舎で「激励会」が行われ、
僕は2つの「激励会」をかけもちした。

◇同時刻開催だったため、A校舎で激励の言葉を生徒にかけた後、
すぐさまBスクールへ移動した。
着いたときは会も終了近くで、
慌てて生徒が待つ教室へ飛び込んだのだった。
そして、その教室が泣いていた。
僕は言葉に詰まり、1年間、授業につきあってくれたお礼を言った。
それで精一杯だった。激励なんて何一つできなかった。

◇「君達には2つの家がある。この塾も君達の家だ。
だから、今日、ここを出るときは大きな声で『行ってきます。』と
言おう。先生達は『行ってらっしゃい。』と君達を見送るから。」
室長がこう言って、会は終了した。
みんなには笑顔が戻っていた。
次々と「行ってきまーす。」の声がこだまする中、
ただ一人、号泣のまま教室を出てきた生徒がいた。
のどかだった。

◇のどかは6年生の春期講習に入塾した。
この時期から受験勉強を始めるのは決して早いとは言えない。
むしろ、遅いほうだろう。
たいていの生徒が5年生から受験勉強を始めていた。
だから、彼女は相当苦労した。
みんなが一通り覚えてきた漢字や語句知識を
一から覚えなくてはならなかった。

◇また、『あてはまらないものを選びなさい』の問題なのに
「『あてはまるもの』がたくさんある」と言って悩んだり、
『2つ選びなさい』なのに1つしか選ばなかったり、
その都度、「あっ。」とか「しまった。」とか声をあげるのも彼女の
特徴だった。まぁ、それが愛嬌でもあったのだが。
スタートの遅れは毎日の努力で補った。
志望校に合格する力は十分に持っていた。

◇廊下で立ち尽くし、号泣するのどかを受け付け事務の女性職員が
なだめていた。
塾での辛かったこと、楽しかったこと、
そんなものが一緒になって感極まって流れた涙だろう。
しゃくりあげながら、それでも「行ってきます。」と
言って帰っていったその姿がいじらしかった。

◇2月1日。
彼女はまたしても号泣だった。
一日で二度も落ちてしまったのだ。
第一志望校の午前入試、13時合格発表。不合格。
その結果を知り、臨んだ同じ学校の午後入試。
21時発表。またしても不合格。
一日で二度。あまりにも酷すぎる。
母親と塾へ来た彼女にかける言葉がなかった。
翌、2月2日にもう一度、同じ学校の試験がある。
普段は信じない神様に、ただただ祈るしかなかった。

◇そして。
今度は、のどかは泣かなかった。
校舎へやってきた彼女は笑顔だった。
昨日の不合格を乗り越えて彼女は頑張った。
それは並み大抵のことではなかっただろう。
本当によくやった。
「おめでとう。」と声をかけられて、彼女は最高の笑顔で微笑んだ。
ちょっと照れくさそうに。

◇ 涙の後には、晴れがある。


(文中の生徒名は仮名です。)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
=================================

★☆★ ネットで見つけたメチャ笑えるエッセイ ★☆★
毎週1回、ネットで見つけた笑えるエッセイを
作者の掲載許可をとり、メルマガにてお届けします。
気軽に読めて、誰でも楽しめるメルマガです
雑誌でも、お勧めメルマガにも選ばれ ついに8000部突破!!
http://melten.com/osusume/?m=2823&u=12172
▲単純に楽しめます。(管理人)

=================================

第6回ダイエット模試(難易度:★☆☆)
------------------------------------------------------
Q.腹筋をすればお腹の脂肪は減る?
 (1)ホント
 (2)ウソ ・・・※正解は次回のダイエット模試にて
出題:週刊やさしいダイエット
http://melten.com/osusume/?m=1206&u=12172
▲痩せたい人は読んでみて。(管理人)

=================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
=================================
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp
=================================

「教育記事から教育を考える」(毎週金曜)
    >>>一般論では終わらない教育マガジン<<<
教育記事を読んだだけではなかなか見えてこない実状を
深く解説し、教育の本質を解き明かします。
お父さん、お母さん、業界の方に。
http://www.management-brain.co.jp/cgi-bin/column/column.html

=================================

■□解除の方法□■
このメルマガが届く配信サイトより解除ください。
マネジメント・ブレイン・アソシエイツのホームページで
ご登録の方はメールにてお知らせください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。