塾・予備校

ある日の教室

書家詩人である作者が、書道教室での子ども達の様子や、日々の生き方のヒントをお届けします。

全て表示する >

ある日の教室

2003/01/15

========================================================

♪おすすめメルマガ♪「教育記事から教育を考える」(毎週金曜)
    >>>一般論では終わらない教育マガジン<<<
========================================================
教育産業専門コンサルタント
「マネジメント・ブレイン・アソシエイツ」が
教育とは何かを語ります。
教育記事を読んだだけではなかなか見えてこない実状を
深く解説し、教育の本質を解き明かします。
http://www.management-brain.co.jp/cgi-bin/column/column.html

=======================================================

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆   
  
【ある日の教室】〜塾講師から見た子供の世界 Vol.11
   作者:荒木崇
(合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『えっ!』

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◇だいすけ(仮名)が声高に叫ぶ。
「この人だよ。この人。
『えっ!』って言ったんだよ。『えっ!』って。
まだ覚えているよ。」
そうか、やはりまだ覚えていたか。
「この人」とは「私」のことである。

◇私には夢が二つある。
だいすけのおかげでその一つが去年かなった。

◇だいすけが突然現れたのは昨年の3月、
国公立大学の後期試験の合格発表前だった。
彼と会うのは3年ぶりだった。
「久し振りに私の顔でも見よう」と思ったのだそうだ。
聞くと、彼は一浪中で、後期試験もダメな場合、
二浪する決意だった。
都内の有名私立大学の経済学部に合格しており、
周りは「そこへ行け」とすすめるらしいのだが、
本人はまったく行く気はない。
理由をたずねると、
「医大を目指しているから。」
それを聞いて嬉しかった。

◇彼が中学3年生のときだ。
彼の志望した私立高校は普通科と理数科があり、
(理数科のほうが合格は難しい。)
普通科では1月中に推薦入試がある。
面接と作文だけだが、これが普通の私立の推薦入試と違い、
不合格者も相当数出る。
もちろん、不合格になっても、
一般入試のほうで再チャレンジできる。
普通科に推薦で合格した者は、
その後の一般入試で理数科のほうの受験もできた。

◇だいすけは、まず、推薦で合格をもらい、
理数科へチャレンジする目論見だった。
そのため、3科目(英、国、数)のほかに
個人的に作文特訓を行った。
典型的理系少年だった彼は国語を最も苦手としたため、
つきっきりのまさしく「特訓」となった。
その特訓で、作文にはお約束の「将来の夢」を書かせた。
彼の夢は「医者」だった。
医者になるため、
大学進学実績が良いその高校へ進学したいのだった。
それを見てから、私もさらに燃えた。
なんとかして合格させてやらねば。

◇が、しかし。
なんと、彼は推薦で落ちてしまった。
一般入試の1発勝負になってしまった。
彼の夢は医者だ。
ということは普通科ではダメなのだ。
推薦入試で落ちたのに、
それより合格が難しい理数科への合格が必要なのだ。

◇合格発表当日、彼は塾へやってきた。
「受かったよ、理数科。」
喜ぶ素振りは見せず、ボソッと私につぶやいた。
そのとき、私が言ったのだ。
一言「えっ!」と。
本当にひどい教師だ。
生徒のことを信じてやれず、理数科合格に耳を疑ったのだ。

◇彼は忘れていなかった、私の一言を。
「だいすけ君二浪決定おめでとう会」は昨年の半ば行われた。
少人数ながらかなり盛り上がった。
だいすけは連絡のつく卒業生を集めてくれた。
結果は私を含めた5名だったが、
「馬鹿しかいない」とうそぶく東大生、
本人曰く、「もうすぐやめる」という上智大の帰国子女、
東京理科大在籍中の仮面浪人生
そして夢を追いかける二浪生、と
多様な顔ぶれだった。
なにより、「卒業生と酒を飲む」という私の夢がかなったのだ。
気付けばみんな20歳だった。
その酒の席でだいすけは何度となく
「この人が『えっ!』って言ったんだよ。」を連発していた。

◇1月1日、だいすけよりメールが届いた。
『あけましておめでとうこれだけじゃさむいんで一言。
今年一年を振り返って本当に二浪してよかったなって思ってます
色々経験できたし気付くこともあった。
すごい成長した一年だと思う。
寛大な心をもって試験に臨みたいと思います。
真剣勝負に絶対はないんで、で
てきた結果が自分の持ってるものでしょう!
落ちても受かっても悔いは無いと思います。
一言にしては長かったね。
ではまた一年よろしく。』

◇ 私は返信した。
だいすけへ。
『また俺に「えっ!」と言わせてくれ。』

◇いつでも夢を。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
読者のYさんより、前号「願い」に対して
こんな情報をいただきました。
みなさん、参考にしてみてください。

いつもメルマガ有り難うございます。
うちも受験数日前にインフルエンザにかかりそうになりました。
これはヤバイと思って小児科に連れていって尋ねたところ、
インフルエンザにかかったとわかった時点ですぐに注射すれば
ひどくならない薬があるそうです。
名前は忘れましたが。
それを注射されたら良かったのではと思いました。
これからもメルマガ、楽しみにしています。

Yさん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◇◇◇Global Thinking and Local Acting◇◇◇
========================おすすめメルマガ♪

☆――――――  幼稚園ママのつぶやき
☆――――― 幼稚園はどんなところ?何をしているの?
☆――――  ほかの幼稚園の様子などを知りたくありませんか
☆―――   1歳と4歳の女の子のママが発行してます
☆――
http://melten.com/osusume/?m=2818&u=12172

=================================

食に関する健康や美、食文化に対する雑学や私個人の食経験等を
徒然なるままに綴ります!
少しでもあなたの生活にお役に立てたら嬉しいです
週に1〜2回発行しています
http://melten.com/osusume/?m=11341&u=12172

=================================
最後まで読んでいただきありがとうございました。もしよろしければ
他の人にもこのマガジンを紹介してください。よろしくお願いします。
ご友人・知人の方への転送は自由になさってください。
転載ご希望の方はご連絡ください。
=================================
『夢見る力を!』合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

バックナンバーはホームページの「教育コラム」にあります。
    http://www.management-brain.co.jp/

お問い合せ・感想はこちら
    mailto:mailadm@management-brain.co.jp
=================================

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツのメルマガ配信中!!

「塾経営の戦略・戦術」
     〜これであなたの塾が変わる!:毎週月曜配信

「ある日の教室」
     〜子供達の意外な一面をどうぞ:毎週水曜配信

「教育記事から教育を考える」
     〜記事の奥にある本質をえぐる:毎週金曜配信

「考えるヒント・今日の言霊」
     〜古今の名言から生きるヒントを学ぶ:月曜〜土曜配信

 
全てのマガジンの新規登録はこちら
 http://www.management-brain.co.jp/cgi-bin/column/column.html

■□解除の方法□■
配信サイトより申し込まれた方はそれぞれのサイトより、
MBAよりお申し込みの方はメールにてご一報ください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。